読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

保温ボトルに合う飲み物

 

 

 

今の時期は山登りに温かい飲み物を持って行ったりするけど、仕事でも毎日持って行ってる。僕はコーヒーが好きだからコーヒーを保温ボトルに入れていくんだけど、これが何故か美味しくない。インスタントだからじゃねーの?って思ってドリップコーヒーを淹れてみたりもしたんだけど、やっぱり美味しくない。マグカップですぐに飲む分には美味しいんだけど、保温マグに長時間入れておいたコーヒーはまるで別の飲み物みたいで美味しくない。

 

そんな僕の今の所のbest buyなコーヒーは、Blendyスティック カフェオレ 砂糖ゼロ。

www.agf.co.jp

スティックタイプのインスタントコーヒーで、カフェオレだけとコーヒー感は損なわれていないし、原材料に水あめが含まれているけど本当に甘くない。これがどういう訳か、保温マグに入れておいてもそこそこコーヒー感を保っている。本当のドリップコーヒーよりもコーヒー感が有るっていうのも何だか変な話なんだけど、上手い事作ってある。お湯に溶かすだけだから忙しい朝でも手軽に作れて便利だし、スーパーで買うと結構安くてコスパも良い。スティック10本入で170~180円くらい。350mlのボトルに対して2本使うと丁度いい感じなので、1箱で5回分になる。1ボトル分で36円。安くて美味い。

スティックタイプのインスタントコーヒーはAGFに限らず沢山売っているし、別にカフェオレ砂糖ゼロじゃなくても美味しそうなコーヒーは沢山有る。例えばスプレッソ・オレとか、濃厚ビターカフェラテとか、濃厚カプチーノとか。でもそれらはとても美味そうなんだけど、全部人工甘味料が含まれている。僕は人工甘味料が苦手なので、それらが飲めない。唯一カフェオレ砂糖ゼロだけが、人工甘味料を含んでいない。人工甘味料やめてくれたらもっとバリエーション増えて良いんだけど。

 

 

伊吹山 笹又谷(さざれ石公園)から東尾根縦走

山行記録

 

 

 

※コースタイムや状況、使用道具類の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠けるものです。状況や感想も主観的です。参考にされる場合は充分に注意して下さい。

 

2017年2月18日(土)晴れのち曇り
伊吹山に笹又(さざれ石公園)から登る

 

 

06:50 林道脇 無風 -1℃

08:00 林道終点駐車場 無風 -2℃

10:00 ドライブウェイ出合 やや風 -2℃

10:45 1ピーク 微風 -2℃

11:30 2ピーク 微風 -2℃

12:15 3ピーク 微風 -2℃

12:45 伊吹山山頂 やや風 -2℃

14:05 ドライブウェイ出合 微風 -1℃

14:55 林道終点駐車場 無風 0℃

15:35 林道脇 無風 1℃

 

 

 

 

駐車場発〜駐車場着 12.0km 8時間45分(休憩含む)
駐車場標高:407m 最高点:1343m 標高差:936m 累積標高登り:1302m
道中の飲料水 0.9L(お茶0.6L コーヒー0.3L)
着衣(上) 長袖シャツ ウインドブレーカー ソフトシェル フリース(未着用) ダウン(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン(中厚)
靴 ASOLO シェルパGV アイゼン スノーシュー 
他 グローブ ストック ヘルメット サングラス ピッケル(×2) ツェルト

 

 

前回笹又から伊吹山に登り、3つ目のナイフリッジは僕では到底登れそうになかったので、1つ目と2つ目の尾根を歩いて静ヶ馬でも散策しようかと計画してみた。ドライブウェイに出るまででも大変だけど、容易く登れてしまうのもそれはそれで味気無い。結局雪の状態が良くて3つ目の尾根を登り伊吹山山頂まで歩いてきた。

 

 

 

アクセス

国道417号線から県道32号、春日方面(西)へ。途中左折して県道257号、さざれ石公園方面へ。無雪期はさざれ石公園まで進み、駐車場から林道に入り、林道終点の駐車場まで。駐車場は5、6台停められる。積雪期はさざれ石公園までも行けない。公園手前の貯水タンクまでは除雪してあるので、その付近の空地に停める。県道257号線は関ヶ原まで抜けているけど、現在雪の為通行止めで関ヶ原から抜ける事は出来ない。雪融け時期でも工事の為通行出来ない。

 

ルート

f:id:single779:20170218194258j:plain

今回のルート。山旅ロガーでログを取り、カシミールで表示させています。

 さざれ石公園から林道を歩き、伊吹山ドライブウェイに出る。ドライブウェイまでは谷(夏道)を通らずに尾根を通る。ドライブウェイを辿らず、尾根伝いに歩いて山頂まで。帰りはドライブウェイをたどる。

地図詳細とGPSのデータファイルはこちらを参照下さい。

カシミールから地形図を印刷する手順はこちら

f:id:single779:20170218191905j:plain

伊吹山を南東から見た全景。尾根とピークの名称が分からないので便宜的に1~3で呼んでる。①の尾根を登ったピークは地形図でいう1206m地点。神社が有る所。③の尾根の先が伊吹山山頂になる。尾根はドライブウェイと並行して伸びている。

 

 

f:id:single779:20170218191824j:plain

雪が降って雨が降って凍結。県道は積雪は無いものの朝は一部凍結。県道からさざれ石公園までは積雪で車は入れない。貯水施設までは除雪してあるけど、凍結しているので冬タイヤは必要。凍って転回するのも苦労した。山側の路肩には側溝が有るので注意。

 

f:id:single779:20170218191825j:plain

準備して7時前にスタート。段々夜明けが早くなって6時半頃には明るい。直近歩いている人は居ないみたいだ。歩きにくいので早々にスノーシューを履く。

 

f:id:single779:20170218191826j:plain

さざれ石まで(2つ目の堰堤まで)進み、山手に折り返して林道まで登る。

 

f:id:single779:20170218191827j:plain

林道に出てから、畑と林道をショートカットして進む。畑脇のあぜを進むけど、柵で行き止まりだったり、まるで迷路。

 

f:id:single779:20170218191828j:plain

山の天気や天気とくらすの予報では伊吹山は悪天候だったけど、晴れてる。天気図や雨雲レーダーを見ても崩れそうな感じではなかった。ドライブウェイがはるか上方に見える。あそこまで登るのかぁ・・・

 

f:id:single779:20170218191829j:plain

1時間ほど歩いて林道終点の駐車場(登山口)。時間的にはほどほどだけど、前回の失敗を踏まえて今回は効率よく歩いてきたから疲労度は少なめ。でもここからが本番。尾根の急登の前にちょっと休憩しておく。

 

f:id:single779:20170218191830j:plain

尾根キツい。ドライブウェイ遠い・・・。夏道の谷を迂回してぐるりと回って歩いて行く。アトラスのアスペクトが滑り落ちる位の斜度。

 

f:id:single779:20170218191831j:plain

でも良い天気。晴れているとテンション上がるよね。予想していたよりは歩きやすい。

 

f:id:single779:20170218191832j:plain

ドライブウェイに出る。登山口から2時間、スタートから3時間くらい。前回この辺りで既に足が攣りそうだったからペースを抑え気味に歩いてきたけど、尾根を歩いても意外に速い。面白くは無いけど。体力的にも良好でコンディションは良い。尾根を登り切ると風が強い。風を避けて少し休憩し、正面に見える①尾根を目指す。①尾根も結構な斜面。以前歩いているから確信は有るものの、写真で見るより実際はかなり急峻に見えてビビる。

 

f:id:single779:20170218191833j:plain

ドライブウェイから南、藤原岳方面。

 

f:id:single779:20170218191834j:plain

ドライブウェイから北、白山方面。伊吹北尾根が素晴らしい。あそこを歩くのも良いかも、と思ったけど、ドライブウェイに出るまでに3時間、そこからあのアップダウンの尾根を歩くのはかなりキツい。

 

f:id:single779:20170218191835j:plain

①尾根登り切った。休憩で身体が冷えてしまってグローブが外せなくて写真撮る余裕が無かった。向こうに見えるのが②尾根と③尾根。

youtu.be

HTC Reで撮影

 

 

f:id:single779:20170218191836j:plain

1206m付近に神社らしきものが。見に来たのは良いけど、登り返さないといけないんだよね・・・

 

f:id:single779:20170218191837j:plain

眼下に雪に埋もれたドライブウェイが見える。雪崩れの巣。そりゃ通行料金高いのも仕方が無いよ。

 

f:id:single779:20170218191838j:plain

一旦下って②尾根を目指す。なかなか壮観。

 

f:id:single779:20170218191839j:plain

②尾根の急斜面。①~③の中では比較的歩きやすいけど、結構急。壁の様。

 

f:id:single779:20170218191840j:plain

登ってきた②尾根。身体が温まってきたから写真撮れる。ていうか暑い。

 

f:id:single779:20170218191841j:plain

歩いてきた尾根。奥に見えるピークが1206m地点。急斜面を登り切るとなだらかな尾根になる。

youtu.be

HTC Reで撮影

 

f:id:single779:20170218191842j:plain

前回諦めた③尾根。今回も登る予定じゃなかったんだけど、結構雪の状態が良くて登れそう。どうしよう。しばし悩む。子供が二人進学するから、今お父さんが死んじゃったり長期入院とかすると大変な事になるんだよね・・・

 

f:id:single779:20170218191843j:plain

体力も雪の状態も良い。このコンディションはもう無いかもしれない。ネックは先に見える岩場か。と、思いきや、手前で盛大に踏み抜きまくり。それでも左は雪庇で滑落するから、なるべく右寄りを歩きたい。

 

f:id:single779:20170218191844j:plain

難所の岩場。右に巻くか、左に巻くか。左の方が歩きやすそうだったんだけど、盛大に踏み抜く。左では落ちる。右も藪で登れない。なので、直登。

 

f:id:single779:20170218191845j:plain

登ってきた。

 

f:id:single779:20170218191846j:plain

ナイフリッジはクリヤした。後はなだらかな尾根を進めば終わり。とは言うものの、ナイフリッジじゃないだけで相変わらず滑落しそうな斜面。

 

f:id:single779:20170218191847j:plain

①尾根から③尾根まで。こんな所歩いたら危ないよなぁって思ってたら、途中にピンクリボンが有った。歩いてる人居るのかよ。

 

f:id:single779:20170218191848j:plain

伊吹山山頂から東の電柱?が立ってる所に出る。

youtu.be

HTC Reで撮影 

 

f:id:single779:20170218191849j:plain

尾根歩いてもうやり終えた感なんだけど、ここまで登ると山頂まではあまり標高差無いからついでに山頂寄っていくか。

 

f:id:single779:20170218191850j:plain

6時間くらい歩いて伊吹山山頂。少し風が強いけど天気は良い。登山者は少なめ。予報が悪かったからかな。少し休憩して下る。

 

f:id:single779:20170218191851j:plain

帰りはドライブウェイを通るけど、幾つか難所が。前回よりも雪の壁が高くなってる。山肌の積雪が崩れ落ちてきてるんだ。

 

f:id:single779:20170218191852j:plain

雪壁を降りてきた。本当に壁の様だけど程よい雪質で苦労はしない。

 

f:id:single779:20170218191853j:plain

と、雪壁の向こうの斜面にピンクリボンが。え?ここから登るの?

 

f:id:single779:20170218191854j:plain

雪壁以外にも埋もれてトラバースする所とか。

 

f:id:single779:20170218191855j:plain

丁度②尾根の下。行きは尾根、帰りはトラバース。割と危ない。

 

f:id:single779:20170218191856j:plain

最後の難所のトラバース。ドライブウェイが完全に埋もれている。

 

f:id:single779:20170218191857j:plain

大した斜面じゃないだろ、って思うでしょ。

 

f:id:single779:20170218191858j:plain

遥か下数百メートルまで斜面なのよ。落ちたら止まらないかも。

 

f:id:single779:20170218191859j:plain

あとは行きに歩いた尾根を下るだけ。と思ったら、間違えそうになる。ルートは右の支尾根。自分のトレースが無かったら間違えていたかもしれない。下りはスノーシューを履かずにつぼ足で歩いた。脛辺りまで埋まり、時々膝まで埋まったり、踏み抜いて股下まで埋まったりする。苦労するけど、スノーシューで踏み抜くと足が抜けずに絶望的な気分になる。何度も踏み抜いてズボンが濡れてしまった。朝は冷えているから雪に触れても濡れないけど、午後の湿った雪は付着すると濡れる。いい加減シェルパンツ欲しい。

 

f:id:single779:20170218191900j:plain

もう1カ所フラットな所で右に下る。間違えそうだなぁ。地図を見ると、確かに2カ所尾根を逸れるポイントが有る。

 

f:id:single779:20170218191901j:plain

見ると、かつてマーキングが有ったっぽい。マーキング持ってくれば良かった。

 

f:id:single779:20170218191902j:plain

登山口まで下り、後は林道をショートカットして下るだけ。柵を越えるポイントも大丈夫。

 

f:id:single779:20170218191903j:plain

バンブーゲートをくぐればもうすぐ終わり。

 

f:id:single779:20170218191904j:plain

無事に帰ってきた。落ちなくて良かった。

 

 

 ルート

伊吹山 笹又

積雪期はさざれ石公園辺りからのスタートになる。登山口まで1時間くらい、ドライブウェイに出るまでに+2時間くらい。夏道の谷は通れず、尾根を歩く。体力と時間を使う割には地味なルートで、積雪期に歩いている人はほとんど居ない。ドライブウェイは雪で埋まって歩くのが困難。尾根を歩くのはもっと困難。伊吹山山頂が目的なら、冬はやめた方が良い。

 

感想

③尾根はもともと登るつもりはなかったけど、前日が雨だったから雨の後冷えて雪が締まって歩きやすくなるかなという目論見は有った。

先日山岳映画を見たからチャレンジングな登山がしたくなった、という様な安易な事ではなくて、前回歩いてから今度は①尾根②尾根を歩こうと思っていた。それ位が僕にとっては丁度いい難易度だと思ったからだ。たまたま③尾根の状態が良くて登れたけど、登るかどうかはかなり悩んだ。無謀な事をしたい訳ではないし、自慢したい訳でもない。途中で諦める事は悪い事でも恥ずかしい事でもない。色んな事を考えた上で、今回は登れると判断した。理想は「ドキドキ以上ハラハラ未満」。緊張感でドキドキするのは楽しいけど、危機感でハラハラするのは自分のキャパを超えている。その絶妙なラインを自分なりに見極めて狙いたいけど、それは誰かにお勧めするような山行ではないので山系のサイトには詳細は記載していない。

冬は食事が困る。冷たくなった物は美味しくないし、ゆっくり休憩していると身体が冷える。最近は山崎のランチパックを持っていってる。少々割高だけど、わりと美味しく食べられる。

保温ボトルに温かいコーヒーを入れて持って行っている。サーモスの一般的な350mlのタイプ。朝出掛ける時に入れて、昼ぐらいでも充分温かい。重宝しているけど、保温ボトルに入れたコーヒーはどういう訳か美味しくなくてまるで別の飲み物みたいな感じがする。

 今シーズンはあまり歩けていないけど、そこそこ充実してる。次はどうしよう。

 

 

ウィンドウフィルム

日産 マーチ

 

 

 

今回購入したマーチは後席のガラスが黒くない。プライバシーガラスはオプション設定なので、中古車の場合前オーナーがオプションで付けていないとクリヤなガラスのまま。運転する分には特に困らないし、逆にクリヤだと後続車からフルバケットシートが丸見えになるので「こいつヤバい奴じゃね?」とやんわり車間を空けてくれるのでちょっと好都合だったりするんだけど、夏場に後席に乗る家族を思うとやっぱりスモークにしておきたいところ。購入したお店では19800円追加してもらえれば専門業者でフィルムを貼ります、と言ってくれたんだけど、19800円って微妙だなぁ。ちなみに19800円は納車特別価格で、通常フィルム貼るだけの持ち込みの場合は25000~30000円ですよ、と言われた。その昔ダットサントラックで自分で貼って苦労した経験が有るからあんまりやりたくないんだけど、ケチって自分で貼る事にした。

 今は車種ごとにカット済みのフィルムが売っている。K12マーチも売っている。型取りしなくても良いから楽で便利で、だから自分でやろうと思った。カットフィルムが大体2千円くらい。それにフィルム貼り用のヘラ等のツールで2600円くらい。2600円でスモークガラスになるなら超安くね?って思ってたんだけど。

 フィルムの貼り方は、

irodoriworld.com

bocci.be-index.com

などを参考に。特にリヤウィンドウの分割フィルムを一度に貼らないというのは参考になる。

で、実際に貼ってみた結果は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:single779:20170212145412j:plain

シワになっとるやんけ"(-""-)"

泡になっとるやんけ"(-""-)"

 いや、難しいよ。大体さ、ネットでアップする人って綺麗に仕上げているからアップしてるのであって、シワくちゃのアワだらけの失敗したフィルムなんか誰もアップしないよ。だから、綺麗に仕上げている人の陰に、膨大な数の失敗者が居るのよ。多分。

 大体、ほぼ貼り終えた頃になってようやくコツを掴むのよね。3回くらい貼れば上手く貼れるかもしれない。なので、失敗する事を前提に、予め3セットくらい購入しておくと良いかもしれない。フィルムが粗悪だと経年で色褪せしたり、糊が悪くて剥がれてきたりするらしいので、あんまり安いフィルムを使うのも良くないみたいだけど、かといってじゃあどのフィルムなら高品質なのか?なんてネット販売では分かんない。貼ったフィルムを剥がすのは物凄く手間が掛かって大変らしいので、それなら最初から素直に業者に頼めば良かった。っていうか、オプションのラゲッジの照明ランプ付けるくらいならプライバシーガラスつけようよ(>_<)

で、実際にやってみてフィルムを上手く貼れる人は、

・ある程度器用な人

・かなり几帳面な人

・時間に余裕がある人

なので、この条件に1つでも当てはまらない人は素直に業者に頼んだ方が良い。その上で作業で思ったことは、

①貼る位置を決めるのが難しい

フィルムの位置を決めてから徐々に貼りながらエア(水)を抜いて貼り付けていくんだけど、その最初の位置決めが上手く出来ない。後席ドアの窓は比較的小さいし角や縁が把握しやすいのでフィルムの位置決めも簡単に出来るけど、リヤハッチの窓は位置の基準になる物が無いので難しい。窓の外側と貼るフィルムの真ん中にマーキングをつけると良いかも。幅が有るし、湾曲しているのでフィルムを水平にするのも難しい。適当にやったり慌ててやったりするとシワになる。一度付いたシワは二度と戻らない。

②外から見ないと分からない

室内から見て結構綺麗に貼れたと思っても、外から見ると水泡が残ってたり浮き上がってたりする。熱線の所で浮き上がってたりしても、室内からだと分からなかったりする。外から見ると目立って良く分かる。室内で貼るんだから天気悪くても出来るだろうと思ってやってたんだけど、外側についた水滴とフィルムの水泡が分からなかったり、外から確認しにくかったりするので、雨に日はやめようね。かといって晴れの日だと冬場でも室内が暖かくなってスプレーが乾いてしまうので、曇りの日か日陰でやった方が良い。

 

実際に自分で貼ってみて、そりゃ19800円するよと思った。しかも業者はリヤガラスも分割ではなく1枚で貼るらしい。最近は最初からプライバシーガラス設定する人が大半だろうから自分でフィルム貼る人も少ないかもしれないけど、上手く貼れる人ばっかりじゃないよ、と忠告しておくよ。

 

 

 

日産 マーチ 12S 平成17年式

日産 マーチ

 

 

 

今さらながらだけど、マーチ。納車後に前の車の装備を移したりしてゴタゴタしてたけど、ようやく落ち着いてきた。マーチがマーチに変わっただけなのに、というか色が変わっただけなのに、相変わらず運転するのが楽しくて仕方がない。K12マーチについては過去記事と重複するので基本的な事はこちらで。

 

f:id:single779:20170205112458j:plain

K12マーチの中期型。平成17年式なので、大きなMC(マイナーチェンジ)後すぐの車両になる。興味が無い人にはみんな同じに見えるだろうけど、幾度かMCしていてこの型のマーチは前期型/中期型/後期型が有る。

走行距離は納車時26700km。驚くほど走ってないけど、距離走っていなくてもゴム系のパッキン、ガスケット、ブーツ類は経年で劣化するので古ければオイル漏れ等の心配は有る。リヤゲート(ハッチ)のガスダンパーも抜けていて保持力が弱いってのもお約束。

カラーはアイリッシュクリーム、グレードは12S。「S」はスポーツのSではなく、一番ショボいグレード(商用向け12B以外で)で、ほんとに何も付いてない。電動格納ドアミラーすら無い。今時電動格納ドアミラーじゃない乗用車が有るという事にびっくり。リヤウィンドウがプライバシーガラスじゃないとか、リヤシートが分割で倒せないとか、その辺りの装備はオプションなので仕方が無いし、マニュアルエアコンはシンプルで故障しにくいのでかえって都合が良い。

 

f:id:single779:20170212153237j:plain

前期型12Cのフロント。写真では暗くて分からないけど、リップスポイラーがついていて可愛い外見なのにちょっとスポーティな雰囲気。結構低くて積雪時にはスポイラー擦る。

 

f:id:single779:20170212153238j:plain

中期型12Sのフロント。グリルの形状と、バンパーのエアスクープの形状が若干変わっている。マイクラ(マーチの海外名称)のバンパーのデザインが秀逸だったからアレにすれば良かったのに。バンパーの黒い丸はオプションのフォグランプを取り付ける穴。フォグは中期型にしか無い。フォグは特に必要ない。

 

f:id:single779:20170212152535j:plain

前期型12Cのリヤ。シンプルに見えるけど複雑な曲線で構成されてる。小粋な欧州車のようで今でも充分魅力的なデザイン。マフラーはノーマルで静かだけど、意外に低音が響く。

 

f:id:single779:20170212152536j:plain

中期型12Sのリヤ。リヤバンパー下部にリブが追加されている。ただのデザインなのか、空力の為の処理なのか、何の意味が有るのか分からないけど、僕は前期型のシンプルなバンパーが好きだった。テールレンズもデザインが変更されている。瓶底眼鏡とかぷよぷよみたいで、結構気に入っている。

 

f:id:single779:20170129090916j:plain

前期型12Cのインパネ。MTなのにタコメーターが無いという致命的な欠点とか、今時軽自動車でももっとマシだろうというチープさは有るものの視認性は良くて、タコメーターを追加して以降は特に不便は無かった。後付けのタコメーターは取って付けた感有り有りだけど、視線の移動量が少ないので頑張って走る時には都合が良い。

 

f:id:single779:20170212145239j:plain

中期型12Sのインパネ。中期型以降はMTにはタコメーターが付く様になった。タコもメーターパネル内に収まってスッキリしたけど、視線の移動量が増えるのと、トップエンドの位置がパッと見では分かり難くて頑張って走る時には見難い。ホワイトの文字盤で、夜間は文字部分が黄色の透過になる。若干スポーティな印象になったものの相変わらずチープ。でもシンプルで視認性は悪くない。デジタル表示部分は上段がオドメーター、下段がトリップメーター(A/B)もしくは時計を切り替えて表示可能。燃費とか気温とか、そういうのは勘。

前期型で不調だったドアロックの動作も良好。前は「ガッ・・コ・・」という様なかろうじて動いている的な音だったんだけど、中期型のドアロックは「ガチャッ!」と軽快な音がする。というかそれが普通なんだけど。これで家族が乗ろうと思ってもドアが開かないなんて事はなくなりそう。

電動パワーステアリングはMC後に手ごたえが増した。乗り換えた当初はフィーリングに違和感を感じたけど、時期に慣れた。スポーツカーでもない廉価なコンパクトカーなんだから、まぁ頑張って造ってるかなと思う。

他に、シートの座面が切り分けになってたり、ドアトリムが樹脂から布地に変更されたりして、ちょっとだけ内装の質感が向上してる。

やけにヒーターが効くなと思ったら、水温を85℃辺りでキープしている。前期型は75℃くらいだった。僕の車両のどちらかが不調だという可能性も有るけど、どちらもちゃんと水温は安定して制御していたので、サーモスタットやセッティングを変更しているのかもしれない。どういう意図なのかは分からないし、標準で水温計は付いてないので誰もそんな事気にしてないだろう。走り出して水温が92℃に達してからサーモスタットが開くんだけど、前期型は真夏の渋滞でもなければそんな温度にはならなかったから最初は故障でオーバーヒートするかと焦った。前期型でその温度だと冷却ファンが回っていた。中期型は水温95℃でファンが回り出す。

外観やシートなど目に見える部分だけではなく、メカ的な部分や調整個所も変更されていると思うので、特にこだわりが無ければなるべく年式は新しい方が色々煮詰められたり洗練されたりしていて良いと思う。

 

今現在のコンパクトカーと比べると2世代ほど前の古臭い車になるけれど、普通に使う分には車としての性能は困る様なレベルじゃない。所詮1200ccの安っいコンパクトカーだろ?って思うかもしれないけど、コレをアクセル全開に出来る状況もそうそう無いし、全開に出来る人もそうそう居ないと思う。走行時のフィールとか詳細はこちらに少し書いてある。

あえて難点を挙げると、電子スロットル(アクセル)のフィーリングが悪い。前期型に限らず中期型でも相変わらず悪い。マーチはアクセルペダルからワイヤーでスロットルを動かすのではなく、アクセルペダルに付いているセンサで踏み加減を計測してスロットルを制御しているんだけど、その制御が不自然。アクセルを踏んだ時の反応が鈍いのはまぁこういう車だから俊敏過ぎると不評を買うのであえて鈍くしているんだろうなと理解出来るけど、アクセルを離ししてもちっとも回転が落ちてこないのは気持ち悪い。これは電子スロットルだから仕方がないのか?と思いきや、セカンドカーの三菱アイ(これも電子スロットル)はワイヤーかと思う位物凄く自然な反応する。マーチはあえてこういうユルい制御の仕方にしているのかもしれない。この部分をユーザーで何とかしようと思っても非常に難しいので困るんだけど、普通に走る分には回転の落ちが遅い事による弊害はあんまり出ないし、シフトチェンジのショックも低減されるかもしれないから考え過ぎかもしれない。

あと、3千回転でのエンジンノイズはやっぱり悪い。前期型に比べると若干マシにはなってるけど、距離走ってないからかもしれない。5速で3千回転だと丁度100km/h辺りになるから、高速道路を巡行する時は不快になる。もっと遅いか、もっと速ければ気にならない。

 何だかんだ言ったってこの型のマーチはもう底値だ。元々安い車だけど、もうこれ以上下がり様がない位の値がついてる。それでいて充分走るし、運転は面白い。不満な点を挙げたらキリがないけど、この値段なら笑って許せる。

 

 

 

映画 MERU

レビュー

 

 

 

雪が降る中、名古屋まで出かけて映画観てきた。

meru-movie.jp

ヒマラヤのメルー峰という山に登るドキュメンタリー映画。ネットで紹介されていて観てみたいと思っていたんだけど公開している最寄りの映画館が名古屋しかなくて、年始でバタバタしているうちに公開終了・・・。あぁ観損なった。あんなマイナー映画、もう観る機会は無いだろう。ってがっかりしていたら、再度別の映画館で上映スケジュールが組まれていたので、早速観てきた。

内容は、外人のおっさん3人組が延々と山を登る(山と言う様な生易しいものじゃない)というもの。ネットでの紹介では単なるドキュメンタリーではないと言われているものの、山に(特にクライミングに)興味が無い人にとってはやっぱり単におっさんが延々と壁登ってる映像でしかないと思う。ただ、そこにはもの凄い臨場感と緊迫感が有る。なんてことはない小さなスクリーンだけど、まるで4DXの様な臨場感。マイナス29℃の映像は寒気すらするし、切れ落ちた岩壁は縮み上がる。どうせ最後は登頂するんでしょ?って分かっていても、映画「エベレスト3D」や「エヴェレスト 神々の山嶺」とは一線を画す緊張感と臨場感。

1800円払っても観て良かったと思う。でも、今東海三県で公開しているのはこのイオン名古屋茶屋しか無いにも関わらず、鑑賞しているのは僕を含めて4人だった。そういう映画だから、家族とは一緒に観ずショッピングモールで待っていてもらった。イッテQ登山部の視聴率が良いのはイモトとTVだから無料だからという事なのか。何もかもを自分たちだけでやらなければいけないというのはとてもストイックに見えるものの、クライミングの本質なんじゃないかと思った。予告映像では命知らずな無謀なチャレンジをイメージさせるけど、実際はとてもクレバーな判断をしている。何だか誤解を与えそう。

イオン名古屋茶屋で公開してくれたのは良いけど、この会場も2/24(金)まで。観に行く人も多くは無いだろうけど、興味が有る人はお早めに。

 

 

アイガー北壁をフリークライミングで行っちゃう画像もおすすめ。


Ueli Steck High-speed clumb on Eyger (the Alps, Switzerland)

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは

日産 マーチ

 

 

 

7年間で11万km乗ってきた日産マーチを買い替える事にした。次の車検を取って乗り続けるか、乗り換えるか。経済的に新車は無理として、中古車の場合は欲しい時期に、欲しい型式の、予算内に収まる車両が出てくるとは限らない。早めにリサーチしておこう。次はどんな車にしようか。と、色々検討してみたものの、日産マーチを上回るコスパの良い車はどう考えても出てこない。そんな折、わりと近くの車屋で安っすいマーチが出てきた。まだ車検が1年以上残っているので今すぐ乗り換える必要はないんだけど、これ程お値打ちな車両ももう出てこないかもしれない。結局乗り換える事にした。マーチを処分して、マーチを買った。なんじゃそりゃ。

特に問題なく走るとはいえ、13年落ちで17万kmも走れば色々くたびれてくる。サスペンションのヘタリは前回の車検時に交換しようか悩んだ。社外品で本体が4万くらい。交換工賃入れると7~8万くらい。他にオルタネータ(発電機)やウォーターポンプは距離を走れば交換は免れない部品で、故障すれば動かなくなる。仮にオルタネータで3万、ウォーターポンプで3万、クラッチもそろそろ交換時期が来るかもしれなくて+3万として、ざっと総計17万円。これは社外品やリビルド品(整備済みの中古部品)を使い行きつけの車屋さんにお願いしての話で、ディーラーで整備したら30万くらい掛かるんじゃないだろうか。それだけ替えても消耗したエンジンやヤレた車体は変わらない。新しいマーチは走行距離27000km車体15.7万。二度と手に入らないレアな車両ならともかく、中古でごろごろ出てくるマーチならいっそ程度の良い車両に丸ごと替えた方が早いんじゃないか。大切に乗ってきた車両を入れ替えるのはしのびないものの、乗り続けるのは合理的じゃない。しかも、今まで交換してきたパーツはそのままそっくり流用出来る。目新しさは全くないけど、無駄が無い(と思ったらハンドルのボスが変わってて革巻ハンドルが使えない)。

 

f:id:single779:20170212152532j:plain

H17年式だから、今まで乗ってたマーチより1年新しいだけ。でもMC後なので外観が少し違う。カラーはアイリッシュクリーム(ベージュ)。汚れが目立ちそうな色だけど、経年で色褪せしても目立たないから長期で使うなら良い色かもしれない。おっさんが運転するにはいささか不似合いではあるけど、もはや色などどうでも良い。ピンク以外なら何色でも乗れる。12年で27000kmは走らなさ過ぎだろと思ったんだけど、車屋さんいわく東京のユーザーだったらしい。東京では普通なのか?こんな調子ならトップエンドまで一度も回していないかもしれない。一応異音や変な振動は無い。

比較的綺麗で程度は良さそうだけど、前オーナーはガサツな人だったかもしれない。空調のツマミにガタが有ったり(マーチのツマミは結構重くて乱暴に扱いがち)、トノカバーの固定穴がダレてたりする。その割にドアモールやナンバーフレームがついていたりと、几帳面なのかいい加減なのか良く分からない。取説を見ると、数ヶ所くしゃくしゃっと折り曲げられた跡が有る。オーディオの時計合わせとか、ウォッシャー液の補充の仕方のページで赤丸がつけてある。前オーナーは年配の人かもしれない。それならリヤウインドウがプライバシーガラスじゃないのもうなづける。操作系はガサツな取り扱いだけど、機関的には乱暴な扱いはしてなさそうだ。

同じマーチだから今までと全く変わらず運転出来るかと思ったら、結構違和感が有る。クラッチの感触は摩耗具合で変わるから仕方が無いとして、ハンドルの操作に違和感が有る。マーチは初期に電動パワステが軽過ぎると不評だったから少し重くしたのかもしれないけど、切り返す時に違和感を感じる。感覚とワンテンポ遅れてサポートする様な感じでリニアな感触じゃない。慣れれば良いけど、慣れなかったら嫌だな。

MTも渋い。そういえば前のマーチも乗り始めの頃は「ガコッガコッ」という様に入りが渋かった。前のマーチは馴染んで「カコカコ」入ったけど、慣れるまでは丁寧に扱わないとミスしそう。

とりあえずこれで一度リセットされた。これからまた10年マーチに乗れるかもしれない。

 

 

 

さようなら

日産 マーチ

 

 

 

今まで乗ってきた日産マーチを乗り換えることにした。約7年、その間11万km乗ってきた。ドアロックが閉まらなかったり開かなかったりするとか、4人乗車時にギャップに入るとサスが底付きするとか、多少の不具合は有るものの大きなトラブルも無く今でも良く走る。安いコンパクトカーだけど、前オーナーは大切に丁寧に乗ってたんだろう。そして僕も丁寧に運転してきた。17万kmを超えた今でもクラッチは滑らない。安価な大衆車だけど、良い車だった。とても楽しかった。

f:id:single779:20170204093556j:plain

H16年式だから12~3年落ちになるけどいまだに塗装は綺麗。最近の車はメタリック塗装でもなかなか傷まないんだね。

 

f:id:single779:20170129084253j:plain

本来有ったギザギザ加工が摩耗してツルツルになったシフトノブ。17万kmの間操作されてきたんだ。

 

 経済的な事情もあるけれど、僕は自分が気に入った物を長く使う。今までの車歴(自分専用)は

ホンダ バラードCR-X(MT)

日産 ダットサントラック ダブルキャブ(MT)

ダイハツ ハイゼットトラック(MT)

日産 マーチ(MT)

CR-Xは人づてに3万円で譲ってもらったボロボロでエアコンも効かない今にも壊れそうな車だったから、すぐにダットサントラックに替えた。バイクを積んで運びたかったからだ。ダットサンは長く乗るつもりだったけど維持費が掛かる為、結婚と出産を機に軽トラに替えた。軽トラは10年以上乗り、マーチは7年乗った。

それに並行して家族用(奥さんとの共有で主に奥さんの意見)に

フォード フェスティバ(AT)

日産 バネットセレナ(AT)

日産 キューブ キュービック(AT)

フォード エスケープ(AT)

ダイハツ ムーブ(AT)

スズキ Kei(AT)

三菱 アイ(AT)

が有った。

大した車は乗ってないし、ファミリーユースではあまりに特化した車は使えないから限定されてしまうけど、今までの中では日産マーチが一番楽しかった。驚くほど面白かった。愛嬌のある外観、必要最低限は確保された実用性、圧倒的なランニングコストとイニシャルコスト、そしてすこぶる楽しい操作性。ルノーと共同開発のプラットフォームに、ルノー製のMT、これはもう半分ルノーだ。

7年、楽しかった。でもこのまま乗り続けるには相当なコストを掛けなければいけなくて、あまり現実的じゃない。残念だけど、乗り換える事にした。乗り換えが決まった今でも、暖気運転をして洗車して丁寧に操作する。愛着があって大切にしてきた物を、手放すからと言っていきなり粗末には扱えない。

今までありがとう。さようなら。