読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 アイネクライネナハトムジーク / 伊坂幸太郎

レビュー










アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ
★★★★☆





レビュー
以前朝のTV番組で蔦谷書店のおばちゃんがお勧めしていた小説で、頭の隅に引っ掛かっていた。本当は著者の別の作品が読みたかったんだけど伊坂幸太郎は人気だから図書館ではなかなか空かない。この本もようやく空きが出来たので読んでみた。
登場人物が少しずつオーバーラップしていて、端役が次の中心人物になっていくという作りは特に珍しくも無いんだけど、冒頭部分を読み始めたら何故か何処かで読んだ気がする。これは斉藤和義のベリーベリーストロングだ。伊坂幸太郎が書いた小説を元に斉藤和義が楽曲を作るというコラボ作品だったらしい。なるほど、ベリーベリーストロングってそういう意味だったんだと納得。

それはともかく、内容は面白かった。登場する普通の人物が代わる代わるメインとなり、最後にちょっとしたサプライズが有る。みんな何処かで少しずつ関わっているんだよっていうのは面白いんだけど、結末がいまいち釈然としなかった。え?それがラストサプライズ!?ってな。短編で読みやすいし、人気の作家だし、人には勧めやすいけど、僕は単行本を買う程でもない。