シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

ハードシェルパンツ モンベル アルパインパンツ

 

 

 

雪山に登るなら必須とも言えるシェルパンツですが、今頃になってようやく手に入れた。シェルパンツというのは雪山を登るのに必要な機能を備えた高機能なパンツ(ズボン)の事で、防水性能、透湿性能、ベンチレーションの機能が備わっていて、高強度な素材で作られている。雪山を歩くために必要な要素と言うのは幾つか有って、雪や雨に曝されても濡れない防水性能と、冷たい風を通さない防風性能、雪山を歩くのはかなりの運動量になるから発汗による蒸れを防ぐ透湿性能と、それでも追いつかない場合のベンチレーション、氷や岩、ピッケルやアイゼンに触れても容易に破れないだけの丈夫さなど。要は丈夫なカッパみたいな物なんだけど、もっと雪山に特化したパンツで、でもなんて事ないナイロンの地味なパンツなのに数万円するからなかなか手が出なかった。今まではスポーツショップで買った普通のトレッキングパンツと、必要に応じてカッパをプラスして歩いていたんだけど、重登山靴やアイゼンを履いた状態ではズボンは穿いたり脱いだりする事が出来なくて調整が出来ず上着に比べるとかなり厄介。最初はジャケットの方に目が行きがちだけど、途中での重ね着が困難な分、実際に歩くにはパンツの方が重要度が高い。ハイキングレベルならともかく、ある程度のレベル以上の雪山に登るならシェルパンツは必須だと思った。

 

 

 買ったのはモンベルアルパインパンツ。

webshop.montbell.jp

webショップの画像を見るとすっきりシャープな印象に見えるけど、実物はこの上なく野暮ったい。野暮ったいくせに定価は28800円(税別)もする。3万も出してこんな野暮ったいズボン買うかって思う物の、でも海外メーカーの製品はもっと高い。そんなモンベルのパンツがネットで半額で出ていた。30分ほど着ただけのほぼ新古品。半額なら我慢出来るか。

f:id:single779:20170326150432j:plain

何だこの野暮ったい寸胴なパンツは。L-Sサイズ(ウエストはLサイズで裾がやや短い)だから余計に野暮ったく見える。海外メーカー製はもっとスリムで格好いいんだけど。近くのアウトレットで以前MILLETのシェルパンツが売っていて格好良かったんだけどいかんせん高い。モンベルのアウトレット品でも2万円くらい。普通のLサイズが欲しかったけど、冬靴は高さが有るしゲイターを併用するからL-Sでも使えなくはないと思う。僕が穿くとウエストは目一杯詰めて丁度で、裾は今まで穿いていたトレッキングパンツと変わらない長さ。通常のLサイズだと裾は長めかもしれない。保温材は無いのでパンツ(下着)の上に直にシェルパンツを穿く訳にいかないけど、余り保温効果が高い物だと暑いし、下に穿く物も考え物。

 

f:id:single779:20170326150434j:plain

お尻側。お尻部分も生地は切り分けでもない一枚布で素っ気ない。無駄にごちゃごちゃやらない方が防水性や重量の面では有利なのかもしれないけど、元々ごわごわした素材だから着心地は悪そう。ただ丈夫なので、岩や氷、ピッケルやアイゼンで引っ掛けたり、滑落して氷雪の上を転げ落ちても簡単には破れなさそうなのは安心感が有る。防水だから雪の上に座っても濡れないのは良いかも。

 

f:id:single779:20170326150433j:plain

シェルパンツ特有のベンチレーション。裾から腰まで全てファスナーで開閉出来る。カッパとの大きな相違点で、とかく運動量が多い雪山ではこのベンチレーションの有無は大きい。裾に仕込まれたインナースパッツもマジックテープで開ける。裾側は冬用ゲイターを着けるから開く事は無いだろうけど、脱がなければいけない時は便利かも。

 

メーカーも3000mを越える冬山での使用を想定しているし、機能性優先のモンベルが3万円近い値段で売っているパンツだから性能的には充分過ぎる物だと思う。3万円なら買わないけど、半額なら欲しい。わざわざ記事にする程珍しくもないし紹介する程の特別な機能も無いんだけど、雪山歩くなら便利だよと。モンベルはデザインが野暮ったくて山登りしている人達からは何かと不評なんだけど、外観気にしないなら機能は良いと思う。ユニクロとかワークマンとかノーブランドとか着て歩いている身としては、モンベルはトッププランドと言って過言ではないし、僕は別に人目も気にならないというか、そもそも周りに人が居なかったりするし。

実際に使ってみて追記するかもしれないけど、そろそろシーズンも終わりですね。