読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 心のバロメーター

登山関係







山に行く時にはカシオのプロトレックを使ってたんだけど、しばらく使っているうちにどうもおかしい事に気付いた。温度がかなり違う。気のせいかと思ったけど、気のせいと思える程のレベルじゃない。これはきっと腕に着けているから体温を拾ってしまって外気温と誤差が出てしまうんだ、と思って身に着けない様にしてもやっぱり違う。参考に気温が知りたかったから、仕方なく別体の温度計を買った。のは良いんだけど、せっかくの高機能腕時計が役立たず。せめて高度だけでもって思ったけど、これも誤差が有るみたい。仕方なく別体の高度計を買った。




良く有る高度計。高価な物じゃないけど日本製だし、実用に耐えない程の誤差は出ないんじゃないかと思って買ってみた。んだけど、良く見ると標高の目盛は1目盛20m。かなりアバウトなんじゃないの。




携帯用のポーチが付属。ベルト通しがついてるから、ベルトやザックに固定もしやすい。実際に使ってみると、標高が分かるポイントで補正しても20mほどの誤差が出る。プロトレックだと50mくらいの誤差。割と補正しながらでもこれだけ誤差が出ると、標高から現在地を特定するにはちょっと役に立たないかもしれない。そもそも現在地を特定したい時に使うってのは不明瞭な場所だから使うって事で、そんな近辺に頻繁に正確な標高が分かるポイントが有るとは思えないんだけど。というか、その前にGPS見てしまうよな。意味が無いよな。気圧は恐らく程ほどに正確だと思うから、山に登って「ほらほら猛烈に強い台風並みだよ!」って遊ぶには良いかもしれないけど、ソロだと涙で目盛が滲んで読み取れないよ。






高度計の取説。気圧の変化は、ずばり身体に影響するそうですよ。僕は昔からどういう訳か雨だと気分が沈んで、晴れだと気分も晴れやすいんだけど、これってもしかして気圧のせいなのかしら。ってこの取説を見て思ったんだけど、そうすると平地とは比べ物にならない程気圧が下がる高い山に登ったら猛烈に気分が沈みそうなものだけど逆にテンション上がっちゃってんだけど。




何だか役に立たないものばかりだな。プロトレックも自宅ではちゃんと正常な温度測る所が憎い。山は金属製の腕時計だと重いし気温が低いと冷たくて使えないから安い樹脂製の時計でも買おうかと思ったんだけど、とりあえずプロトレックで良いか。単なる腕時計として。まぁ見た目だけは何となく「やりそう」な感じはするけど(-""-;)











ハイマウント(HIGHMOUNT) スポルディング高度計(ソフトケース付) 11072

ハイマウント(HIGHMOUNT) スポルディング高度計(ソフトケース付) 11072

[カシオ]CASIO 腕時計 STANDARD スタンダード F-200W-1AJF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 STANDARD スタンダード F-200W-1AJF メンズ