読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

山のおすすめ車

ダイハツ キャスト アクティバ:オフロードインプレッション

先日ダートを激走する動画を見ようと思ったら、どういう訳かダイハツの軽自動車の動画がリストアップされて、それが「外観からは想像出来ないほどの実力を発揮」って紹介されているから一体どんな想像だよwって見てみたら、想像出来ないほどの実力だった。

最近近所でこの車を見掛けて、何とも言えない微妙な車だなぁって思ってたんだけど、なにこれ凄い。スリップした車輪を自動的にブレーキングしてグリップしている車輪を駆動するって事を自動で制御するんだって。急な下り坂はドライバーがブレーキ踏まなくても徐行で下っていくんだって。こういうの、普通に足に使っている分には全く要らない機能なんだけど、荒れた林道とか雪の林道とか走ると抜群に発揮すると思う。このサイズ、適度な室内空間、低燃費で抜群の走破性。これって山に行くには素晴らしい車だなぁって思ってたら、実はこの優れもの装備、スズキ・ハスラーで既に装備されている機能だったのね。

ダイハツ・キャスト(アクティバ)はCVT(オートマチック)しか設定が無いけど、ハスラーにはMT(マニュアル・トランスミッション)の設定が有る。じゃあハスラーの方が良いよね。って思ったら、MTにはその優れもの機能が付かない。車輪の駆動やエンジン出力を自動で制御するには、オートマチックの方が都合が良いのかも。でもそうするとドライバーってただアクセル踏むだけの人みたいになっちゃって、運転を楽しむ車ではなくなっちゃいそう。MTにはデフロックの設定が有れば良いんだけど、そんな物を望むヤツはジムニーに乗れって事なんだろう。

今時MTにこだわる意味も無いし、山で疲れたり怪我したりした体でMTの運転ってのも酷だし、CVTでアクセル踏むだけって方が良いのかもしれない。でも、あえてムダな事をするのも楽しいんじゃないかと思うんだよね。そもそもわざわざ好き好んでゼェハァ言いながら不便極まりない山奥に踏み込んでいく事自体がムダな事なんだし。

なんだかんだ言ったって買わないけどね(ほんとは買えない)。