読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 心配

胸を張ってキッパリ断言出来るのだけれど、僕はギターは初心者です。一応昔エレキを触っていたお陰で、初心者が最初につまずくと言われるFコード位は押さえる事が出来るのだけれど、スムーズでリズミカルな演奏とは程遠いです。なので、もし仮に何か演奏会の様なものに参加する事になったとしても、しょうがないじゃん。僕初心者なんだから。ヘタクソなんだから。いくら6万円のギターを持っていても、持ってるだけじゃ弾けないんだから。と、開き直る事が出来るのです。まぁ、現状で演奏会などハナから出ませんけど。
それと同じ事がバイクでも言えるはずです。しょうがないじゃん。トライアルバイクに乗れば誰でもスタンディングスティルやウイリーが出来るって訳じゃないんだから。だから、セーフティライダーコンテストに参加しても、何も臆することなく醜態を晒せば良いのです。
その為のトライアルだったはず。僕はバイクに乗り始めて18年近くになります。それなりには乗れる様になり、レースに出たり、大型バイクに乗ったりもして、だから人並みにプライドも高くなってしまいました。でも、本当はそんなに上手くは無いのです。ただ長い間乗っているというだけで。長い間バイクに乗れば上手くなるかといえば、なりません。そりゃ道路を普通に走る位は問題なく出来るでしょう。でも、手足の様に自由自在に扱うにはただ漫然とバイクに乗るだけでは出来ません。絶えず向上心を持ち、限界(スピードという意味ではありません)を超える努力をし、それなりの練習をしなければなりません。普通にツーリングするだけなら、そこまでする必要はありません。教習所を卒業し、免許が取れた時点でバイクに乗る事は出来るのですから。そこから先は、自分が何でどうしたいのかという意識の問題で、それによって得られるものは自己満足でしかありません。でも、好きなバイクなら上手く乗りたい。ライダーなら誰しも多少はそう思うでしょう。僕は17年目にしてようやく今まで積み上げてきた経験やプライドを全て捨てる決意をしたのです。トライアルに、それらは通用しません。僕は今、初心者なのです。
失敗したって、恥ずかしい思いをしたって良いじゃないか。僕は素人で、初心者なんだから。沢山恥ずかしい思いをして、そしてそこからまた成長していけば良いんだよ。
ただ、恥ずかしさに慣れてしまって羞恥プレイが病みつきにならないかちょっと心配です。