シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 ワークマン ウィンド ストップ ストレッチ ブルゾン







結局、ワークマンの「ウィンドストップ ストレッチ ブルゾン」を買った。先日思わず買っちゃったユニクロの防風ストレッチパーカーが僕の用途にはどうにも合わなくて、結局普段使いにしか使えなかった。というのも、僕は既にユニクロのブロックテック・ボンディグパーカっていう撥水・防風パーカを持っていて、それと丸被りしちゃう。しかも防風ストレッチパーカは表地が綿で、雪や雨の中では勝手が悪い。もっとウィンドブレーカー的な、中厚くらいの生地でフードが無い物だと、今の時期の山では重宝しそうなんだけど。っていう訳で気になっていたワークマンのストレッチブルゾン。




写真で見ると何とも冴えない安っぽいブルゾンに見えるけど、実際は割としっかりしてる。表、裏地ともにポリエステル100%でストレッチ素材。ごわごわしないから着心地は良くて動きやすく、斜めファスナーで重ね着しやすい仕組み。2900円というワークマンにしては微妙な値段だけど、コストパフォーマンスはかなり高そう。実際店頭にはネイビーのLLサイズしか残っていなかった。こんなブルゾンは山でしか使わないからもっと山に映えるカラーが良かったんだけど、まぁ仕方ないかな。
行動時は長袖シャツ、冷える時は+このブルゾン、もっと冷える時or休憩時は+マイクロフリース、もっと冷える又は強風時は+ブロックテックボンディングパーカ、長時間休憩orビバーグに+ダウン、という様なレイヤリングでその都度最適化出来そう。真冬でも強風でなければ行動時はほぼシャツ1枚か、せいぜいウィンドブレーカ程度。パーカを着ると暑過ぎたりするから、ワークマンのストレッチブルゾンは活用範囲が広くて重宝しそう。






裏地は無い1枚生地。ポケットの部分だけメッシュが追加されている。両脇のポケットの内張りはメッシュになっているから、ファスナーを開けると若干のベンチレーションにもなるかも。今度山に持って行って実際の使用感を検証してみる。





ユニクロの防風ストレッチパーカは4千円も出して失敗だった。唯一の救いは普段使いも出来るように無難な色にした事だけ。ただ、ユニクロのブロックテック・ボンディング・パーカは秀逸で、アウターとして重宝してる。