シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

YAMAHA SRX-6 フロントフォークOH

 

 

 

フロントフォークにオイルがにじんでる。大して乗ってないのに整備するの面倒くさい。金も掛かるし放置しようかと悩んでたんだけど、先日バイクの師匠SさんのYAMAHA MT-01に試乗させてもらってから改めてSRXって面白いバイクだなと思ったのでここは1つ奮起して整備する。

 

f:id:single779:20170625092224j:plain

オイルがにじんでいるのも問題なんだけどもう1つ気になっている事が有って、サスが柔らか過ぎてハードなブレーキングでほとんどフルボトムしてしまう。アンダーブラケットの下に筋が見える。ここまでフォークが沈んでる。もう少し硬く締まったサスにしたいんだけど、SRXのフロントサスペンションには調整機構が全く無い。なので硬いオイルを入れてみる。

SRXのフロントフォークは以前も整備している。その時の記事に手順と部品が記録してあるので、それを参考にする。フォークオイルだけ今回は#15に変更する。

参考 フォークシール交換

 

 

f:id:single779:20170625092210j:plain

 フロントフォークを整備する為にはフロントタイヤを外さなきゃいけない。フロントを持ち上げた不安定な状態で置いておく事になるので、ブレーキキャリパーやフロントアクスルの様な締め付けトルクが高いボルトは予め緩めておく。

 

f:id:single779:20170625092219j:plain

特に、フォークキャップ(フロントフォーク先端のフタ)は予め緩めておかないと、フォークを外してからでは滑って緩められない。この時ハンドルバーのクランプボルトを先に緩めて、フォークキャップのネジにストレスが掛からない様にしておく。

僕が作業する時は、フロントを持ち上げる前にロアブラケットのフォーククランプボルト以外は全部緩めるか外してしまう。ロアブラケットまで緩めるとフォークが抜けて車体が前のめりになって大変な事になるので注意。

 

f:id:single779:20170625092301j:plain

以前の整備の時に用意したジャッキアップ工具。SRXはエンジン下にエキパイが通っているから、エンジン部分で車体を持ち上げる事が出来ない。整備の時にエキパイを外すのも面倒くさい。という事でエキパイを避けてフレームを持ち上げる。

 

f:id:single779:20170625092312j:plain

ガレージの床面が若干傾斜していて不安定で危なっかしい。仕方が無いので倒れない様に上からも仮に吊っておく。ジャッキアップする際に車体が後ろに逃げない様にリヤタイヤにストッパーを入れておく。センタースタンドが有ればこんな苦労はしなくても済むんだけど、スーパースポーツシングルマシンにセンタースタンドは似合わない。レーシングスタンドが欲しい。車体を持ち上げて、ロアブラケットのクランプボルトを緩めるとフォークが抜ける。

 

f:id:single779:20170625092205j:plain

うげっ。フォークオイル真っ黒。新品のオイルは綺麗な赤色をしているんだけど。右側が特にひどい。大した距離乗ってないんだけど、フォークシールが傷むと汚れるみたい。

 

f:id:single779:20170625092159j:plain

フロントフォークを分解するにはフォークの中に組んであるシリンダを外す必要が有る。フロントフォークのボトムケースの底に6mmの六角レンチを使うキャップスクリュー(六角穴付ボルト)で固定されているんだけど、これが供回りしてしまって六角レンチでは分解する事が出来ない。普通はインパクトレンチを使って緩めるんだけど、以前整備した時に特殊工具を作っておいた。長い棒の先に23mmに切削したナットをつたけもの。これをフォークチューブに挿入してシリンダの穴にはめた状態にしておいて、ボトムケースのキャップスクリューを緩める。

 

f:id:single779:20170625092322j:plain

外したシリンダー。この六角形の穴に特殊工具を入れると供回りしないんだけど、23mmっていうのが厄介。24mmならホームセンターとかで手軽に入手出来るんだけど。

どうせシールを交換するんだから、フォークは完全にバラバラにしてしまう。バラした状態で洗浄して、組み立て。フォークオイルを規定量入れて油面高さを合わせる。後は逆手順で組み立てていく。既に数世代前の構造なので難しい構造ではないけど、組み立ての順番や部品の位置、向き等を間違えると厄介なので組図を確認しながら間違いの無い様に。下の画像は初期型SRX-4の物(サービスマニュアル)なので若干違う所も有るけれど、基本的な構造は同じ。

f:id:single779:20170625111137j:plain

サービスマニュアルのデータは下記の通り

YAMAHA SRX(前期型/キック始動モデル)

ヤマハ サスペンションオイル(記載は無いが標準は多分#10)

SRX-4 オイル量310cc オイルレベル152mm

SRX-6 オイル量278cc オイルレベル198mm

 

今回はサスペンションオイル#15を使用し、オイルレベルは185mmにしてみた。

 

今回使用した部品

オイルシール  49A-23145-00⇒4ES-23145-00 @783円×2

ダストシール  33M-23144-00⇒33M-23144-00 @1109円×2

ガスケット   509-23158-L0 @172円×2

オイル     ヤマハサスペンションオイル#15 1L 1690円

計 5818円

 

知り合いの車屋さんにまとめて注文してもらったので、定価より幾分か割引されている。純正部品は購入先により価格が変わるので(ショップのマージン)、参考にする場合は部品番号や価格は発注前に確認して下さい。

前回の整備からそれほど距離を走っていないから、必要最低限の部品しか交換していない。完全に整備するならスライドメタルやOリング等の消耗品は全て交換しておいた方が良い。

部品番号が変わってる。部品の価格も上がってる。ダストシールなんかやけに高い。むしろMT-01の部品の方が安い。今時こんな細いフォークは250ccクラスでも使わないから、他で共有する車両が無くて割高なのかもしれない。30年近く前の車両だから、純正部品が普通に買えるだけマシなんだけど。

 

 

f:id:single779:20170625092306j:plain

戻しました。スプリングは変わっていないので相変わらず柔らかいけど、ダンパーの効きは強くなった様な気がする。フロントだけ強くなってもリヤがボヨンボヨンでは走れたもんじゃないと思うんだけど、リヤはユーザーでどうにか出来る様な物ではないから困った。金出せば何とでもなるんだけど、足回りだけ固めても今度は車体に無理が出そう。後期型SRX(セル始動)の車体と足回りが羨ましい。

走りにどう影響するのか試乗して変化を見たい所だけど、用事が有るのでまた今度。

 

 

 

 

このブログの一番のファン

 

 

 

僕がネット上に雑記をアップし始めたのは20世紀末1999年の事で、当時はブログというカテゴリーなど無くて自分のHP上に適当に書いていた。PCを手に入れて手軽にネットにアクセス出来る様になって(と言っても当時はダイヤルアップ回線だったけれど)、そういう混沌とした状況が面白くてたまらなかったんだ。だけど当時は今ほど誰もかれもネットを使う状況ではなかったのと、マニアックなバイクのHPという事でほとんど読まれる事は無かった。

ブログが一般的になってきて、その都度いちいちHP上にアップするよりは予め用意されたブログに書く方が手軽なので、ブログに移行したのが2005年。それから不定期にずっと書き続けている。当初は一日のPVは一桁くらいで、多くて20PVくらい。個人のブログなんてこんなものかな。でもどうせ書くなら一日100PV位閲覧されると良いな。というのが僕のささやかな目標だったんだ。

先日ある人から「よくあんな細かな事を書くね。」と言われた。登山の記事を読んでくれて、そこに書かれた事細かな記事に対してのこと。僕も最初は「山登った。嬉しー!」ってな感じのやたらと写真ばかり多用する日記みたいな記事だった。それが有る程度慣れてくると、書くべき情報ってこういう事ではないよな、と思う様になった。どうせ書くなら日記ではなく、情報を。情報を蓄積してデータベースに。記事を読む立場になるとどういう情報が欲しくなるか何となく分かって来る。まず、何という山のどのルートを歩いたのか。登山口は何処なのか。登山口までのアクセスは?歩行距離と標高差はどれ位で、体力的・技術的にどの程度の難易度なのか。登山者は多いのか。間違えやすい所や気を付けなければいけないポイントは、など。山の景色や花の写真をアップする人は多いけど、それ以前に必要な情報までアップしてくれる人はそれ程多くない。それに加えて、気温と衣類、どれ位の飲料水を必要としたのかを記録してる。それは「僕が必要な情報」だからだ。山行記事のトップに「これは個人的なデータベースだ」と書いているのは何も謙遜している訳ではなくて、本当に自分なりのデータベースにしてる。大体1年前の状況なんて忘れてしまうんだよ。この時期にどの程度の装備が必要で、どの程度の飲料水が必要か、というのはいつもソロで歩く僕にとってはかなり重要な事なんだ。それをついでに公開しているに過ぎない。それは登山に限った事ではなくて、バイクや車の整備、道具や製品のレビューも同じ。僕が必要だと思った事柄を取り上げ、気付いた事や注意すべき点を書く。だから、同じ作業をする時に自分の記事を読み直すという事は時々やっている。その時に足りない情報が有れば次の記事の参考にし、余計な情報が多ければ次の記事では削る。必要な情報が分かりやすく表記されていると、うん。なかなか良い記事だ。と自画自賛する。

時々、「PVを増やす効果的な書き方」的な記事を見掛けたりするんだけど、個人的にはあんまり参考にならない。アフィリエイトとして活用するならよりアクセス数を上げる手法も必要になってくるだろうけど、僕のブログではそこまでの集客力は無い。良い記事を書きたい。良い文章を書きたい。とは思う。でも、結局自分が楽しめる文章でなければ続けられないんだ。

結局僕は、このブログで僕が欲しい情報を、僕が思った事を、僕が書きたい文章で書いている。だから、このブログを一番気に入っているのは僕自身なんだ。まぁ折角ここまで書き続けてきたのだから、これが少しでも誰かに役に立てば嬉しい。

 

 

 

 

キャリアと格安SIMについて思うこと

 

 

 

先日、MVNO(俗にいう格安SIM)に関して消費者からの苦情が相次いでいるという記事を読んで、以前に比べれば業者も増えてSIMフリースマホも入手しやすくなったけれども、いまだに格安SIMは一般的には敷居が高いのかなぁと思っていたんだけれども。そんな折、こんな記事を見掛けたんだけれども。

www.asahi.com

anond.hatelabo.jp

いや、何これ。もはや公然とした詐欺だよね。実質0円サービスやめろって言った所で、いまだにこんなサービスだよ。僕は2014年9月から格安SIMに替えて3年ほど経つけれど、もうキャリアには二度と戻りたくない。以前の料金は割引されて6000円位だった。それが格安SIMで1600円になった。差額は4400円/月。年間52800円。家族4人で年間20万円也。

とは言うもののMVNOは結局キャリアの通信網を間借りしているだけなので、結局キャリアがなければ(キャリアを使うユーザーからの利益がなければ)成り立たないサービスなんだけどね。僕の場合ドコモのネットワークを利用しているから、そういう意味ではドコモには感謝している。だけど、あまりにもユーザーをバカにし過ぎだよね。僕がMVNOに乗り換えたのは、子供の携帯を新規契約する際に何のメリットも享受出来なかったからだ。DOCOMOauSoftbankも。新規の顧客が増えるというのに、しかも家族も使っているのに、だ。それだけならまだしも、「他社からの乗り換え」に対しては莫大なオマケが付加される。他の一般的なサービスでは考えられない事が平然とまかり通っているのは異様だと思わないのか。ユーザーをバカにするにも程がある。これがサービスを維持していかなければいけない費用であれば仕方が無いと思う。でもそうじゃない。「理解していないユーザーからは搾り取れるだけ搾り取ろう」っていうキャリアの姿勢にはうんざりする。

 だけど、みんな有難がって使うんだ。最新の機種に替えるんだ。高いお金を払って。宅配のドライバーとか、保育園の保育士みたいに、もっとお金を払わなければいけないサービスだってあるのに。それは消費者が無知だからなのか。過剰なサービスを提供しようとする企業のせいなのか。正直者がバカを見るのは本当に憂鬱だよ。まぁ僕のお金じゃないから目くじらたてるほどでもないんだけど、何だかもやもやするよ。

 

 

 

コスパ最高で続けられる筋トレ

 

 

 

昨年末に腹筋ローラー買ったんだけどね。それ以来、ほぼ毎日地味にころころしてたんだけどね。

singlesmile.hatenadiary.jp

 

最初は立って転がすなんでとてもじゃないけど無理。そのままバタンと倒れてしまう。仕方が無いから膝をついて転がしてみたものの、それでも3回位が限界だった。でも、それで良かったんだ。

というのは、腹筋ローラーを買う前は寝る前に普通に腹筋してた。20回。でも普通に腹筋しても負荷が軽過ぎて、20回くらいでは全然物足りない。かといってそれ以上やろうとすると面倒くさくて続かない。だから「3回で限界」になる腹筋ローラーは超便利な道具だった。

それが続けるうちにだんだん身体が慣れてきて、5回出来る様になり、10回出来る様になり、15回出来る様になり、20回出来る様になった。しかも身体は床面すれすれまで寝かせて。で、そこまで行くとまたそれ以上やるのが面倒くさくなってくる。最近は暑くなってきたから風呂に入る前にころころしてたんだけど、何十回もやってると面倒だし家族にもヒンシュクを買うし。

そこで、そろそろ立って転がせるんじゃないか?と、膝をつかずに転がしてみたら、転がるじゃない。バタンといかずに戻ってこれるじゃない。凄いね。継続は筋トレ也。でも、今の所は完全に倒れてしまうと戻ってこれないので適当な角度までしか寝ていないのと、それでも5回が限界。腹筋が壊れそう。だけど、たった5回で、時間にして1分くらいで筋力の限界まで持って行けるんだからとてもお手軽だし、だから続けられる。

半年続けても5回かよ。って思うかもしれないけど、僕は筋肉モリモリの身体をつくる事が目的ではなくて、実用的な筋力を継続して維持していく事が主な目的で、それにしても面倒くさがりの僕が投げ出さずに続けられている事は素晴らしい。相変わらず腹筋は割れてないけど、実用的な筋力はついてるんじゃないかと思う。

これからの時期は薄着になるから締まった身体の方が良いのでぜひお試を。と言いたい所だけど、今始めても効果が出るのは厚着になった頃でしょうか。あと、腹筋ローラー自体はとてもお手軽なんだけど、転がすのにある程度のスペースが要るよ。思ってたより要るよ。僕は散らかった自室では出来ないので玄関でやってる"(-""-)"

 

 

 

 

 

 

 

子供の背中を押せますか

 

 

 

子供に関する事で、もう1つ。こんな記事を読んで思った事。

togetter.com

 

僕は自分の子供に対してわりとフラットに考え、接する事が出来る。と思っていた。リビングでごろごろしながらスマホいじったりしていても、「自宅のリビングが居心地良いと思えるのは良い事だ」と思うし、子供が読みたいというBLっぽいコミックを一緒に探しに行ったり、かなり特殊な高校に進学したいと言うのも応援したり、誕生日にコスプレ衣装が欲しいと言うから買ってあげたり。

自分が子供だった頃、親や大人に対してどう思っていたか覚えているだろうか。「何で分かってくれないんだろう」っていつも思ってなかっただろうか。「自分はこんな大人にはならない」って。子供なりの理不尽さを覚えていて、だから僕はなるべく子供の目線で考える様にしているし、子供が傷つく言葉は選ばない。子供の言いなりになる訳じゃない。甘やかすのとは少し違う。子供なりに考えた事を尊重したいだけだ。

 だけど、子供が「声優の学校に行きたい」と言った時に素直に賛成する気持ちになれなかった。声優って今は超人気な職業で、ちょっとやそっと練習や勉強した位では到底無理だろう、って。だけど奥さんは「別に良いじゃない。やるだけやってみれば。」と肯定的だった。そっか、そうなんだ。

例えばこれが「陶芸家になりたい」とか、「彫刻家になりたい」とかなら、良いんじゃない。それで食えるとは思えないけどバイトしながらでもやるだけやってみれば。と思える。じゃあ声優だって同じじゃないか。例えそれで食えなかったとしても、やるだけやってみれば良いだけの事じゃないか。

結局僕も自分の価値観や固定概念に縛られていて、とてもフラットな意見など持ち合わせていないんだ。多分、結局子供は声優の学校には進学しないだろう。それでも、そういう事を理解しながら、子供が決断した事に対して背中を押してあげられたら良いなと思う。

 

 

 

結婚すること 子供を育てること

 

 

 

男は29歳までに子供をつくるべき、という記事がホットエントリに入っていたので読んでみた。

note.mu

今は、結婚する事が必須でも幸せの条件でもなくなった。子供もまたしかり。先日はとある女性の「子供欲しくないと言っていたら(結婚を意識していた)彼に振られた」という記事を見掛け(元記事見失った)、また別の記事では子供を産む事に対して色々論じられていたもする。先日も「年収400万で結婚、年収1500万で独身、どちらが幸せか?」という様な事が論じられていて僕がちょっと覗いた時は独身1500万の方がかなり優勢だったけど、そんな事は人それぞれとしか言いようが無い。

 結婚するかしないかは自由だ。子供を産むか産まないかも自由だ。個人的な要因、周囲の状況など様々な問題も加わり、どちらが正しくてどちらが間違っていると結論付けられるものじゃない。だけどどちらの意見も一様に反対意見に対してとても厳しい。僕は結婚して子供を育てているけれど、僕自身はこれからの少子高齢化とか、自分の老後とか、そんな事は本当にどうでも良いと思ってる。子供は僕を満足させるための道具ではない。

と言いつつ、実は僕は結構満足しているんだ。子供がここまで元気に大きく育ってくれた事に対して。僕の遺伝子は確実に受け継がれた。やるべき事はやってきたし、幸せな家族像を子供の記憶に刻み込んできた。だから今ぽっくり死んでも、多分あんまり思い残す事は無いんじゃないかと思う。

僕は独りで登山に出掛ける。ほとんど独りだ。ソロは全ての責任は自分で負わなければいけない反面、自由で気楽だ。だけど、そう思えるのも帰る家が有り、家族が居るからなんだ。結婚や子供は束縛じゃない。自分の人生を面白くさせる為の条件だと思う。例えば広大な敷地で「自由にバイク乗っても良いよ」と言われてもとてもつまんない。ただ目的も目標もなく真っすぐ走ったって面白くもない。ゼロヨンやドラッグレースをするにしても競う相手が必要だし、ただ真っすぐではつまらないからわざわざパイロンを並べたりジャンプ台を作ったりガタガタ道を作ったりするだろう。結婚すると束縛される、自分の趣味を優先させられない、だから独りが良い。そういう選択も有る。対して、様々な障害を自分なりに工夫して極力ロスせずにクリヤしていく、というのもまた面白いかもしれない。でも、効率ばかりではつまらない。趣味でもそうだけど、ムダな事やバカげた事が有るから面白い場合もあるでしょ。バイクも登山も所詮ムダでバカだ。結婚するとか子供をつくるとか、そういう要因ではなくて、「この相手とならムダでバカげた人生を一緒に楽しんで行けるか?」っていう、だたそれだけの事なんだと思う。お金とか、子供とか、それ自体で幸せになるものじゃない。

結婚は1+1=2だと思っているとがっかりする。自分も相手も至らない所は有るんだから、本当は0.5+0.5=1.0のはずなんだ。しかも、相手の至らなさを自分がカバーし、自分の至らなさを相手がカバーするという事が「上手くいって」だ。上手く行かなければ二人でも0.5かもしれないし、上手くいけば二人で1.2くらいいくかもしれない。

そんな事を思えるのも、結婚し子供を育ててきた今だからなんだろう。さて、僕らは二人で1.0を超えただろうか。ちなみに僕なら家族で年収400万を選ぶだろう。というか、僕はそれで普通に生活してきたから迷う様な質問じゃない。こう言うと結婚・出産を推奨している様に取られるかもしれないけどそうではなくて、「幸せ」の定義はネットや周囲と比べるものではないよ。みんな「人それぞれ」なら、幸せの形もまた人それぞれのはずで、誰かに決めてもらうものではないんだから。

 

 

 

睡眠診療 その2

 

 

 

日中の異常な眠気は僕が怠惰な訳ではなく何か病気か身体の異常なのではないか?という事で先日睡眠診療の専門の医療機関で診察を受け、簡易的な機械で睡眠状態を計測した。その結果を聞いてきた。

 

f:id:single779:20170617141538j:plain

f:id:single779:20170617141543j:plain

二晩計測した結果。軽度~中度の睡眠時無呼吸症候群の傾向という結果。1時間当たり呼吸停止回数が15回以下なら軽度、15~30回が中度、それ以上が重度らしい。意外に止まっても良いものなのね(笑)

笑い事ではなくて、大体呼吸が1時間当たり15回前後止まっている。時間は最長で86秒~110秒。1分以上息を止めているらしい。ちなみに血中酸素飽和度のグラフは、正常な人だとほぼフラットになるらしい。僕のグラフは全体的に振幅している。僕はアレルギー性鼻炎の傾向が有って鼻の通りが悪く、余計に呼吸困難になりやすいのかもしれない。

 

今度は医療機関で泊まって精密な測定をする事になった。これで晴れて?睡眠時無呼吸症候群と診断されると、毎晩寝る時に呼吸を補助する機械をつけなければいけなくなると知人(経験者)から聞いた。その機械は保険を適用しても月々4、5千円掛かるらしい。知人は特に自覚症状が無かったら機械の使用をやめてしまった。睡眠時無呼吸症候群だからといって必ずしも日中に眠くなる訳ではなく個人差が有るとのこと。呼吸器を使えば僕の異常な眠気は劇的に改善されるんだろうか。パフォーマンスは向上するんだろうか。毎日すっきりくっきりクリヤで居られるんだろうか。今まで僕は酸欠でフルにパフォーマンスを発揮出来ていなかったんだろうか。それならこの四十数年もったいない事をした。でも呼吸器使っても変わらないなら所詮こんなものだったのかもしれない。

 診察の際に、睡眠に関する日々の状況を記録する「睡眠日誌」をつける。何時に寝て、何時に起きて、何時ごろ眠気を感じ、何時ごろうたた寝したとか。それを記録し始めてから、僕は午前午後問わず「30分以上動かないと寝てしまう」という傾向が有るのが分かった。会議とか、業務とか、作業内容ではなくて「30分動かない」と寝る。以前「座っているから寝てしまうんだろう」と思っていて、それなら立っていれば良いじゃないか。と思ったら、立っていても動かないと寝る。でも、例えば登山では寝ない。朝早起きしても寝ないし、眠くならない。身体に有る程度負荷が掛かっていれば寝ないのか。大体いつでもどこでも寝れる。ショッピングモールの様な雑踏に中でも容易く寝れるし、電車の1駅区間で寝れる。だけどとても楽しみなイベントの前日とかは寝付けなかったりする。ん?これってよくよく考えたらお子ちゃまなんじゃないのか?

 

ともあれ、来月精密検査をうけてくる。会議で寝てしまうのは僕が怠惰な訳ではなくて病気なのです。 と明言出来るのは良いものの、これから一生毎晩呼吸器をつけて寝なければいけないのかと思うとそれはそれで憂鬱で、何か別の要因で有って欲しい気もする。ちなみに、睡眠時間が6時間程度だとじわじわとパフォーマンスが低下するらしい。僕の睡眠時間は大体6時間~6時間半くらい。呼吸器に月5千円掛けるなら早く寝れば良い様な気もしなくもない。

news.yahoo.co.jp

 

 前回の診察は簡易検査に掛かる費用も含まれていて5700円。今回は問診のみだったので380円。泊りでの精密検査に掛かる費用が14000円。地味に金が掛かるけど調べない訳にもいかず。