読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 それは失恋したからとかではなく










髪を切った。
以前も一度カットしてるんだけど、ヒゲにむさいロン毛のオッサンが相手だとカットする人も気が引けるのか大幅に切られる事もなくてすぐにまた伸びて、肩に届きそうな位になってしまって、肩まで伸びたら結婚しようよルルルー。って既に結婚している僕は適当に切っても良いんだけど、何だかここ数日急にもう長髪もいいかなって気になった。
ヒゲとロン毛も随分と定着して会社でもプライベートでももう誰も何も言わない(言えない?)んだけど、いつから伸ばしてたんだっけ?って記録を辿るとどうも3年くらい前からみたいだ。4、5年経ってるかと思ったらまだ3年だったんだな。
おっさんの髪が長かろうが短かろうが無かろうがそんな事は傍から見ればどうでも良いだろうけど、何ていうか今までキッチリ生きてきたから少しくらい崩したてみたかったとか、髪が有るうちじゃなきゃ伸ばせないとか、「ロン毛ってだらしないよね」って言うけど何がどうだらしないのか実際に体験した訳でも無いのに物知り顔で言っても説得力が無いとか、細かな理由付けはいくらでも出来るんだけど、むさくるしい格好すれば自意識過剰に周囲の目を気にしなくても良くなって気楽に出来るかなっていう思いは有った。でも今はもうそんな事もどうでも良いかな。髪を伸ばしたのも短く切ったのも大した意味は無いのに、周囲から「あれ?どうしたの髪切ったの?」っていちいち言われるのは面倒臭い。髪を切った時に「髪切ったの?」って尋ねるのは女の子だけで良いんだってば。
会社員なのに、しかも管理職になったにも関わらず何も言わずにいてくれた周囲には感謝したい。「むさ苦しい」と言いながらも勝手にさせてくれた家族にも。
そんな訳で、宮史郎から田口トモロヲになりましたよ。どうせなら夏前に切ればクソ暑い中ウザい思いしなくて済んだのに。