シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

伊吹山 笹又(さざれ石公園)から伊吹山南東尾根の南の尾根

 

※コースタイムや状況、使用道具類の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠けるものです。状況や感想も主観的です。参考にされる場合は充分に注意して下さい。

 

岐阜県も緊急事態宣言が出された。そんな中登山に出掛けるのもどうかと思うけれど、行先は地元の範疇である事、道中何処にも立ち寄らない、登山中も人に会わない、という点では問題無いと思われる。唯一問題になるのは遭難した際に救助隊や医療関係者に迷惑を掛けるという事なので、そこは細心の注意を払う。

 

2021年1月20日(水)晴れ
さざれ石公園付近を起点とし、伊吹山伊吹山南東尾根の南の尾根から登り山頂まで。南東尾根で下る。

 

07:15 林道脇

07:25 尾根取付

09:10 ドライブウェイ出合

09:40 ドライブウェイから尾根

11:30 山頂

12:30 尾根からドライブウェイ

13:20 さざれ石公園

13:30 林道脇

 

駐車場発〜駐車場着 9.4km 6時間15分(休憩含む)
駐車場標高:374m 最高点:1377m 標高差:1003m 累積標高登り:1164m
道中の飲料水 0.8L(お茶0.5L コーヒー0.3L)

着衣(上) 長袖シャツ シェルジャケット 中間着 マイクロフリース(未着用) ULダウン(未着用)
着衣(下) シェルパンツ タイツ
靴 ASOLO SHERPA GV 冬用ゲイター スノーシュー アイゼン(未使用)
他 ヘルメット ストック ピッケル(未使用) ゴーグル(未使用) バラクラバ(未使用)

 

アクセス

国道417号線から県道32号、春日方面(西)へ。途中左折して県道257号、さざれ石公園方面へ。積雪期はさざれ石公園まで車では進めない。公園手前の貯水槽までは除雪されている。四駆でなくても行けるがスタッドレスタイヤは必要。

 

ルート

f:id:single779:20210120162401j:plain
さざれ石公園手前から県道寄りに戻り尾根に取り付き尾根沿いに登る。ドライブウェイを北上し南東尾根を登り山頂まで。下りは南東尾根で下る。

スタート付近のログが異常。春日川合という文字付近は山ではなく道路を歩いている。尾根取付付近からは正常。

地図詳細とGPSのデータファイルはこちらを参照下さい。

カシミールから地形図を印刷する手順はこちら

 

f:id:single779:20210120160901j:plain

毎度毎度のさざれ石公園。昨日冷えたので雪が少し増えている。今回は南東尾根ではなく、南東尾根の南の尾根を歩きたいので一旦下る。

 

f:id:single779:20210120160946j:plain

渡渉し尾根に取り付く。渡渉が一番の懸念だった。地形図とGoogleストリートビューで見る限り、容易く渡渉出来そうなポイントが無い。もう少し尾根の南に回り込めば登りやすそうだけど、コンクリートの護岸で沢に下れない。結局沢の合流地点付近が一番渡り易く登りやすそうだけど、滑って沢に足を突っ込む羽目に。幸い浅瀬で中までは濡れなかったので進む。

 

f:id:single779:20210120160956j:plain

予想よりは登りやすそうだけど、雪が少なくて滑りやすい。見た目よりも急なのでうっかり滑ると転げ落ちる。

 

f:id:single779:20210120161014j:plain

杉林の急登を進む。

 

f:id:single779:20210120161040j:plain

傾斜が緩くなって歩きやすくなった。マーキングが有る。どうも登山用のマーキングみたいだ。

 

f:id:single779:20210120161107j:plain

大トチは左らしい。大トチって何だろう?トチの木?

 

f:id:single779:20210120161118j:plain

スノーハイク。

 

f:id:single779:20210120161141j:plain

2時間程でドライブウェイに出た。

 

f:id:single779:20210120161257j:plain

ドライブウェイから北に見える南東尾根に取り付く。そこそこ歩く。

 

f:id:single779:20210120161227j:plain

ドライブウェイはヘアピンカーブでくねっているので斜面を直登してショートカットする。下は登ってきた尾根。

 

f:id:single779:20210120161321j:plain

ドライブウェイは平坦だから楽勝かと思いきや、雪がふかふかなので地味にしんどい。

 

f:id:single779:20210120161333j:plain

南東尾根取付。先週歩いた時のトレースはすっかり消えている。

 

f:id:single779:20210120161402j:plain

急登。延々と急登。

 

f:id:single779:20210120161415j:plain

下を見ると、ドライブウェイに僕が歩いて来たトレースが続いているのが見える。自分が歩いたトレースが見えるとちょっと感動的。

 

f:id:single779:20210120161440j:plain

樹氷の回廊を抜け

 

f:id:single779:20210120161526j:plain

登りきった。

 

f:id:single779:20210120161545j:plain

前回の諦めポイント。快晴だと天国だけど、悪天候だと地獄。

 

f:id:single779:20210120161658j:plain

尾根登りきった。晴れているけど山頂付近は風が強い。

 

f:id:single779:20210120161714j:plain

4時間15分で山頂。山頂は登山者がちらほら。

 

f:id:single779:20210120161757j:plain

御在所方面。快晴。

 

f:id:single779:20210120161809j:plain

白山方面。白い。

 

f:id:single779:20210120161831j:plain

風が冷たいのですぐに下る。山頂付近はフラットだから悪天候だとルート取りが難しそう。前回は引き返して正解だった。

 

f:id:single779:20210120161904j:plain

尾根への降下ポイント。鳥居も埋もれてるのでホワイトアウトだと分からない。

 

f:id:single779:20210120161920j:plain

尾根へ下る。山頂付近はトレースが残っていたので歩いている人はそこそこ居る様。

 

f:id:single779:20210120161940j:plain

樹氷と御嶽。尾根に下ると穏やか。

 

f:id:single779:20210120161958j:plain

下方に登ってきた尾根が見える。

 

f:id:single779:20210120162110j:plain

辛かった急登も下りは楽だなぁ。

 

f:id:single779:20210120162133j:plain

ドライブウェイを少し北上して尾根へ下る。ドライブウェイ地味にしんどい。

 

f:id:single779:20210120162146j:plain

ドライブウェイから尾根に下るポイント。斜面側の鉄製防護柵はまだ見えてる。

 

f:id:single779:20210120162212j:plain

尾根はこれ位の斜度。登りはしんどい。代わりに下りは超楽ちん。膝下まで埋まろうが楽に下れる。

 

f:id:single779:20210120162236j:plain

杉林の北端付近を下る。杉林が予想外に厄介で踏み抜き酷い。シェルパンツに穴が空いた・・・

 

f:id:single779:20210120162246j:plain

マーキングが沢山有る所で沢へ下る。

 

f:id:single779:20210120162302j:plain

沢まで下って渡渉。

 

f:id:single779:20210120162313j:plain

さざれ石公園駐車場手前付近に出る。

 

f:id:single779:20210120162325j:plain

沢の対岸にマーキングが見える。

 

f:id:single779:20210120162335j:plain

帰ってきた。車が1台増えてる。


 ルート

伊吹山 笹又から伊吹山南東尾根の南の尾根

正式名称は知らない。地形図を見て思い立って歩いてみたけど、マーキングが有ったのでバリエーションルートなんだろう。比較的傾斜の緩い尾根で歩きやすい反面、緩やかな地形は尾根の形状が把握しにくくて視界が悪いとルート取りが難しそう。マーキングもトレースもアテには出来ない。眺望も良くない地味な尾根だけど、とても静かに歩ける。序盤の渡渉と尾根の取り付きが一番の難関。もっと良いポイントが有るのかもしれないけど、見た感じでは他は急峻でとても歩けそうな感じでは無かった。

南東尾根

正式名称は知らない。バリエーションルート。延々と急登で尾根を詰めていく。ドライブウェイに出るまでも、ドライブウェイから山頂までも地味な林の急登を延々と登るので楽しいルートではないし体力的にもハード。歩いている人は少なくトレースもアテに出来ずマーキングも乏しい。踏まれていないので相応のスノーギヤも必要になる。基本尾根沿いなので、登りは迷い難い。下りは幾つか間違えやすいポイントが有る。ドライブウェイから麓までの尾根は、尾根の北寄りを意識して下る。間違えると違う方向へ行く。

 

感想

前回伊吹山に南東尾根で登った際のログを見ていると、南東尾根の南にもっと緩やかな尾根が有る事に気付いた。南の尾根を登り詰めるとドライブウェイに出るので、ドライブウェイを経由して南東尾根に登る事も出来るし、山頂に行かなくても南東尾根で下る事も出来る。丁度休日のタイミングで好天に恵まれたので一度試してみる事にした。結果的には地味な尾根だったけど、静かなスノーハイクが満喫出来たのは良かった。

 

 

参考

singlesmile.hatenadiary.jp

singlesmile.hatenadiary.jp

 

マルハニチロの冷凍食品 WILDish でQOLを爆上げする

 

 

休日出勤するので買い物のついでに昼食を買いたいと奥さんに言うと、「レンジが有るなら冷凍チャーハンはどうか」と言う。器に移さなくても、パッケージのまま食べられるチャーハンが有ると。奥さんは弁当を作らないのか?とかそういう野暮な疑問は結構だ。愛妻弁当を否定する訳じゃないが、それが至上という意識はお互いを不幸にするからだ。

www.maruha-nichiro.co.jp

 

 

そう言われれば、先日娘がこの冷食を絶賛していた。休日の昼食に食べていたけど、手間いらずで美味いと。調理どころか皿に移すのも面倒とはどんだけズボラなんだよ、とその時は呆れていたけど、思えばこれは凄い事なのかもしれない。

最近休日出勤が多い。正月休みやGWの様な長期連休中の出勤は会社の食堂は休みになるので昼食は自前になるんだけど、週末も食堂は休みになるからいつもカップ麺(とお湯)と、おにぎりを用意していた。冷凍食品なら美味いし温かいし、しかもコンビニでおにぎり買うよりも安いし、冷食だから予め買って用意しておく事が出来る。パッケージのまま食べられるからスプーンさえ有れば他に準備する物も要らない。なにこれ凄い。まさに仕事の昼食にうってつけだ。

実際に食べて見ると、加熱時間は電子レンジで4分弱と比較的短め。カップ麺とほぼ同じ時間でとても都合が良い。パッケージは手で開けられるので、ハサミや包丁は必要無い。器となるビニールのパッケージは一見食べにくそうに見えるけど意外に食べやすくて、と言うのもチャーハンって平皿に盛ると残り少なくなった時に逃げてしまうんだよね。それがパッケージだと最後まで食べやすい。見た目はアレだけど、かなり機能的だった。器も味に影響する、という事はこんな僕でも実感している。だけど、これだけ機能に徹していると、感動的ですらある。カップヌードルはあんな器でも手軽で美味い。WILDishもビニールパッケージだけど手軽で美味い。機能を突き詰めた製品は良い。

 

コロナ渦の影響で生活スタイルや仕事環境、給料まで激変する世の中で不安になる。子供たちも大きくなり、これから独り立ちしていく頃で、この先穏やかに暮らしていけるだろうか?と心配になる。だけど、何をもって穏やかな生活なのか、幸せな生活なのか?と考えてみた時に、3度の飯が食えて、温かい風呂に入れて、暖かい布団で寝れる、という事なのかなと思った。その3点さえ満たされれば、後は何とかなる。

例え冷食でも、温かいご飯が食べられるという事は幸せだと思う。

 

 

伊吹山 笹又(さざれ石公園)から伊吹山南東尾根

 

 

※コースタイムや状況、使用道具類の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠けるものです。状況や感想も主観的です。参考にされる場合は充分に注意して下さい。

 

岐阜県も緊急事態宣言が出された。そんな中登山に出掛けるのもどうかと思うけれど、行先は地元の範疇である事、道中何処にも立ち寄らない、登山中も人に会わない、という点では問題無いと思われる。唯一問題になるのは遭難した際に救助隊や医療関係者に迷惑を掛けるという事なので、そこは細心の注意を払う。

 

2021年1月14日(木)曇り
伊吹山に笹又から伊吹山南東尾根から登る。山頂まで到達出来ず。

 

07:25 林道脇

07:30 さざれ石公園

09:30 ドライブウェイ出合

11:30 山頂直下

12:35 ドライブウェイ出合

13:15 さざれ石公園

13:20 林道脇

 

駐車場発〜駐車場着 6.6km 5時間55分(休憩含む)
駐車場標高:412m 最高点:1268m 標高差:m 累積標高登り:m
道中の飲料水 0.8L(お茶0.5L コーヒー0.3L)

着衣(上) 長袖シャツ シェルジャケット 中間着 マイクロフリース(未着用) ULダウン(未着用)
着衣(下) シェルパンツ タイツ
靴 ASOLO SHERPA GV 冬用ゲイター スノーシュー アイゼン
他 ヘルメット ストック ピッケル(未使用) ゴーグル(未使用) バラクラバ(未使用)

 

アクセス

国道417号線から県道32号、春日方面(西)へ。途中左折して県道257号、さざれ石公園方面へ。積雪期はさざれ石公園まで車では進めない。公園手前の貯水槽までは除雪されている。

 

ルート

f:id:single779:20210114182539j:plain

さざれ石公園辺りから尾根に取り付き、尾根沿いに登る。途中ドライブウェイを横断し、再び尾根を詰めて山頂まで。山頂付近で強風とホワイトアウトの為登頂は断念。

地図詳細とGPSのデータファイルはこちらを参照下さい。

カシミールから地形図を印刷する手順はこちら

 

 

f:id:single779:20210114181627j:plain

思ったよりも雪が少ない。平日のバリルートなので誰も居ない。準備して7時半頃スタート。

 

f:id:single779:20210114181637j:plain

程なくさざれ石公園。雪が少ないのでここまで車で入れそうだけど、トラ柵で止められていた。

 

f:id:single779:20210114181646j:plain

良く見ると、公園入口付近の対岸にピンクリボンのマーキングが有る。渡渉する。沢へ下るのも、渡るのも特に難しくなかった。

 

f:id:single779:20210114181658j:plain

渡渉後に尾根まで登るのが大変。かろうじてマーキングは有るけど、傾斜がキツくてどうやったってしんどい。

 

f:id:single779:20210114181721j:plain

尾根に出ても急登が続く。序盤はやけに沢山マーキングが有ったけど、途中から尾根を逸れて行った。冬はアテにならないので自力で登る。

 

f:id:single779:20210114181746j:plain

膝下まで埋まる様になってきたのでスノーシューを履く。

 

f:id:single779:20210114181817j:plain

山岳スノーシューの効果は抜群。こんな急斜面は登れない、という場面でも登って行ける。しんどい事には変わりないけど疲労感は全然違う。

 

f:id:single779:20210114181839j:plain

2時間ほど歩いてドライブウェイに出る。延々と急登でしんどい。既にやり切った感だけど、まだ行程の半分くらい。天気予報は晴れだったんだけどな。山寄りの空は暗く、上空の雲の流れが速い。

 

f:id:single779:20210114181857j:plain

登ってきた尾根にはマーキング見当たらない。帰る時、下る尾根を間違えない様に。

 

f:id:single779:20210114181919j:plain

開放的な冬のドライブウェイ。

 

f:id:single779:20210114181936j:plain

ドライブウェイの駐車場付近から再び尾根に取り付く。

 

f:id:single779:20210114181951j:plain

見るからに踏み抜きそうだよなぁ

 

f:id:single779:20210114182003j:plain

と思ってたらやっぱり踏み抜く。深い。1m位有る。

 

f:id:single779:20210114182036j:plain

延々と急登。

 

f:id:single779:20210114182150j:plain

ようやく登り詰めた。開けた。

 

f:id:single779:20210114182207j:plain

と思ったら強風のホワイトアウト。位置的に山頂直下の木々が無い痩せ尾根付近。

 

f:id:single779:20210114182224j:plain

振り返ると自分が歩いて来たトレースも見失いそう。このまま山頂まで行けば、帰りに降下するポイントとルートを見失いかねない。ここは引き際だろう。

 

f:id:single779:20210114182309j:plain

少し下ると嘘の様に穏やか。強風とホワイトアウトは山頂付近だけの様。麓は穏やかそうだ。

 

f:id:single779:20210114182329j:plain

ドライブウェイから尾根に下るポイント。斜面側に鉄製の防護柵が有る辺りだけど、雪で埋もれると分からないかも。

 

f:id:single779:20210114182345j:plain

ドライブウェイから尾根に下る。とてもルートが有る様には見えない急斜面。

 

f:id:single779:20210114182415j:plain

ルートは尾根沿いだけど、下る際は間違えやすい。ここは右寄り(南寄り)が開けているのでルートに見えるけど、実際は左寄り(北寄り)の杉林に入る。

 

f:id:single779:20210114182434j:plain

杉林の北端を下っていく。

 

f:id:single779:20210114182451j:plain

尾根から沢に下るポイントはマーキングが有る。

 

f:id:single779:20210114182505j:plain

沢まで下って渡渉。

 

f:id:single779:20210114182516j:plain

帰ってきた。



 ルート

伊吹山 笹又から伊吹山南東尾根

正式名称は知らない。バリエーションルート。延々と急登で尾根を詰めていく。地味な林の急登を延々と登るので楽しいルートではないし体力的にもハード。歩いている人は少なくトレースもアテに出来ずマーキングも乏しい。踏まれていないので相応のスノーギヤも必要になる。基本尾根沿いなので、登りは迷い難い。下りは幾つか間違えやすいポイントが有る。ドライブウェイから麓までの尾根は、尾根の北寄りを意識して下る。間違えると違う方向へ行く。

 

 

 

感想

平日に時間が出来たので雪山に行く。平日中日なのと緊急事態宣言中なので極度にハードな行程は避けたいけど、折角雪が降ったので思い切りラッセルしたい。ここ数日の降雪は北寄りで多く南寄りでは少なかった為、養老山系、鈴鹿山系では期待できない。平日中日なので遠方も厳しいので無難に伊吹山に登る。

例年は笹又から夏道方面の尾根を詰めて登るけど、あのルートは距離が長く体力的にハードなのと、雪崩や滑落の恐れもあるので伊吹山南東尾根から登る。南東尾根は延々と急登が続くので登りではあまり使いたくないけど、伊吹山の山頂はどうしても行かなければいけないものでもないだろう。結局は伊吹山も予想していたより雪が少なく想定していたよりも歩きやすい状態だったので体力的には大丈夫だったものの、視界不良と強風で登頂出来なかった。それでも、誰も歩いていない所を自力で踏んで切り開いて行くのは冬の醍醐味だ。大した距離ではないけどえげつない雪の急登を延々歩いて来たから、充分満足出来る内容だったと思う。

 

参考

singlesmile.hatenadiary.jp