読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

  登山靴 ASOLO シエルパGV










先日積雪時でも使える登山靴を試し履きしてきたんだけど、靴買った。試し履きした時の印象はこちら
買ったのは、ASOLOのシエルパGV




試し履きした時は足にフィットしてかなり好印象だったんだけど、なんせ4万円オーバーの靴だから正直なところ買う気はさらさら無かった。4万超えるのに保温材無しだから本当の意味での冬靴ではないし、どうせ4万超えるならスカルパを買うか、もしくはそこそこで妥協してモンベルアルパインクルーザー2000にしとくか。って思ってた。
なのに何故ASOLOのシエルパを買ったかと言うと、安かったから。決して安い靴じゃない。正規で買えば44000円。ネットで探しても同等の値段するんだけど、1つだけ激安なサイトが有った。trekkinnというサイト。4万円オーバーの靴が2万円で売ってる!??(゚Д゚)
良く見ると、海外のネットショップだった。本部はイタリア? 手馴れた人は利用しているみただけど、2万円の買い物するのはちょっと度胸が要る。だけど、asoloのシエルパが2万円だよ。サイトみると1ランク下のクンブよりも安い。何でこんなに安いんだろう?って思ったら、在庫処分なのかサイズがかなり限られてる。僕は試し履きでは42・1/2(27.5cm)が丁度良かったんだけど、在庫は42(27.0cm)しか無い。ただ、僕が試し履きした時は冬専用の極厚靴下を履いていたから、普通の厚手の靴下を履けば42でも丁度良いんじゃないかな。本当はもう少しゆっくり考えて買いたかったんだけど、この機会を逃すとこの靴をこの金額で買える事はまず無いだろうって事で、一大決心をしてポチる。サイトは日本語表記だし、特に困る事は無かった。下調べすると海外通販はpaypalが主流だと書いてあったから、支払いはpaypalにする。心配したものの5日程で普通に届いた。ちなみに改めてサイトを見ると既にサイズ42は無い。絶妙なタイミングで買えた。





届いた荷物。tradeinnのロゴが入った大柄な箱。




箱は大きいけど、中には緩衝材無しでasoloの箱が転がってた。asoloの箱の中にも緩衝材は無く、箱の中に靴が転がってた。海外の物流環境は結構いい加減。箱のラベルにはMADE IN ROMANIAと書かれている。あれ?イタリア製じゃないんだ。




まぁ、そんな事を差し置いてもこの金額でこの靴が手に入るなら上出来。表皮はヌバックレザーの一枚革。カラーはカキ×シルバー。「カキ」って柿じゃないよね? モンベルの取り扱いはこの色しか無いけど、trekkinnでは黒色も売ってた。くるぶし辺りの靴紐のフックが1ヶ所だけ狭くなっていて、そこでギュッと靴紐を留められる様になっている。足先部と脛の部分で別々に靴紐の締め加減を調整出来る仕組み。ここはスカルパやスポルティバなどはロック式のDリングになっていて、そういう点では古典的な印象だけどいちいちロックしなくても靴紐をギュッとするだけで固定されるからシンプルで機能的。




ソールはビブラム。でも見た感じ強力なグリップ性能の様には見えない。ビブラムだから滑らないという訳じゃなくて、ソールに頼らない歩き方は必要。セミワンタッチアイゼン対応、縦走対応という事でソールはかなり硬い。




ベロの部分。2重になってる。中にこれでもか!って位ゴアテックスってロゴが入ってる。防水性は信頼出来そう。




インナーソールを外すと、靴底部分にもゴアテックスが使われてる。ゴアテックスブーティと呼ばれる構造。さすがに冬対応というだけある。




ASOLOのロゴは刺繍。保温材無しだけどヒールの部分にコバが有る。セミワンタッチアイゼン対応。中国製のチャチなアイゼンでは完全に靴に負けてる。セミワンタッチアイゼンもそれほど高くないから、折角だからそのうち手に入れたい。






実際に履いてみると、丁度良いサイズだった。ただ、若干親指の爪先辺りが圧迫される感じがする。足先回りがスリムな形状なんだろうか。モンベルで試し履きした時はそんな印象は受けなかったんだけど。モンベルの店員さんに、モンベルが扱うasoloはモンベルが足型まで関与しているのか?それともasoloの製品を単に取り扱っているだけなのか?って聞いてみたんだけど、足型までは関与していない様な口ぶりだった。ただ、店員さん冬靴の知識が全く無かったから詳細は全くアテにならない。本当に自分の足に合わせたかったらネットで買わない方が良い。ただ、アルパインクルーザー2000と変わらない金額でこの靴が買えるなら、asolo欲しいよな。


ちなみにサイトの表記は2万円だったけど、諸経費諸々で2万円では買えない。それでも充分お買い得。
詳細は

靴  20594円
送料  3433円
関税  2980円
計  27007円(端数省略)



信頼性、安心感、アフター等の諸々を考えると正規取扱店で買った方が良いと思う。僕も5千円〜1万円程度の差額なら仕方が無いかなと思う。今回はかなり安く手に入れられた。冬だけじゃなく、重装備の縦走でも使えるからこういう靴1つ有ると重宝しそう。ただ、今までの靴に比べるとかなり重くて硬いから、体力を激しく消耗する積雪時にこの靴を履いてどれだけ歩けるのかは実際に歩いてみないと何とも言えない。日帰りの低山なら軽い靴でスピーディに行程をこなすのも1つの手かもしれない。






おまけ
配送はDHLだった。配達の前日に「明日配達に伺うので家に居て下さい」という電話があった。うちの奥さんが「何時頃ですか?と尋ねると「分からない」という返答。一日拘束されるのは困るって言うと「じゃあ午後に」。とてもアバウトで、奥さんにかなり嫌な顔された。先日も海外サイトからスマホを買ったけど、その時はクロネコヤマトだったから何の違和感も感じなかったけど、日本の配達業ってかなり良いサービスしてるんだなってつくづく思った。





追記
で、実際に履いてみてどうなのよ?