シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

HONDA CT110 ハンターカブ サイクルコンピューター

 

 

 

調子良く走る様になったハンターカブ。通勤やちょっとした足代わりに都合が良いんだけど、1つだけ困った事がある。トリップメーターが無い。普通のカブには付いている燃料計も無い。うっかりしているとガス欠する。

以前もカブに自転車用のメーターを追加した事があるんだけど、その時は50ccのカブのメーターは60km/hまでしか表示が無いからそれ以上の速度が分からない、というのが主な目的だった。ハンターカブのメーターは100km/hまで表示が有るので速度表示は問題ないけど、トリップメーターが欲しい。給油したタイミングのオドメーターの数字を覚えておくのは難しい。単純にトリップメーターの機能が欲しいだけなので、高価で多機能なメーターは必要ない。自転車用のメーターでも充分使用に耐えられる事は実証済みなので、安価な自転車用のメーターを追加してみる。

 選んだのはキャットアイサイクルコンピュータ ベロ ワイヤレス+ CC-VT235W。

 

 アマゾンで3495円。基本的な機能しか無いけど、ワイヤレスでこの価格って安いなぁ。有線だともっと安いんだけど、バイクで使うにはセンサーケーブルが短過ぎるのでワイヤレスにした方が良い。キャットアイの製品は安価な価格帯の割には品質が良い。得体の知れないメーカーの製品ならもっと安い物が色々売っているけど、コスパで考えるとキャットアイかな。キャットアイでも3500円なんだから、それ以上ケチって失敗したくない。

アマゾンは今配送業者が問題になっているからちょっと心配だったけど、僕の商品は日本郵便の配達ですぐに問題なく届いた。

 

 

f:id:single779:20170722091531j:plain

取説に従いセンサとマグネットを取り付ける。位置的にフロントブレーキワイヤの根本付近に取付。高速回転するから、センサとマグネットが接触すると吹っ飛んでしまう。でも適正クリアランスは5mmなのであまり離す訳にもいかない。一応正確に計測しているけど、ダートで激しく振動する様な場面を考えるともう少ししっかり固定した方が良いかもしれない。

 

f:id:single779:20170722091526j:plain

メーター側が困った。ハンターカブのハンドルバーはストレート部分がほとんど無くてメーターを取り付けるスペースが無い。ウインカーステーにスペーサーを追加して固定してみた。メーターがハンドルバーに隠れてよく見えないんだけど、下部表示は見えるしトリップメーターが見たいだけなのであんまり問題じゃない。設定して試走してみると、割と近い速度を表示する。多少の誤差は有るだろうけど、これで給油のタイミングは計れる。

ハンターカブのタイヤサイズは自転車の設定では合わないので、実測数値から計算して設定する。直径が575mm、タイヤ周長が1806mmなので、180cmで設定した。使用するタイヤ銘柄や摩耗具合で多少変わると思う。

 

追記

上手く計測しない。センサとマグネットの位置とクリアランスの問題っぽい。センサの取付位置を変えたりしてみたけど、上手く計測しない。手直ししてみるけど、他のユーザーは有線タイプを使っているので、そちらの方が良いかもしれない。