読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

苦労は買ってでも

 

 

 

奥さんはとある施設の受付みたいな仕事をしているんだけど、耳を疑う様な人々の話をよく聞く。その度に、世の中には変わった人が居るんだなって思ってたんだけど、先日は「券売機でチケットを買わずにわざわざカウンターに買いに来る客」という話を聞いた。決まって年配の人らしい。よくサービスエリアやショッピングモールのフードコートとかに有る様な券売機だけど、そこは大人〇〇円/子供〇〇円の2種類しかない。もう「大人」ボタンの一択しか無い、迷い様が無いのに、「分からん」と言ってくるらしい。普通に考えれば券売機で購入した方が遥かに早くて簡単で間違いが無いのにも関わらず。

これは一体どういう事なんだろう?って考えてしまった。僕が思う「普通」とか「常識」とか、そういう範疇じゃない。思うに、「考える事を放棄してしまった人たち」なんだと思った。まず自分で考えたりアクションを起こしたりする前に、とりあえず誰かにやってもらえば良いや的な。そしてそういう人達は往々にして声と態度がデカい。迷惑だからやらざるを得ない状況にしてしまう。そしてまた「誰かにやってもらえば何とかなる」という経験を1つ重ねていってしまうんだろう。決してそういう人達ばかりじゃない。だけど、声と態度が大きい人は目立つ。世の中がそういう人だらけみたいな印象になってしまう。ほんと、声と態度がデカければ何でも通るという風潮はやめて欲しい。

 先日も格安SIM(MVNO)に対する消費者の苦情が多くなっている、というニュースを見かけたけど、全く持って納得。券売機でチケットも買えない人(それに類ずる人たち)が、スマホの設定など自分で出来る訳が無い。だから誰か(店員)に作業を押し付けたいんだけど、格安スマホは実店舗が無いケースが多いから、押し付けられない。という様な事なんだろう。料金が安いのには理由が有る、それは過剰なサービスを省いているからで、つまるところ自分で面倒を引き受けるという事なんだ、というのは少し考えれば分かると思うんだけど、それは知った事じゃないらしい。考える事を放棄すると、理論的な思考は出来ないから。

世の中はどんどん便利になっていく。サービスも過剰になっていく。楽で便利なのに、わざわざ面倒で苦労する様な事は進んでしたくない。だから相当意識して行動しなければ自堕落になっていく。そして、無知で無力な大人が量産されていく。自分で考える事、自分で決断する事を放棄しちゃいけない。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という諺があったけど、今は「歳を取ったら苦労は買ってでもしろ」と言い換えた方が良いんじゃないかと本気で思う。自戒も込めて。

 

 

 

ソロ

 

 

 

貰ったけど動かないホンダのハンターカブを先日から修理していたんだけど、ん?ちょっと待てよ?整備して車検を通したSRXを奥にしまい込んで、動かないハンターカブを出しやすい手前に置いておくのもおかしな話だな。狭くて散らかっている上に子供の自転車やら何やらまで押し込んであるガレージでは整備出来ないので、作業の為に出しやすい位置に置いておかなければいけないんだけど、修理も頓挫してしまったのでガレージを片付けながらハンターカブとSRXを入れ替えておく。

f:id:single779:20170416194538j:plain

久しぶりに引っ張り出したSRX。いかにもバイクらしい綺麗なバイク。車検取ったのにいつから動かしてないんだっけ。天気も良いし暖かいし、ガソリンを入れ替える為にも少し乗ってみる。バッテリーを繋いで、ガソリンコックをONにして、チョークを引き、キックする。4、5回蹴ったら歯切れのいい排気音が聞こえた。

気持ちよく走るなら山の方だよな。山の方でも、好天の週末、桜の時期、という事もあって交通量は多め。バイクも多い。晴れた週末の真昼間では仕方が無いんだけど、少し息苦しい。

やっぱりハンターカブ直して山に入るかな。

 

 

 

HONDA CT110 ハンターカブ エキサイターコイル

 

 

 

CDIやレギュレーターを交換してもスパークしない。原因を調べるとエキサイターコイル(点火用の発電コイル)の不良だった。コイルなんてそうそう壊れるもんじゃないだろ、って思ったら、結構修理している人が居るみたいだ。で、そのエキサイターコイルを確認する為にはジェネレータカバーを外さなければいけない。ジェネレータカバーというのはエンジン左側面のカバーで、それを外すという事はエンジンオイルが抜ける、カバーガスケットの交換が必要になる、など考えただけで憂鬱。しかもコイルの純正部品は既に欠品になっているらしく、購入する事が出来ない。バラしたは良いけど直せないなんて事にもなりかねない。

 

文句言っていても直る訳じゃないので気を取り直して分解する。

f:id:single779:20170414231121j:plain

エンジンオイルをドレンから抜いて分解にかかる。交換頻度が長いのか泥水の様なエンジンオイル。オイルを抜いたらジェネレーターカバーを外す。カバーはM6の+ネジで緩めるのが困難。六角か六角穴付ボルトなら作業は簡単なのに、+ネジだから全然緩まない。ナメそう。仕方ないのでインパクトドライバーでがっつんがっつん叩く。ケースの周りの固定ビスを全部緩めたのに、ケースが外れない。

 

f:id:single779:20170414231209j:plain

どうやら副変速機も分解しないとカバーが外れないみたいだ。副変速機のカバーを外し、ギヤを取り外す。ドライブシャフトに付いているスナップリングを外して奥のギヤを外す。副変速機をバラしてジェネレーターカバーを外さないとドライブスプロケットが外せない構造になってる。整備性悪いなー。

 

f:id:single779:20170414231210j:plain

分解した副変速機。ハンカーカブは副変速機付きエンジンの方が人気みたいだけど、整備性が悪化するから山奥に行かないなら要らないんじゃないかと。バラせば当然カバーガスケットも交換が必要になる。パーツリストが無いから困ったな。

 

f:id:single779:20170414231211j:plain

さて、いよいよカバーを・・と思ったらステップが邪魔でカバーが外せない。ステップを外そうとするとサイドスタンドのステーも一緒だから倒れてしまう。しかも右側ステップはブレーキペダルと干渉する。何だコレ。カブなのに整備性悪い。カウルやカバー類は最小限なので、各部品を外すのは簡単ではあるけど。

 

f:id:single779:20170414231212j:plain

やっとこ外せたジェネレーターカバー。カバーの内側にコイルがついてる。これまた+ネジで緩まない。インパクトでがっつんがっつん。

 

f:id:single779:20170414231213j:plain

取り外したコイル。左上に見える1つだけ黒いのがエキサイターコイル。コイルの端子部分で導通を調べると、断線してる。ケーブル側は導通が有る。やっぱりコイル不良だった。ケーブルの断線なら直せるけど、コイル不良では自分では直せない。カブ系のエンジンだから、他車種の流用とか中国製エンジンのパーツとかで直せないかなぁ。

そんな訳で、バラしたは良いけど頓挫してます。

 

今回の出費

0円

 

 

 

HONDA CT110ハンターカブ 電装12V化とトラブルシュート

 

 

 

エンジン掛からないハンターカブ。12V化キットが届いたので組んでみる。

f:id:single779:20170413222346j:plain

ハンターカブ用をヤフオクで購入。レギュレーター、ウインカーリレー、ホーン、バッテリーと、ハーネスのキットが7980円。+電球セットが2000円で1万円弱。必要なのはレギュレターとウインカーリレー、ホーンなので、自作すればもっと安価で出来るだろうけど、車種ごとにキット化されていると互換性や組み付けで悩む手間は省ける。もっと高いキットもあるし、もっと安いのも有るけど、信頼性と価格のバランスを考えると悪くない。車種専用にキット化されているから組み付けは簡単。この程度で済むならとっとと12V化した方が良い。

 

それはともかく、レギュレーター等を交換したにも関わらずスパークしない。人の意見を鵜呑みにするとハマるっていうのは仕事で散々経験してきたんだけど、やっぱり自分でトラブルシュートするべきだった。でもトラブルに関わらず12V化しといた方が便利だし、ついでだし。とりあえず原因を突き止めないと。

 

 

f:id:single779:20170413224138j:plain

ハンターカブの電気回路図。IGNITION CONTROL MODULEっていうのがCDI。レギュレータは交換したし、イグニッションキーも動作しているので、スパークしない要因として考えられるのは、ピックアップコイルの不良かエキサイタコイルの不良か。IGNITION PULSEというのがピックアップコイルだと思う。点火のタイミングを取っている部品。テスタで導通を調べると導通が有るのでこれはOK。次にALTERNATORの所の右側のコイルを調べる(赤丸の部分)。これはエキサイタコイルで、スパークさせるのに必要な電気を発電するコイル。黒/赤のケーブルとアース間で導通を調べると、あれ?導通がない。念の為にチャージコイル(ALTERNATORの真ん中)を調べると、これは導通が有る。エキサイタコイルの不良っぽい・・・。ジェネレーター(発電機)に関してはこのサイトの説明が詳しくて分かりやすい。

原因は分かったけど、コイルを調べるにはジェネレータカバー(エンジン左側面のカバー)を外さなければいけない。カバーを開けるとオイルが出てしまうし、戻すにはカバーのガスケットが必要になる。面倒くさい。しかも、どうやらハンターカブのコイルは既に欠品らしい。断線程度なら良いけど、コイルが焼損していると困った事になる。流用出来るカブのジェネレーターとか有るんだろうか。ハンターカブの情報ってあんまり出てこないんだよね。

 

カブは良いバイクだと思うしパワフルなカブとしてハンターカブは魅力的だけど、修理やメンテナンスに必要な部品が手に入らないのは勘弁して欲しい。外車でもないのに、そういう余計な所で苦労したくない。パーツリストもサービスマニュアルも無い。前オーナーが修理せずに新しいカブを買ったのは正解だと思う。ただレアなだけで、足に使うとかツーリングがメインならハンターカブはお勧めしない。

金掛けてしまった以上は何とか直したいけど、直せるかなぁ。

 

 

今回の出費

12V化キット 7980円

12Vバルブセット 2000円

送料 756円

計 10736円

 

 

 

リセット

 

 

入学式も終わり、子供たちはそれぞれ学校に通い始めた。全く新しい環境の中で、それでも上の子も下の子も楽しそうで、とりあえず一安心。

上の子は市外の高校に進学したから、地元の中学校の同級生は1人も居なかった。下の子もまた市外の高校に進学したので、これまた同じ中学の同級生は居ない。誰も知らない中に放り込まれて、一から人間関係を構築していかなきゃいけない。小学校に、中学校に、高校に、それぞれ進む時に人間関係がリセットされて、また一からっていうのは結構しんどい。あまり良い環境じゃなかった時は、完全にリセットされるのも救いではあるだろうけど。 進学のタイミングだけではなく、進級時にはクラス替えも有るから、子供は子供なりに何かと大変だと思う。

僕はといえば今の会社に入社して20年近く、しかも職場も変わらない。多少人の入れ替わりは有るものの僕自身が入れ替わる訳でもなく、閉ざされた環境の中で日々仕事をしてる。これで良いのかどうかも分からないまま。変わらないのは楽だ。だけど、それでは何も変わらない。良くも悪くも。

それでも子供たちは一応楽しそうに過ごしてる。勉強の事とか、進路の事とか、考えなければいけない事は沢山有るんだけど、まずは楽しく元気に過ごしてくれたら嬉しい。

 

 

 

入学式と父親と腹筋ローラー

 

 

 

高校生になる娘の入学式に行ってきた。会社でも同じ年代の子供を持つ父親は結構居るんだけど、卒業式も入学式も行かないと言っていた。小学校の式くらいは行ったでしょ?って尋ねると、小学校すら行ってないと。子供に「来なくていい」と言われるって。来なくていいと言われるまでにはそれまでの日常で色々積み重ねたものが有るとは思うけど、高校にもなるとお父さん率はかなり低い。クラスで2、3人くらいだろうか。学校によっても違うだろうけど、上の子の式の時もその程度だったと思うのでどこでも大体1割くらいなのかもしれない。今回、上の子供の入学と重なった為、僕と娘の二人だけで入学式に行ってきた。そういや上の娘の時も僕だけだった。高校の入学式でお父さん独りってのはアウェー感ハンパない。世の中は男女平等社会じゃなかったのか?

上の子も下の子も、一応僕を邪険にしないでくれているのは有難い。優しい子供たちだから、表立って言わないだけかもしれないけど。校長の挨拶で、高校は子供を可愛がれる最後の3年です、という様な事を話していた。高校を卒業すれば、就職や進学で親元を離れると。

僕は、子供が小学校を卒業するまではしっかりと子供に寄り添って愛情を注ごうと決めていた。女の子だったから、中学生になれば自然と父親と距離を取るだろうと思っていたから。それが未だにあんまり距離が離れないものだから、こうして入学式の付き添いまでしてる。

別に甘やかしている訳じゃない。子供が嫌と言うなら行かないし。だけど、確かに子供に寄り添って居られるのも高校生までなのかもしれない。上の子供が居たから何度も繰り返している様な既視感を覚えるけど、下の子供はこれから初めての高校生活が始まり、確かにもう3年しか残されていないのかもしれない。

とか言いつつ、上の子も結局自宅通いになったので当分は家に居そうなんだけど。このままずっと家に居られても、それはそれでお父さん困るんだけど。いや、結婚に対する価値観が崩壊してしまった今は、自宅でごろごろしているのもアリなのかもしれないんだけど。

 

 

f:id:single779:20170410202119j:plain

子供二人と。大きくなったな。もう「女の子」という年齢ではなくなってしまった。卒業式は来なくていいって言われないように腹筋ローラー頑張るよ。

 

 

 

HONDA CT110 ハンターカブ セミダブルシート化

 

 

 

電装トラブルの修理に必要な部品を待っている間に、シートを替えてみる。ハンターカブユーザーはノーマルのデカくてごっついリヤキャリアにリヤボックスを付けて乗っているユーザーが多いというか大半なんだけど、僕はあのキャリアが好きじゃないので取っ払ってしまう。ついでに、以前スーパーカブで使ってたセミダブルシートを取り付けてみる。リヤ周りは見た感じスーパーカブと変わらない形状っぽいから、スーパーカブ用のシートがそのまま無加工で取付出来るんじゃないか?

 

f:id:single779:20170408095840j:plain

と思ったけど甘かった。シートの自体は上手く収まるものの、スーパーカブとハンターカブはシートのヒンジ部が微妙に違う。ヒンジにシートを固定するスタッドボルトのピッチが微妙に異なる(画像のネジの部分/ハンターカブ42mm、スーパーカブ45mm)。しかもハンターカブのヒンジはタンク側が溶接固定(スーパーカブはボルト固定)なのでヒンジ部分はそのまま使わなければいけない。

仕方が無いのでシート側のヒンジを取り外し、穴ピッチを42mmまで長穴に加工する。加えて、シート先端が先細りになっている為ヒンジのボルト(可動部の軸)端がシートと干渉するので、ヒンジのボルトもギリギリまで詰めて作り直す。ヒンジの右の穴と左の穴の径が異なって軸を段付き加工しなきゃならず、意外に面倒。

画像は加工後で、社外のセミダルブシートを取り付けた状態。リヤキャリアを使う人が大半だろうし、ここまで加工して社外シートに交換しようと思う人も多くは無いかもしれないけど、カブ用のシートは格安で種類が豊富で、しかもチェック柄とかちょっとオシャレなシートも有ったりして、なかなかの素敵アイテム。

シートは、アストスタンディングというショップで以前購入した物。安いカブのパーツが沢山有って面白い。カブに金を掛ける気にはならないけど、これだけ安いとちょっとイジっても良いかなと思う。

out-standing.com

 

 

f:id:single779:20170408095841j:plain

ちょっとオシャレになった。もう少しお金出すと2色のシートとかチェック柄のシートも有るんだけど。セミダブルで短距離なら頑張ればタンデムも出来そうだけど、ハンタカブってアップマフラーだから足やけどするんじゃないの?ダウンマフラーに変えられないかなぁ。キャリア取っ払ってアップマフラーも取っ払ったら最早ただのカブだけど。

 

f:id:single779:20170408095837j:plain

ハンターカブはリヤキャリアに吸気口が有って、エアクリーナボックスとキャリアはインシュレーターでつながっている。キャリアを取ってしまうとインシュレーターだけ残ってしまう。それはともかく、エアクリーナーボックスの固定ネジ部が壊れているらしく、キャリアを外してしまうとエアクリーナーボックスがキャブレターでしか支えていないぶらぶらの状態になってしまう。パワーフィルターを付けるというのも手だけど、ダートを走るならエアクリーナボックスは残しておきたい。そこでエアークリナーボックスが落っこちない様にステーを制作する。ガソリンタンクの固定ネジと、エアクリーナーボックスのフタの蝶ネジ間をステーで連結。3次元的な寸法が求められるので結構面倒くさい。開放されたインシュレーターには茶こしでも突っ込んでおくか。

 

 メンテナンス&モディファイはまだつづくよ。