シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

パラダイス

 

快晴の週末。土曜日は仕事だったので、日曜日の朝の空き時間に自転車を漕ぐ。今日は揖斐川ラソンの開催日なので、いつもの揖斐川のコースは走れない。揖斐川を避けて、春日方面を走る。

f:id:single779:20191110193005j:plain

揖斐川方面から県道32号に入り西進する。谷合の静かな山村。

f:id:single779:20191110192956j:plain

途中県道257号との分岐があり、257号へ左折するとさざれ石公園方面。今回はそのまま県道32号を進んだけど、257号へ行けば良かった。32号は道幅がそれほど広くなく、そこそこの傾斜が延々と続く。257号の方が走りやすい。せっかく走ったのにログが取れていなかった。

 

ここ最近は揖斐川沿いはランナーが多くて走りにくかった。一部のランナーが道一杯に広がったり、真ん中を走ったりするから邪魔で仕方が無かったからだ。なので、揖斐川ラソンが終わるまでは別ルートを走る事にして、先週は根尾川方面に行った。

f:id:single779:20191102092453j:plain

県道255号を北上する。車通りが少ないサイクリングロード。

f:id:single779:20191102092504j:plain

道中も写真を撮れば良かったんだけど、もう最高にご機嫌な道だ。

 

いつもは揖斐川沿いに県道254号を北上する。道の駅ふじはしを折り返し地点にすると都合が良いのでいつも使っている。

f:id:single779:20190623075440j:plain

f:id:single779:20190623074201j:plain

f:id:single779:20190623072957j:plain

 

 

自転車乗る様になって、改めて素晴らしい環境だなと思った。自転車を趣味にする人は増えたとはいえ、現状はとても自転車を楽しめる様な交通事情じゃない。市街地や幹線道路を走るのは、オートバイ以上に決死の覚悟が必要だ。そんな中、自宅を出てすぐに車通りが少ない道を延々と走れるのは幸せだと思う。3パターン以外にも、池田山を上るヒルクライムも出来る。他にも道はいくらでもある。

揖斐にしろ根尾にしろ、北上するルートは冬場は天気が変わりやすくしぐれる事が多いので、これからの時期は南下するルートにした方が良さそう。南下ルートはほぼ平坦路なので走りやすい反面少々物足りないのと、休憩するポイントが少ないのが困りもの。

 

 夏はクソ暑くて自転車なんか乗ってられないと思っていたけど、意外に夏の方が良かった。日の出が早いから早朝から時間を有効に使えるし、早朝ならまだ我慢出来る気温だからだ。11月になると早朝は寒い。長袖のジャージを買っておいたけど薄手で寒いし、指先と爪先が冷える。日が上れば暖かくなるけど、早朝の空き時間が使えない。

代わりに、一輪車乗るには都合が良い。一輪車は効率が悪くて速度も出ない乗り物なので、夏場は暑くて乗ってられない。冬場は丁度良い。久しぶりに少し乗ってみたけど、久しぶり過ぎて全然上達しない。

 

 

 

 

 

多度山~恋姫山 多度大社からピストン

 

 

※コースタイムや状況、使用道具類の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠けるものです。状況や感想も主観的です。参考にされる場合は充分に注意して下さい。

 

2019年10月28日(月)晴れ
多度山~恋姫山に登る

 

 

08:40 多度峡駐車場 無風 17℃

10:50 パラグライダー場 微風 15℃

12:10 恋姫山 無風 15℃

14:25 多度山頂公園 無風 14℃

15:05 多度山健脚コース登山口 無風 16℃

15:20 多度峡駐車場 無風 20℃ 

 

駐車場発〜駐車場着 23.4km 6時間40分(休憩含む)
駐車場標高:46m 最高点:694m 標高差:648m 累積標高登り:1195m
道中の飲料水 1.1L(お茶1.1L)
着衣(上) 長袖シャツ ウインドブレーカー(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン(薄手)
靴 DOLOMITE CONDOR CROSS GTX
他 帽子 ストック

 

久しぶりに山に登る。前回から5ヶ月以上空いてしまった。登りたい山やルートも有ったけど、今回は多度山に登る。奥さんの職場のおじさんが多度山をホームコースにしていて頻繁に歩いているらしく、良い所だから登ると良いよ。って手書きの地図までくれた。6月頃に。いや、暑くて登れんやろ。って涼しくなるまで寝かせておいた。

多度山なんてハイキングレベルというか散歩レベルだけど、単純に多度山に登るだけではなく、その先へ縦走しながら北上していく。おじさんの地図では北上して下山、電車で戻って周回、というルートになっているけど、バカな僕はピストンで戻る。

 

アクセス

 岐阜方面からだと国道258号を南下し、多度大社方面へ右折。多度大社まで。多度峡駐車場は多度大社前駐車場の脇の路地を入って行くんだけど、すれ違いが困難な細い道。どうせ周回するんだから多度大社に停めておけば良かった。多度大社駐車場は休日有料、平日無料。多度峡駐車場も有料と書いて有る。

 

ルート

f:id:single779:20191028185642j:plain

今回のルート。山旅ロガーでログを取り、カシミールで表示させています。

多度大社を起点として、登りは多度峡へ進み瀬音の森コースで登る。後北上し、恋姫山まで。多度山まで引き返して健脚コースで下山。

地図詳細とGPSのデータファイルはこちらを参照下さい。

カシミールから地形図を印刷する手順はこちら

 

f:id:single779:20191028184145j:plain

平日の駐車場は誰も居ない。娘が全然車乗らないので、今日は軽自動車。

 

f:id:single779:20191028184205j:plain

駐車場にルート案内が有る。多度山へ登るルートは色々有る様だけど、山登りの雰囲気を味わうなら瀬音の森コースだろ。

 

f:id:single779:20191028184218j:plain

多度峡へ進む。何か綺麗な施設が有ると思ったら、バーベキューハウスだった。まだ新しい。この先も水遊び出来る場所など有って、夏場は混雑してそう。

 

f:id:single779:20191028184317j:plain

沢を外れたら山道になるのかと思ったら、意外にずっとしっかりした道。お地蔵さんも綺麗にしてある。

 

f:id:single779:20191028184327j:plain

登山道に何故石垣?結構上の方まで石垣が点在してる。観光登山道にしては労力掛け過ぎだし、道が広くてしっかりし過ぎてる。宗教関係なのか、生活道なのか、何か他に用途が有ったんじゃないか。

 

f:id:single779:20191028184338j:plain

序盤で沢から外れて地味に斜面をジグザグ登るのかと思ったら、結構上の方まで沢沿いに歩く。沢の支流へ切り替えつつルートが進む。結構良い雰囲気。

 

f:id:single779:20191028184412j:plain

多度山山頂へ向かうルートと、石津御岳、恋姫山方面へショートカットするルートの分岐。多度山頂は帰りに寄るとして、ショートカットに進む。

 

f:id:single779:20191028184432j:plain

登山道っぽくなった。傾斜もそこそこ。

 

f:id:single779:20191028184447j:plain

多度山頂から石津御岳に向かうしっかりとしたルートと合流し北へ進むとT字路に突き当たり。左は石津御岳へ向かう旧道、右はNo30鉄塔を経由して石津御岳へ向かうルート。どっちに行っても行先は同じらしい。

 

f:id:single779:20191028184505j:plain

No30鉄塔経由で進む事に。が、いきなり不明瞭。トレースはしっかりしているけど、今までがハイキングコースレベルだったから、落差に驚く。鉄塔からは良い眺め。向こうに御在所が見える。良い天気。

 

f:id:single779:20191028184533j:plain

開放的な尾根道に出た。良い眺め。

 

f:id:single779:20191028184559j:plain

明るい尾根道を進む。

 

f:id:single779:20191028184616j:plain

パラグライダー場。今日は誰も居なくて静か。とても良い眺め。

 

f:id:single779:20191028184640j:plain

不意に大きな小屋が現れた。形状から神社関係の建物っぽいけど扉も窓も全部締め切ってある。石津御岳はここから50mほど下った所にある。てっきり登る(ピーク)かと思っていたので、うっかり通り過ぎてしまった。道端に三角点が有るだけで眺めは良くない。

 

f:id:single779:20191028184702j:plain

御岳神社。山奥にひっそりと建っている。

 

f:id:single779:20191028184715j:plain

御岳神社奥の院。こじんまり。

 

f:id:single779:20191028184750j:plain

不意に林道に出た。伐採地。ここは本当にルートなのか?といぶかしんでいると、標識が有った。登山道と林道が交錯するからややこしい。

 

f:id:single779:20191028184812j:plain

で、どっちやねん。登山っぽいのは直進だけど、おじさんからもらった手書きの地図は林道を進むと書いて有るので左の林道を進む。とても登山という雰囲気じゃない。

 

f:id:single779:20191028184852j:plain

林道進むと標識が出てきた。標識の下に恋姫山の標識が有る。うっかり見落とすところだった。

 

f:id:single779:20191028184904j:plain

結構大きな池が有る。いくつか池が点在している様。

 

f:id:single779:20191028184921j:plain

舗装された林道の向こうに恋姫山の標識が有る。

 

f:id:single779:20191028184934j:plain

3時間半で恋姫山。恋姫山なんてネーミングに期待に胸膨らませ歩いて来たのに、恋も姫も見当たらない。どうした?

 

f:id:single779:20191028185001j:plain

恋姫山の眺望はそこそこ。山の向こうに伊吹山の頭が見える。

 

f:id:single779:20191028185010j:plain

向こうは霊仙か。

 

f:id:single779:20191028185038j:plain

電車使わずピストンで戻る。おじさんの地図には美濃松山の眺望が良いと書いて有るので寄ってみる。

 

f:id:single779:20191028185052j:plain

美濃松山は寄った方が良い。歩いて来た山々を見通せるのはここしかない。

 

f:id:single779:20191028185108j:plain

雄大木曽三川も一望。

 

f:id:single779:20191028185157j:plain

あとは下るだけだから消化行程だな。と思いきや、何か標識が有る。相場振り跡って何?振りっていうのは旗信号か何かだよな。そうすると眺めは良いのかも。

 

f:id:single779:20191028185209j:plain

相場振り跡。かつてのデータ通信基地。米の相場を伝達する為に、桑名からここを経由して赤坂まで連絡したらしい。

 

f:id:single779:20191028185233j:plain

多度山頂公園着。恋姫山、石津御岳方面から多度山に向かうと思い切り下り傾向だから、全然山頂という気分じゃない。

 

f:id:single779:20191028185248j:plain

山頂に神社。鉄製の大きな鉢が有る。

 

f:id:single779:20191028185313j:plain

眺望は良いです。

 

f:id:single779:20191028185340j:plain

下りは健脚コースで。何が健脚だよ。車も通れる様な広くてしっかりした林道じゃねーか。と思ったら通信施設までで、その先は普通に登山道。

 

f:id:single779:20191028185355j:plain

途中に愛岩神社跡地。手洗のみが残ってる。

 

f:id:single779:20191028185410j:plain

かなり整備されたルート。3、4人並んで歩ける。で、14時過ぎなのに手ぶらで登ってくる人多数。ガチ装備の僕が浮くじゃないか。

 

f:id:single779:20191028185432j:plain

健脚コースは麓の愛岩神社脇に出る。

 

f:id:single779:20191028185448j:plain

多度大社を経て。しまった。賽銭くらい持ってくれば良かった。

 

f:id:single779:20191028185505j:plain

路地にスマホを持った人だかりが。何だろう?って見ると猫がごろごろしてた。ええな、お前ら。ごろごろしているだけで人気なんて。

 

f:id:single779:20191028185517j:plain

駐車場着。車増えてるけど3台。

 

 ルート

多度山 瀬音の森コース

多度峡沿いに進むルート。距離は長いけど沢は綺麗で路面も歩きやすく、良いルートだった。石垣を眺めながら先人たちの暮らしに思いを馳せるのも良し。

 

多度山 健脚コース

とても良く整備されたルート。序盤から中盤まで木製の階段。平日の午後でも人を良く見かけたので、良く歩かれているルートと思われる。そこそこな傾斜が続くので登山的。最短で多度山に登れる代わりに眺望は期待出来ない。

 

多度山~石津御岳~恋姫山

20km以上歩いて累積標高が1200m程度なのでかなり歩きやすく、トレランしている人もちらほら見掛けた。トレースはしっかりしているけど低山あるあるで、登山道、作業道、林道が交錯する為何処を進めば良いのか判断に迷う時が有る。歩いている人はそこそこ居るので、GPSログや地図を用意しておいた方が良い。国土地理院の地図を持って行ったけど、意外におじさんの手描き地図が役に立った。おじさんの地図が無ければ色々見所を見落としていたと思う。参考に載せておく。

f:id:single779:20191028185714j:plain

 

感想

多度山なんてハイキングコースだろ。って思ってたけど意外に悩まされた。多度山は良い。本当にハイキングコースだから。ただ多度山から北上するならちゃんと準備した方が良い。慣れている人なら良いだろうけど、里山トラップにはまりそう。

多度山から先はとても静かだ。何か特別なものが有る訳じゃない。でも、静かに山を歩けるのはそれだけで何だか幸せだ。

久しぶりに歩いたので勝手を忘れてしまって行動食が足りなかった。そりゃ20kmも歩けば腹も減る。普段は万一の時に備えてビバーグしても耐えられる位余分に持って行くんだけど、食べきってしまった。

 

 

スマートフォン Nexus6 → Nexus5

 

 

iPhone11も発売されたというのに、時代に逆行するかの如くロースペック化ですよ。

 

好天の週末は上の娘も下の娘も予定が無く、じゃあ出掛けませんか?たまには身体動かした方が良くないですか?金華山とか登りませんか?ポケモンGOとかやりながら歩くと楽しいんじゃないですか?と促してみたら、「ポケモンGO重くて動かんからいい」って言う。肥大化するアプリケーションにスマートフォンの性能がついていけないらしい。

上の娘が使っているのはASUSのZenfone2。

singlesmile.hatenadiary.jp僕が買ったのが2016年でその時点で既に数年落ちのモデルなので、今時のスペックと比べるとかなり見劣りする。Zenfone2を娘に譲った後に自分でZenfone3だったかを買って使っていたんだけど、数ヵ月でUSBコネクタが壊れて充電出来なくなってしまってやむなくZenfon2に逆戻りしたという顛末。で、見かねて僕のスマホを譲る事に。なんかこんな事ばっかりやってるな。

 

 

 僕が使っているのはMotorolaのNexus6。

singlesmile.hatenadiary.jp

f:id:single779:20191027170956j:plain

Nexus6は人気無かったモデルだけど、個人的にはかなり気に入ってる。これもかなり古いモデルだけど、Nexus機(素のandroid)だけあっていまだに全く不満が出ない。MotorolaNexusなんて最高だ。カバーを着けて丁寧に使ってきたから外観もとても綺麗。これをリセットして上の子供に譲る。

代わりに、下の子供が使っていたNexus5をリセットして使う。Nexus5はWi-Fiが壊れて繋がらないのでSIMカードでの通信しか使えない。格安SIMWi-Fiが使えないのは致命的ではあるけど、僕はスマホで動画も見ないしWi-Fi使えなくても何とかなるんじゃないかと。

ふと、Wi-Fiが使えるスマホとデザリングすればWi-Fi壊れていてもネットワークに繋がるんじゃないか?って思って調べて見ると、やっぱりBluetooth経由でWi-Fiにデザリング出来るみたいだ。けど、手持ちのスマホで試してみたけど繋がらなかった。ペアリングまでは出来るんだけど、ネットワークに繋がらない。Wi-Fiは諦めるか。

 

f:id:single779:20191027170951j:plain

 6インチディスプレイのNexus6に対し、5インチのNexus5はかなり小さく感じる。Zenfone2はmicro-SIMで、Nexus6はnano-SIMなのでSIMカッターでサイズ変更する必要が有る。逆に、Nexus6で使っていた僕のSIMカードはnano-SIMサイズにしてしまったのでmicro-SIMにする為にアダプターが必要になる。以前カットしたmicro-SIMの残骸が残ってたので、それに突っ込んでおく。

 

f:id:single779:20191027171003p:plain

Nexus5でもドラクエウォークは動くんだけど、データのバックアップを取っていなかったから振り出しに戻ってしまった。アカウントに紐づけされているのかと思ったら、手動でバックアップ取らないといけなかった。レベル39まで上げたのに・・・まぁレベル上げにそろそろ飽きてきた頃だし、どうせ終わりが無いソシャゲだから効率良く進めなくても良いだろう。僕はバーチャルなものにはあまり価値を見出せないんだけど、バーチャルとリアルを上手く仲立ちしているポケモンドラクエはなかなか良いアプリだなと思う。ただ時間が無さ過ぎて、ドラクエで散歩する位なら自転車とか登山とかに時間を使いたいからガチで趣味を持っている人には向かない。

 

 上の娘ももう成人してバイトもしてるんだから自分で新しいスマホ買えば良いんだけど、先日メガネ買ってしまったので金が無い。年頃の若い娘がMotorolaのNexus6っていうのはあまりにもマニアック過ぎやしないかと思うものの、ポケモンGOがサクサク動くので嬉々としている。データを移行して、午後からポケモンをしに散歩に出かけた。娘が喜んでくれると父としても嬉しい限りだ。もっと他に喜びを見出すべきものが有る様な気がしなくも無いけど。

その後、僕のスマホはNexus5からZenfone2に移行したけど、再びNexus5に戻した。Zenfone2はファクトリーリセットしたらかなり軽くなったので、Wi-Fi使えないNexus5よりは実用的だろうと思ったけどGPS感度が非常に悪くて位置ゲーだととてもじゃないが使えない。Nexus5はかなり古い機種だけど動作にそれほどストレスが無い。新たにNexus5を買い直しても良いんじゃないかと思うくらいだ。

そのうち気が向いたら(金に余裕が出来たら)新しいスマホ買うかもしれないけど、今の所ドラクエと自転車のログくらいしか使ってないのであんまり必要性感じない。というかスマホ無くても生きていけそう。それより下の娘がいまだにNexus5を使っているので、そろそろ新しいのに替えてあげたい所だけど、そういったデジタルガジェットに関しては奥さん興味薄でウチの家計から出てこないので僕の小遣い次第というのもどうかと思うんだけど。頑張ってバイトして買ってくれと思いつつも、結局いつも僕が交換してる様な。

娘たちは充電しながら動画見たりゲームしたりしているので、バッテリーにはかなり酷な環境だろうな。若い子はみんなそんな使い方なんだろうけど、そうするともう少しバッテリーの交換容易に出来る様にして欲しいと思うんだけど、小型軽量化とコストを重視するとバッテリーの交換作業など二の次なんだろうな。