読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 僕は病気かもしれない










先日読んだ小説で若かりし頃の自分の言動を想い出してしまって、僕はなんて稚拙だったんだろうって頭を抱え込んでしまったんだけど、いや待てよ。今、僕は誰に対して恥ずかしがっているんだろう。今更あれこれ後悔する様な事なんだろうか?って思った時、それは相手に対する誠意とか優しさとかじゃなくて、結局僕は周囲に良く見られたいだけなんじゃないかって思った。中途半端なプライドと自意識過剰さで。
そんな風に思ったのは、先日の出来事のせいかもしれない。今年の元旦は、僕が住んでいる班が地域の神社当番に当たった。元旦0時から朝まで神社の境内にくべられた火の当番と、参拝者にお神酒を振舞うという役割。その担当時間をみんな集まってクジで決めたんだけど、僕は比較的優位な順番で決める事が出来た。それで僕が選んだのはAM2時。するとご近所さんが声を揃えて「ええぇ!?そんな一番辛い時間で良いの!?」って言うんだ。他の人達はみんなが居るもっと早い時間帯が良かったらしい。でも、僕は誰も来ない時間帯が良かった。誰も来なければ誰にも気を遣う必要が無いから、ただボーっと火をくべていれば良くて気楽だよなって。みんなの反応を見て、僕は少し変なのかもしれないと思った。
山の中で独りで居ても別に不安にはならない。でも他の人はそうでもないらしい。会社の友人は誰かと一緒じゃないと不安みたいで、ペースや考えの合わない人と一緒に山登りしたりしているみたいだけど、そっちの方が余程嫌だなと思う。とにかく、人に関わるのが嫌なんだ。なるべく関わり合いたくないし、サークル、クラブ、イベント、そういう類のものも苦手で自ら進んで入って行こうとは思わない。それはリアルだけじゃなく、SNSやネットでさえも。極稀に打ち解けられる人も居るし、そういう人は長時間共に過ごしても気疲れする事も無いんだけど、そういう人は本当に稀でアテに出来るようなものじゃない。もちろん僕も一社会人だし、父親だし、世帯主だし、必要であれば人の中に入って行くし世間話の1つや2つはするけど、自分から好き好んで人の輪には入らないし、入ってももの凄く疲れてしまうんだ。
良い大人がこの人見知り加減はどうだ。若かったから、ではなくて、今でも僕は至らないじゃないか。一体何がいけないんだろう。どうすれば良いんだろう?って思っていたら、「社会不安障害」っていう精神的な病気が有る事をつい最近知った。簡易テストをすると38点で「軽度の症状」という結果だった。
長年ブログで吐き出し続けているのは、リアルで親密な友人が少なくて吐き出す事が出来ないからなのかもしれない。リアルで散々吐き出していたら、わざわざネット上で長文書いたりする必要ないんじゃないか。これは薬で改善されるものなんだろうか。もっとハッピーな気分になるんだろうか。いや別に今がハッピーじゃない訳ではないんだけど、人と関わり合うのが億劫で仕方が無い。