読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 運転

買い換えた乗用車がようやく納車されました。フォードのSUV、エスケープです。
SUVにしては割と良い出来の車だと思います。必要な物は必要なだけ装備され、不必要な物は付いてません。運転席も後席も充分余裕が有り、ラゲッジも広いです。必要にして充分な動力性能と、大柄ですが見切りの良い車体。オーバーハングを削り取った無塗装の前後バンパーも悪路走行を考慮した質実剛健なもので、腰の有るシートは座り心地が良いです。キューブはシートが最悪でしたからね。不満点は、今の所アクセルのレスポンスが俊敏過ぎる点と、アクセルの動きが渋い点で、スムーズな発進が難しい事くらいでしょうか。そんな訳でとても地味でパッとしない車ですが、SUVとしては良い車だと思います。SUVとしては、ですが。
決して悪い訳ではありませんが、どうしても大柄な車体と重い車重、長いサスストロークで動作が緩慢になってしまうのです。SUVなのだからそういうものなのでしょう。新しい車(新車という意味ではなく)ですから、僕も運転していて楽しいのですが、軽トラとどちらが運転して楽しいかと問われれば、軽トラの方が楽しいです。
これ以上無いくらい軽くてコンパクトな車体。全く何も無い装備。走る事に必要な物以外は何も有りません。それ故に、軽トラは非常にダイレクトに反応します。とても非力なエンジンは、青信号での発進、右左折後の加速でトップエンドまで引っ張れます。例えキューブでも街中でトップエンドまで引っ張る事はそうそう出来ませんが、軽自動車なら発進の度にフル加速する事が出来ます。多分理解されないでしょうが、街中を行く車を見ても軽トラよりも運転が楽しそうな車はほとんど見かけません。良い車が、ではありません。楽しい車が、ということです。高価な車が必ずしも楽しいとは限らないのです。特に、狭く密集したこの日本の公道では。
新しい車は、皮肉にもいかに軽トラが楽しいかを改めて認識させてしまいました。