読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 誤解

ギター

先日やりかけたものの、ダメだコリャと放り出した山崎まさよしの「僕はここにいる」ですが、もう一度よく楽譜を見るとどうも曲と楽譜が違っています。楽譜通りに弾こうとしても、曲と違います。で、youtubeで検索して調べてみたら、僕が持っている楽譜はライブバージョンみたいです。アルバムバージョンとはイントロの部分が違っています。
これがアルバムバージョン↓

で、これがライブバージョン↓

イントロがちがいますね。ライブverではジャラーンと弾くのは最初の1回だけです。アルバムverではその都度ジャラーンと弾いています。まぁギターに興味が無い人にはどっちだって一向に構わないと思いますが、いざギターで弾こうと思った時に実際の演奏を聴けるかどうかってのは重要で、楽譜を正確に読めなくても聴けばある程度イメージ出来ますからね。なのでyoutubeはかなり助かります。そうすると、「明日の風」ももしかしたらライブバージョンの楽譜でアルバムの曲とは違うのかもしれません。同じ曲なのにややこしいですね。
それで、参考の音源を聴いて改めて練習してみると、どうも何とかなりそうな感触です。スローな曲調とは裏腹にギターは結構速いテンポなので相当練習しないとスムーズに弾けそうもないですが、まったく歯が立たないという感じでもありません。これでやっと次のアルペジオの練習曲が出来ました。しばらくは「僕はここにいる」で行こうと思います。
とは言うものの、この「僕はここにいる」は、どう聴いても不倫の歌ですよね。報われないとか、手の届かない所に居るとか、今度はいつ会えるとか。そういう曲を一生懸命練習していると、あらら、こときちさんとこは奥さんと上手くいっていないのかしら?なんて余計な詮索をされそうな気もしますが、ただ僕はこの曲が好きで練習したいだけで、ちょっとちゃんとしっかり聴きなさいよ。このアルペジオの演奏って凄く良いでしょ? 大体、フォークソングとかバラードとかって切ない曲調で失恋を嘆いたり、報われない恋を嘆いたりするのが定番で、幸せ一杯夢一杯希望も一杯ハッピー!ハッピー!ってな曲は似合わない訳で、今まで僕が練習してきた「one more time one more chance」だって失恋しちゃったけど未練タラタラの曲だし、奇跡がもしも起こるならとか、命が繰り返すなら何度も君の元へとか、コレ山崎まさよしが歌うから良いんであって、僕が歌ったら完全にストーカー扱いですよ。まぁ、村下孝蔵の「午前零時」にしてもフラれて落ち込んでる歌だし、「かざぐるま」だって聴き様によっては不倫っぽいし、いちいち気にしたら何一つ練習できないんですけどね。
そんな訳で、誤解を与えないように窓を閉め切ってちょっと大人しめに練習していますが、余計に怪しいですね。

追記
「one more time one more chance」が失恋ソングだとは限りませんね。主題歌となった映画「月とキャベツ」からも別の要因が考えられます。まぁいずれにせよ僕が歌えばストーカーソングな事に変りは有りませんが(-_-;)