シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

HONDA XR600R エンジン不動

 

 

正月連休の代休。この辺りは山も雪が少な目なので今回は登山ではなくバイクにしよう。バイクの師匠Sさんが林道に行こうって言っていたので一緒にバイク乗りに行く約束をした。

のは良いけどエンジン掛からん・・・。前回12月に乗った時もなかなかエンジン掛からなくて20分位キックしていたんだけど、今回は大幅に記録更新ですよ。なんと2時間半。へぇ、凄いなぁ。人間って2時間半もキック蹴れるんだ。バイクでは大して身体動かさないからなぁって思ってたけど、真冬でも汗かく。しんどい。

最初は30分くらい見ておけば始動出来るだろうって思ってたけど甘かった。全然掛からない。掛け損ねてカブったかな?って思ったけどプラグは湿ってない。念の為新品のプラグに替えたけど掛からない。初爆はするから電気系ではなさそうだ。カブってないという事は薄いのかなぁ。色々試してみたけどボボッというだけで始動しない。

結局林道ツーリングには行けなくて、Sさん曰く「キャブじゃね?スロー系じゃね?」て言うので仕方なくバラす。

f:id:single779:20190116183216j:plain

2時間もキックしているなら、その間にキャブのOH出来たよな。でも、1回掛かると始動性良くなるんだよなぁ。

 

f:id:single779:20190116183212j:plain

別に汚れてないけどなぁ。スロー系も詰まってもいないけどなぁ。一応ケミカルで掃除してエアブローしておく。

 

キャブを戻して始動してみたけど変わらない。寒いからかな。XRは春先に手に入れたから冬は初めてだ。セッティングがきちんと出ていないのかもしれない。キャブとエンジンをプレヒートすると掛かるかも。

面倒臭いから春までこのままかも。それでも、バイクはまだマシだ。ほとんどの事は自分で整備も修理も出来るから途方に暮れる様な事は滅多にない。それよりも車(スマート)がヤバい。今度は雨漏りする。トラブル多いだろうなと覚悟はしていたけど、窓ガラスの修理は自分では出来ず、ちょっとうんざり気味。古い外車に乗るってのは、こういう事なんだな。本当に乗りたかったら割高でもきちんと整備された車両を買うか、全ての不具合を自分で潰していく覚悟(と金)が必要だと思った。

 

 

 

 

 

 

MMC smart K ヘッドライトバルブ交換

 

 

とりあえず走るには問題ない状態にしたんだけど、まだ2点ほど問題が残っている。1つはウォッシャーポンプが故障しているという事と、もう1つは右のヘッドライトバルブ(電球)がしっかりソケットに収まっていない様で点灯すると上を向き過ぎるという事。そんな状態でよく車検が通るな、というのは置いといて、下を向き過ぎるならまだしも上を向き過ぎると対向車や前走車が眩しい訳で、僕はとんだ迷惑野郎になってしまう。バルブをちゃんと取付ければ良いだけの事なんだけど、スマートの場合これがなかなか厄介。何故ってボンネットが無いから。

三菱アイの場合もヘッドライトユニットを外さないといけないので厄介といえば厄介だったけど、スマートの場合は比じゃない。フロントパネルを全部外さないといけない。ちなみに三菱アイはバルブの種類と交換手順が取扱説明書に載っている。意外に親切だ。

普通の車のつもりでいると面倒臭いけど、取り外し方の詳細な手順を紹介しているサイトとか、動画とかは有る。車屋さんが言うには意外に面倒では無くて良く考えられている、との事らしい。良く考えているならフロントパネルを外さなくても交換出来る様にしておいて欲しいけど、WVニュービートルは作業性が酷かったと言っていたのでまだマシなのかもしれない。フロントパネルを外さずに交換する人も居るみたいだけど、非常に狭いのとヘッドライトユニットを見ていないので構造の詳細が分からない事、あとウォッシャーポンプを修理するにはどうせパネルを外さないといけないという事でとりあえず外してみる。

 

smart.onushi.com画像付きで非常に分かりやすい。これを印刷してマニュアルにしよう。


Smart 450 panel replacement part 1

フロントパネルの外し方の動画。意外に簡単だけど一部コツが有るので実際の作業を見て見ると理解しやすい。日本人じゃないので何を言っているか分からないけど作業自体は変わらない。

 

f:id:single779:20190115100517j:plain

smartKのフロント部。ボンネットもメンテナンスハッチも無いのでフロントパネルを全部外す必要が有る。フロントガラスとフロントパネルの間の空気取り入れ口(スリット部)は外せるので、そこから手を突っ込んでバルブ交換出来るらしい。ウォッシャーポンプは配達が間に合わなかったけど僕はウォッシャー使わないから次回の車検までに直せば良いやって事で、今回はヘッドライトバルブを交換する。バルブをきちんとホルダに収めるだけで良いんだけど、バルブを交換するのにこれだけ手間が掛かる事を思えばいっそ新しいバルブに交換しておいた方が良いだろう。

 

f:id:single779:20190115100508j:plain

パネルの取り外し作業は上記サイトの通り。コツの1つ目は化粧カバーのプラスチックリベット。動画でも外人さんが取り外すのに苦労していて、何で苦労しているんだろう?って思ったら空回りするからだ。構造が分かっていれば苦労はしないけど、最初は何で外れないのか分からなかった。トルクスを使っても空回りして緩められないので、ラジオペンチで引っ張りながら回すと緩んでくる。

 

f:id:single779:20190115100541j:plain

バンパー等の樹脂パーツを固定するのに良く使われているプラスティリベットだった。作業性が悪いので径が合う社外品に交換した方が良い。手順通りフロントパネルを外していく。確かにそれ程難しくは無いし、とりあえず一人でも出来る。上記サイトで1つ抜けているのはフロントグリル内の固定ボルトで、全部で4ヶ所有る。見れば分かるけど。内1ヶ所ネジが無かった。タッピングビスだったので手持ちが無い。今度買っておく(φ6×20mm)。必要な工具はT30とT25のトルクスレンチ。ヘッドライトユニットを外すなら加えてT20。

 

f:id:single779:20190115100503j:plain

ヘッドライトバルブは小糸製のH7バルブにした。流行りのホワイト系(ケルビン数が高くて白く光るバルブ)は白くする為にコーティングしてあるので見た目と裏腹に暗くなる。でも最近はなかなかコーティングしてないバルブが売ってない。フィリップスの製品と悩んだんだけどフィリップスはすぐ切れたという悪い評価も目立つので小糸にしておいた。簡単に交換できる車種なら良いけど、スマートは面倒なので信頼性を重視したい。

 

 

f:id:single779:20190115100458j:plain

見るとやっぱり右のバルブはバルブ押さえのバネがしっかり固定されていなかった。外したバルブはPHILIPS製とBOSCH製。片方切れてPHILIPS製に交換したんだろうけど、ついでに両方交換しなかったのか?BOSCHはオリジナルだろうか。15年も持ったのか、それとも純正部品で交換しているのか。

 

f:id:single779:20190115100550j:plain

バルブは交換すりゃ良いけど、ヘッドライトユニットがやばい。白い樹脂部分が劣化して非常にもろくなっている。バルブを交換しやすい様にヘッドライトユニットを外したんだけど、迂闊に触ると壊れる。嫌だなぁ、こんな所ばっかりだなぁ。

 

f:id:single779:20190115100546j:plain

点灯を確認して戻す。何かもう、この状態で良いやん?って思わなくもないけど。今まではヘッドライトレベライザを一番下げた状態にしていたけど、これで普通に点灯出来る。ここまでやったならハイビーム側も交換しておきゃ良かったかも。ちなみにハイビームはH1バルブ。各バルブ規格はサイトに載っているので便利。

www.nissei-polarg.co.jp

 フロントパネルを外すとドアのヒンジ部分が露出するのでついでに潤滑しておく。これでギシギシ言わない。こんな小っこい車なのにスマートのドアヒンジは物凄くゴツい。衝突安全性は国産車とは考え方が違うんだろう。

 

 今回の出費

バルブ H7小糸製 @1,079円×2個

計 2,158円







 

スマートの想い出

 

 

購入してから2週間ほど経ち、可愛らしい外見、意外にしっかりとした車体とサスペンション、トルクフルだけど回らないエンジンとオートマチックなのに扱い難いミッション、あちこち朽ち果てているパーツ等、良いかと思えば悪くもあって全くツンデレも良い所なんだけど、僕がスマートに接するのは実は初めてじゃない。

15年位前の事。会社でとても世話になっている人がスマートを購入した。大型バイクに乗っていてそれで通勤もしていたんだけど、歳くって億劫だからと発売されて間もないスマートを買った。凄いですね。バカっぽくて面白いですね。でも「普通車」なんですね。って話ながら、エンジンはメルセデス・ベンツ製だとか、オートマチックのミッションは癖が有るとか、オイル交換は上から抜くとか、タコメーターと時計はオプションだとか、ホイールが3穴で特殊だとか、後から幅を詰めた軽自動車バージョンが発売されたとか、でも軽自動車バージョンの天井はガラスルーフじゃないとか、スマートに関する豆知識はその人から聞いた。面白そうな車だけど、でもまぁ僕が乗る事は無いだろうって思ってた。

 その人は後に病気で亡くなった。あれからもう13年も経ったんだ。あの人と同じ様な歳になった今、あの人と同じ様な車を選択しているのが何だかおかしい。考え方が理論的で知識が豊富で、でも子供じみた所もあったりして、社内で一番頼れる人であの人は僕の目標だった。だから、同じ様な車を選択するのも不思議じゃないのかもしれない。

スマートのミッションをギクシャクさせながら、そんな事を思い出してる。