読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

伊吹山 さざれ石公園から 南東尾根

 

 

 

※コースタイムや状況、使用道具類の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠けるものです。状況や感想も主観的です。参考にされる場合は充分に注意して下さい。

 

2017年2月25日(土)雪のち曇り時々晴れ
伊吹山にさざれ石公園から登る

 

 

06:30 林道脇 無風 -1℃

07:00 尾根取付 無風

08:35 ドライブウェイ出合 微風 -2℃

08:55 尾根取付 -2℃

10:50 伊吹山山頂 微風 1℃

11:05 下山開始

11:50 ドライブウェイ出合 微風 -1℃

13:00 さざれ石公園 微風 3℃

13:10 林道脇 無風 2℃

 

 

 

 

駐車場発〜駐車場着 8.9km 7時間40分(休憩含む)
駐車場標高:405m 最高点:1343m 標高差:938m 累積標高登り:1068m
道中の飲料水 0.6L(お茶0.4L コーヒー0.2L)
着衣(上) 長袖シャツ ウインドブレーカー フリース(未着用) ダウン(未着用) ソフトシェル(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン(中厚)
靴 ASOLO シェルパGV アイゼン スノーシュー 
他 グローブ ストック ヘルメット ピッケル(×2)

 

 

2週続けて山に行けた。前回笹又から伊吹山に登った時に、西に見える尾根が歩けそうだなと思ってたら、翌日その尾根を歩いている人が記事を上げていた。やっぱり歩けるんだ。今回はその伊吹山の南東に伸びる尾根を中心にして、寄り道しつつ歩いてみようと考えた。

参考

www.yamareco.com

 

 

 

アクセス

国道417号線から県道32号、春日方面(西)へ。途中左折して県道257号、さざれ石公園方面へ。無雪期はさざれ石公園まで進み、駐車場から林道に入り、林道終点の駐車場まで。駐車場は5、6台停められる。積雪期はさざれ石公園までも行けない。公園手前の貯水タンクまでは除雪してあるので、その付近の空地に停める。県道257号線は関ヶ原まで抜けているけど、現在雪の為通行止めで関ヶ原から抜ける事は出来ない。雪融け時期でも工事の為通行出来ない。

 

ルート

f:id:single779:20170225164610j:plain

今回のルート。山旅ロガーでログを取り、カシミールで表示させています。

 積雪期にさざれ石公園から伊吹山山頂を目指す場合は、さざれ石公園の南の尾根を登るのが一般的のよう(下/南側の赤線ルート)。渡渉が有るけど、渡れるポイントが有る。登りではその1つ北の尾根を試してみた。

地図詳細とGPSのデータファイルはこちらを参照下さい。

カシミールから地形図を印刷する手順はこちら

 

f:id:single779:20170225164536j:plain

予報は晴れだったけど、朝は雪がちらついている。他にも一台車が停まってる。

 

f:id:single779:20170225164537j:plain

さざれ石公園の駐車場。伊吹山の南東尾根を登るなら、ここから渡渉して登れる。

 

f:id:single779:20170225164538j:plain

さざれ石まで歩いてきた。いつもの笹又で登る時は右斜面に登るけど、今回は直進していく。先週記事を上げてくれた人のトレースだろうか。足跡が続いているので参考にして進む。

 

f:id:single779:20170225164539j:plain

堰堤を越えると沢の合流地点。一般的な尾根は左だけど、右の尾根で登ってみることに。

 

f:id:single779:20170225164540j:plain

登り始めてすぐに激しく後悔した。むちゃくちゃ登りにくい。取り付き部分の傾斜がキツくて登れない。なるほど、この尾根使わない訳だよ。

 

f:id:single779:20170225164541j:plain

ある程度登ると歩きやすくなる。と、思うのはきっと序盤が余りにもキツかったから。結構な斜面を登っていく。でも適度な雪質で歩きやすい。

 

f:id:single779:20170225164542j:plain

トレースが有るんだけど。こんな尾根歩いている人居るのか。山仕事or狩猟か、余程の好き者か、下る尾根を間違えた人か?

 

f:id:single779:20170225164543j:plain

 スタートから2時間、尾根取付から1時間半くらいでドライブウェイに出た。なんかもう地味に疲れちゃったな。天気回復するかと思ったら相変わらず雪だし。

 

f:id:single779:20170225164544j:plain

登れないか考えていた尾根は1つ北になる。見た感じ登れそうなんだけど、上の方がガスって見えない。

 

f:id:single779:20170225164545j:plain

とりあえず歩いているうちに視界が晴れるんじゃないかという期待で取り付き。まぁダメなら引き返せば良いし。谷は雪崩の跡がある。尾根に登る。

 

f:id:single779:20170225164546j:plain

尾根に出たけど甘かった。登れそうな感じじゃない。

 

f:id:single779:20170225164547j:plain

仕方が無いので一つ隣(南)の尾根に出る。地形図見る限りでは登れそうな感じ。

 

f:id:single779:20170225164548j:plain

林を抜けた。両側の谷は雪崩の跡が有る。尾根は外せない。雪は締まって歩きやすいものの、結構な斜度と遥か下まで障害物が無いので緊張する。

 

f:id:single779:20170225164549j:plain

山頂までもうすぐかな。青空も見えてきた。テンション上げたい所だけど、ちょっとそれ所じゃない。

 

f:id:single779:20170225164551j:plain

だってこんな斜度だから。終盤はキツいのは分かってたけど。

 

f:id:single779:20170225164550j:plain

向こうは先週歩いた東尾根。緊張感は先週の比じゃない。

 

f:id:single779:20170225164552j:plain

樹氷が綺麗というよりも、木が有れば落ちてもとりあえずは止まるだろうという安心感が・・・

 

f:id:single779:20170225164553j:plain

登り切った。あまりに急斜面で登ってきた斜面が見えない。終盤は急斜面+アイスバーン。硬くてピッケルスピッツェが刺さらないし、アイゼンの前爪しか刺さらない。2本のピッケルのピックを刺しながら登ってきた。ピッケルは2本要る。

 

f:id:single779:20170311204312j:plain

南東から見た伊吹山全景。赤線が今回登ったルート。ドライブウェイは手前の山影になって見えない。左隣の尾根が一般的なルート。黄色は先週の東尾根。

 

f:id:single779:20170225164554j:plain

隣に見えるのが一般的に登られる尾根。下りはもちろんあっち。

 

f:id:single779:20170225164555j:plain

伊吹山山頂の東の方に出る。フラットになって安堵感。安心して気が抜けて、鹿防止?の網にアイゼン引っ掛かけて思い切り転んだ(>_<)

 

f:id:single779:20170225164556j:plain

スタートから4時間半ほどで伊吹山山頂。体力とか時間とかより精神的に消耗した。コースタイムとかどうでも良い。天気が安定しないせいか登山者は少なめだった。

 

f:id:single779:20170225164557j:plain

伊吹山南東尾根を下る。丁度BCのソロの男性が登ってきたところだった。こんな斜面、スキー板履いたまま良く登れるなぁ。

 

f:id:single779:20170225164558j:plain

なにこれ素敵。良い尾根。ただ、湿った雪がアイゼンにくっついてヤバい。落っこちそう。

 

f:id:single779:20170225164559j:plain

良い眺め。やっぱりこの尾根だよね。麓は穏やかそうですね。

 

f:id:single779:20170225164600j:plain

比較的歩きやすい。

 

f:id:single779:20170225164601j:plain

だいぶ下ってきたと思ったのに、ドライブウェイまだ随分と下の方。

 

f:id:single779:20170225164602j:plain

ドライブウェイに出た。尾根の取り付き部分。ここは比較的登りやすそう。

 

f:id:single779:20170225164603j:plain

ドライブウェイからさざれ石公園に向かう尾根に下る。ここはマーキングも何もない。下れる尾根は限られているけど、トレースが有りがたい。

 

f:id:single779:20170225164604j:plain

ドライブウェイ~山頂の尾根に比べるとちょっと地味。割と歩きやすいけど消化行程。

 

f:id:single779:20170225164605j:plain

だいぶ下ってきたやろ?って思ったら、まだ笹又の登山口くらいの標高じゃない。向こうに笹又の段々畑が見える。

 

f:id:single779:20170225164606j:plain

終盤は杉林。日が差してきた。麓は雪解けですね。

 

f:id:single779:20170225164607j:plain

ピンクリボンで左手の沢に下る。下にさざれ石公園駐車場入口付近の小屋が見える。

 

f:id:single779:20170225164608j:plain

下ってきて渡渉。新しいマーキングが施されている。歩いている人はそこそこ居るみたいだ。

 

f:id:single779:20170225164609j:plain

あの尾根を下ってきた。車に戻ると、テン泊するというペアが準備していたので写真は遠慮しました。無事帰ってこれて良かった。

 

ルート

伊吹山 南東尾根

正式な名称は分からない。伊吹山の山頂の東よりから、南東方向に伸びる尾根。積雪期のバリエーションルートの様だけど、歩いている人はそこそこ居るみたい。比較的歩きやすい尾根道である事と、基本尾根沿いなので迷いにくい事、そこそこ眺望が良い事など、なかなか良いルートだと思う。ただ、歩いている人はそれ程多くなく、マーキングも最低限(オマケ程度)なので、トレースやマーキングが無いと歩けない人は避けた方が無難。伊吹山は特に天気が変わりやすいので、一日中視界が良好であるとは限らない。

 

 感想

登頂し無事に下山したものの、今回の山行は失敗だった。完全な自分のキャパオーバーだった。僕はクライマーではなく、所詮ハイカーなんだと痛感した。それでも自分の限界を垣間見れたのは良い経験になったと思う。登り斜面で林を抜けて以降は全く気の抜けない状況で、キックステップで1歩1歩確実に、ピッケルもピックとスピッツェを活用して1手1手確実に、焦らず着実に進まなければいけなかった。確実に行けるのか引き返すのか?自分の体力は?自分のスキルは?周囲のコンディションは?自分しか頼るものが無い中で、上手く見極められるようになりたい。今回何事も無く下山出来たのは運が良かったと思って、今後の為の自戒としたい。

冬のマイナールートを歩いている人は居るものの、ネット上ではあまり情報を見かけない。マイナールートはそれなりに難易度が高かったりするので、安易にアップしない方が良いのかもしれないけど、ソロで周りにもベテラン登山者が居ない身としては記事を上げてくれるのは有難い。