読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 ワシワシ詐欺









仕事中に、携帯に電話が掛かってきた。込み入った話をしている途中だったので、後でかけ直すつもりで電話に出なかった。ところが、大抵誰でも10コールしないうちに切れるんだけど、今日の相手はなかなか切らない。いつまでもブルブルと呼び出しし続ける。ようやく切れたと思ったら、また掛かってきて、長々とコールする。
込み入った話を終えて携帯を見ると、見覚えの無い固定電話からだった。繰り返し執拗に掛けてくるって事は、余程大事な用件なんだろう。何だろう?何か重大な問題でも起きたんだろうか?と、見知らぬ電話番号へ折り返すと、電話の向こうからはいかにも穏やかそうなおっとりとした女性の声が聞こえてきた。
どうやら、お婆ちゃんみたいだ。そんな年配の取引先なんか無い。あぁ、こりゃ間違い電話か。と思いつつも、「○○会社の××と申しますが、先ほどお電話頂いた様ですが。」などと尋ねてみたものの、「今日は寒いですねぇ」とか、「みんな出払ってしまって」とか、要領を得ない。「失礼ですが、どちら様ですか?」と尋ねると、「○○キミコと申します」と、フルネームで答える。痴呆じゃないのか。仕事の電話ではなさそうだから「どうやら間違いの様ですね。失礼しました。」と電話を切ろうとすると、「お話できて楽しかったです。寒いのでお身体に気をつけて。」なんて言うんだ。
時間にして3分も話していない。せいぜい1、2分の事務的な会話しかしていないのに、そんな事を言われたら何だかとても切りにくいじゃない。仕事が忙しかったから「それでは」って切ってしまったけど、話し相手が居ないのかな、無碍に切らずにもう少し世間話でもすれば良かったかな、なんて思いつつ、あぁこれがワシワシ詐欺か。危うく騙されるところだったよ。