シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

ETCをモバイルバッテリーで動かす

 

 

はじめに

バイク用にETC機器をセットアップする作業、バイクにETC機器を取り付ける作業は、「二輪車ETCセットアップ取扱店」でなければ出来ません。軽自動車用に登録された機器をバイクに使用する、自分で機器を取り付けるのは違法になります。

 

今僕が乗っているバイク(ホンダXR600R)は高速道路を走っても微塵も面白くないクソみたいなバイクだけど高速道路以外ではクソ面白いバイクなので高速道路なんか走るか。って思ってるんだけど、バイクの師匠Sさんらとツーリングに行く場合高速を使う頻度も割と高めでETCが欲しいのです。頻繁に使う訳じゃないから現金支払いでもカード支払いでも別に良いんだけど、現金だと割引が効かない。ヘタすると昼食代くらい差額が出てしまうので、何とかETCを使いたい。

という話を行きつけの車屋さんと話していたら、使っていないアンテナ一体型ETCをくれた。と同時に、バイクではバッテリーで使う人が居るみたいだ、バイク用ETCはどこでもセットアップは出来ない、取り付けもできない、という事を聞いた。調べると確かにバイク用ETCは専門店でなければ取り扱えない様になっている。恐らくバイクがECTゲートでトラブった場合、バーに衝突して転倒したり、後続車に追突されたりして重大な事故になりかねないからじゃないかと思う。

 いきなり計画が頓挫してしまったけど、ここは軽自動車でバッテリー駆動のETC機器を使う、という計画に変更しようと思う。ネットで調べてみるとETCをバッテリーで使っている人は居るものの、どれも乾電池を直列接続とか、9V乾電池を使うとか、ちょっとイマイチな手法ばかりだ。今は高性能なモバイルバッテリーが安価で売っているので、それを流用したい。モバイルバッテリーは出力がDC5Vなので、DC12V出力出来るバッテリーを探してみたものの良い製品が見つけられない。スターター用(バッテリー上がりした車を始動させる)なら売ってるんだけど、大型で高価になるのと、それで機器を動かせるのかどうかが分からない。そんな折、モバイルバッテリーのDV5VをDC12Vに変換する機器を紹介している記事を見つけた。 

tamatora.36nyan.com 

携帯電話 緊急電源 USBブースターモジュール 電源コンバータ 5V to 9V/12V

携帯電話 緊急電源 USBブースターモジュール 電源コンバータ 5V to 9V/12V

 

 上記サイトで紹介されていた変換器を購入。790円。でら安。でら便利。ちなみに同じ出品者が販売していたプラリベットもでら安だったから思わず購入してしまった。

変換器の1次側(バッテリー側)はUSB端子になっているのでそのままモバイルバッテリーに繋ぐ事が出来る。2次側(機器側)は汎用丸端子なのでそのままではETC機器に繋げない。2次側配線とETC電源配線を直接繋いでも良いんだけど、修理や他の機器でも使うかもしれないという事で脱着出来る端子で繋いでおく。

f:id:single779:20180805080011j:plain

 ETC機器と、5V-12V変換器。アンテナ一体型ETCはとてもコンパクトで、バッテリー駆動の利点を生かせそう。変換器は便利で安い。大容量モバイルバッテリーと組み合わせて色んな機器を使えそう。

 

 機器は出来たので電源を。安くて信頼性が高そうなモバイルバッテリーを探して購入。

 電源ボタンが有る事、16000mAhの大容量、レビューでの評価が高い、2千円を切る価格から選んだ。

f:id:single779:20180805080016j:plain

んだけど、思ったよりもデカくて重い。ETCを駆動させるのはゲート入口と出口だけ(高速道路移動中は不要)なので、ここまでの容量は要らなかった。コンパクトな機器のメリットを生かせない。ただETC以外でも使えるのと、USB端子を差込むだけで給電、抜くと停止して、給電中はETC機器がちゃんと動いているので使用上の問題は無かった。接続するのがスマホではないので、給電開始しなかったり、途中で給電が止まってしまったりしないか心配だったけどちゃんと動く。

 あとはセットアップ。現状は普通車登録されているみたい。普通車で使うならこのまま使い回せるので便利だけど、普通車には既に機器付いてるし。

 

バッテリー駆動すれば配線要らないし、同じ車両区分なら使い回し出来るし(登録上やっちゃダメだけど)、便利だと思うんだけど以外に情報出てこなかった。今はモバイルバッテリーも安価で高性能になっているので、ETCに限らず色んな用途に使えそう。