読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 余興

ギター

先日書いた、会社の人の結婚式の案内状を頂きました。で、彼が「何かやって。スピーチか余興か受付係か。」と言うのです。あぁ、なるほど。暗に僕に弾き語りをやってくれって言っているのですね(違)
受付係を引き受けるのが一番簡単で楽なんだけど、せっかくなので「じゃあ余興で弾き語りやるよ。」と言っておきました。彼の晴れ舞台が僕の晴れ舞台。一応奥さんに断っておくことにします。「頼むからそんな恥さらしはやめて!」って言われたら困るので。
式まで1ヶ月ほどしかないので、今から何か結婚式にふさわしい新しい曲を練習している余裕が有りません。というか、それらしき曲ってアルペジオの弾き語りが多くてとてもモノに出来そうな気がしません。そんな訳で予定通り(?)村下孝蔵の「陽だまり」をやることにします。
今まで結構練習してきてたから大丈夫。と、思ったものの、僕は人前でギターを演奏した事がありません。まず、ギターってエレアコ等ではなく普通のアコースティックギターで良いのでしょうか。歌声はマイクを通すのでしょうか。式の余興ってリハーサルとか有るんだろうか。無さそうだよなぁ。控え室とか、練習とかスタンバイする場所が有るんだろうか。結婚式で何かやった経験が無いから全然分かんないや。
単なる演奏会なら失敗しても自分が恥をかくだけで済むけれど、結婚式の余興で失敗するのはマズいよなぁ。でも、ああいうのってみんな酔っ払ってるから笑って済まされそうな気もするけど。
一番の問題は、僕の歌だよなぁ。