読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

リライト / 法条遥   リビジョン / 法条遥か

 

リライト (ハヤカワ文庫JA)

リライト (ハヤカワ文庫JA)

 

 過去は変わらないはずだった――
1992年夏、未来から来たという保彦と出会った中学2年の美雪は、
旧校舎崩壊事故から彼を救うため10年後へ跳んだ。
2002年夏、作家となった美雪はその経験を元に小説を上梓する。
彼と過ごした夏、時を超える薬、突然の別れ……
しかしタイムリープ当日になっても10年前の自分は現れない。
不審に思い調べるなかで、美雪は記憶と現実の違いに気づき……
SF史上最悪のパラドックスを描く第1作

★★☆☆☆

 

 

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

 

 時間にだって、抗ってみせる――
1992年秋、家の女性に代々受け継がれる手鏡を使って、未来を視ることができる千秋霞。
彼女はある日、生まれたばかりのひとり息子ヤスヒコが一週間後に亡くなるビジョンを視てしまう。
霞は手鏡の能力を利用して、息子が死ぬという「未来」の改竄に挑むが……
我が子のために手段を選ばない母親の狂気と、絶対的な時間のルールが交錯する。
『リライト』から数カ月後の未来を揺るがす第2作。

★★☆☆☆

 

 

タイムリープにまつわるSFミステリー。4部作のうちの2作。

書店で見かけて面白そうな内容なので、図書館で借りて呼んだ(おい)

内容的には、冒頭の通りタイムリープにまつわるSFミステリーに他ならない。

淡い恋愛話も絡むけど、恋愛小説というほどの密度でもない。

「過去が変わってしまった」

「なぜ?」

という不可解さを解き明かしていくのは面白いと思うものの、感情移入できるほどでもなかった。

いじめを取り上げておいて、それは無いだろうっていうのが僕の感想。

長くないし読みやすいので気軽さはあるものの、どちらも読みたいというよりは借りてしまった以上早く消化しなければ、という様な印象。4作までモチベーションが続かない。