シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

フレームザック MOUNTAIN PRODUCTS

 

 

 

フレームザック(中古品)を買いました。

フレームザックというのは、背負子の様な形状のフレーム(主にアルミ製)に収納部(ザック)を追加したバックパック。昭和の時代に一時期流行ったらしい。何故か画像が上手く上を向かない。

 

ザックとフレームは、ピン(アルミ製)とピンの抜け止めのリングで固定されている。ピンは3ヶ所×左右で6本。これでザックの荷重を支える事になる。

 

非常に簡素なショルダーストラップ(肩で背負うベルト部分)と、布切れ2枚のバックパネル。フレームは背中に直接フレームが当たらない様にやや湾曲した形状になっているちょっと凝った作り。

 

エストベルト(ヒップベルト)はただのベルト。登山用の大型ザックは骨盤で荷重を受けられる様に、ウエストベルトは厚手のクッションが付いたしっかりとした物になっている。収納力は高そうだけど、こんなベルトで重荷を背負えるの?

 

フレーム下部は追加の荷物をくくり付けられる様にフレームが出っ張っている。使わない時は畳んで収納出来る様になっている。ちょっと機能的。

 

フレーム下端が切りっ放し。鋭利でちょっと危ない。数十kgの荷を積んでドスンと足に落としたら穴が空くよ。

 

ザック部分。MOUNTAIN PRODUCTSというロゴが付いている。MOUNTAIN PRODUCTS自体は今でも存在しているけど、フレームザックは見当たらない。調べても情報は全く出て来ない。とうの昔に廃番になったみたい。

 

大きな雨蓋を開けると、上にメインの収納部、前面にポケット、下にも収納部が有る。主に二気室構造。左右に2個づつ小柄な収納ポケットがついている。ザック部分だけ見るとキスリングに似ている。相当年季が入った品物らしく、触っていると手が真っ黒になる。

 

掃除する為に分解する。固定ピン6本を外すと、フレームとザックが分離される。

 

バックパネルは紐で固定されているだけなので、これも外す。

 

エストベルトもピン固定なので外し、鋭利なフレーム先端はホームセンターで買ったキャップをつけておく。

 

ザックを洗って組み立てた。サイズ感はこんな感じ。思ってたよりデカい。

 

側面。腰で背負えない分、もう少しショルダーストラップを詰めて身体に寄せた方が良さそう。

 

これに荷を満載したら、僕ではまともに背負えない。ウエストベルトに、車のシートベルトパッドを追加すればある程度は荷重を受けられるかもしれない。が、僕の腰回りが細過ぎて、ベルトのバックルが身体の真ん中ではなくかなり横に寄ってしまう。

ちなみに重量は実測で1.6kg。めちゃくちゃ軽い。当時はかなり高価な物だったのかもしれない。

 

 

何故フレームザック?

背負子が有ったら便利かな?と思っていた。例えばMTBを背負って山を登って、MTBダウンヒルするとか。ただ、背負子は沢山荷物を運べる反面、重い荷物は運べないと思った。普通の背負子はウエストルトは荷の振れ止め程度の物で、大容量の登山ザックの様に腰で支える事は考慮されていないからだ。以前80Lの登山用ザックに20kg程の荷物を入れて背負った事があるけれど、しっかりとした登山用ザックですら僕には20kgが限界だった。ウエストベルトに頼れない背負子では、多分僕では20kgは背負えない。

なので、面白そうだけど(僕には)実用的ではないので買うもんじゃないと思っていたんだけど、通勤用のザック(作業着を入れて持ち運ぶ為の)を探している時に格安の中古品を見掛けてしまった。1,500円。送料含めて3,000円。これ、良いんじゃない。なんなら通勤用でも良いんじゃない?と思って買ってみた。

実際には、通勤用にしてはデカ過ぎた。そして、貧弱過ぎるウエストベルトでやっぱり重い荷物は背負えない(僕には)。設計思想が昭和の時代で、これはキスリングに拡張機能を持たせた様な物だ。今と違って何もかもがかさ張る物ばかりだったから、長期泊の山行には適していたのかもしれない。登山に限らず、バックパッカーには良いかもしれないが、今使うなら普通に大容量の登山用ザックの方が遥かに快適だろう。

MTBを担いで登る時には良いかもしれないけど、やっぱり重い荷重には適していないのと、下る時はこのフレームザックを背負った状態でダウンヒルする事になる。大柄なフレームが木の枝にでも引っ掛かれば転倒するかもしれないし、アルミフレームを背負った状態で思い切り転べば余計に怪我をするかもしれない。なので、これは素晴らしい製品だ、とは言い難い。日帰り登山で適当に使ってみても良いけど、日帰りで使うには大柄過ぎて何のメリットも見出せない。デイキャンプする時にキャリーカー代わりに荷物を運んだりするには良いかもしれない。かさ張るけど軽い物を大量に運ぶとか、重いけど短時間短距離とかなら実用的かも。

面白い製品だし、例えば災害時などでも役には立ちそうだけど、今の所適した使い方が思いつかない。今更だけど、何で買ったんだろう? ただ、普通のザックには入れられない様な物を運ぶ事が出来る。拡張性は有る。工夫次第では無限の可能性は有る。つまり、これは夢とロマンを運ぶザックだ。

 

ちなみに、モンベルの店頭でロガーキャリアを見掛けてカッコイイなぁと思っていた。モンベルの製品はかなりしっかりとしたウエストベルトが備わっているので、重い荷重にも耐えられそうだ。林業で使っている人のレビューが有るし実際に使えるだけの性能は有りそうだけど、価格は2万円を超えるので夢とロマンを運ぶ前に現実を見ることになる。

www.deki-sugi.com

 

フレームザックを愛用している人も居るには居るけど、「大型ザックの代替品として使うならやめとけ」と書かれている。僕もそう思う。まともなフレームザックを買おうとすると、新品の大型登山用ザックが買える位の金額するからだ。ただ、格安で手に入るなら、何か面白い事が出来るかもしれない。猫を入れるとか。

agec.me

www.goodspress.jp

SPECIALIZED VENGE EXPERT(2012) タイヤ交換

 

 

ロードバイクのタイヤを交換する。

 車両はSPECIALIZEDのVENGE EXPERT(2012モデル)で、今まで使っていたタイヤはフロントがContinentalのUltraSports2、リヤはパナレーサーのクローザープラスで去年の6月にリヤだけ交換した物だ。今回使うのは、ミシュランのダイナミックスポーツ。ミシュランロードバイク用タイヤの中では最も廉価なモデルになる。

fukaya-nagoya.co.jp

 

 

去年交換したパナレーサーのタイヤにひび割れが出てきた。画像では分からないのは、パンクして空気が抜けているから。タイヤを交換しようと思ったらパンクしてた。

 

フロントは2019年8月に交換した物で、3年ほど使っている。長く持っているけどサイドに傷が入っているのでこの際だから一緒に交換する。

 

3年使ってもさして減ってない。最近乗ってないし。

 

パンクしたリヤのチューブ。穴が空いている。

 

前回悩んだパンクの原因(リムバンドのずれ)ではなさそう。真夏のガレージで高温になったから?

 

新しいタイヤ。パナレーサーと悩んだんだけど、違うタイヤを試してみる。ロードバイク用にしては安いタイヤで、1本2千円ちょっと。高いタイヤは7~8千円位するので1/4の値段。

 

競技向けじゃないせいか、タイヤレバーを使わなくても素手で組めた(笑)。こんなに緩くて良いのか? ミシュランのラインナップ上最も廉価なタイヤだけど、全く溝が無いスリックタイヤ。ローテーション(タイヤの回転方向)も無い。

 

フロントも交換した。自転車のタイヤ交換、めちゃくちゃ楽だな。バイクのタイヤ交換が結構な力仕事だから、余計に楽に感じる。

 

装飾が無いシンプルなタイヤで、安い割にはかっこいい。乗った感じはまた後日。

 

良いタイヤも試してみたいんだけど、ロードバイク用の良いタイヤってびっくりする様な値段する。こんなペナペナなタイヤなのに。最近あんまり乗れてないし、良いタイヤを履いた所で僕の脚力は知れているし、とりあえず走れればいいか、と安くて見栄えの良いタイヤを選定した。

会社にガチでトライアストンをやっている人が居て話す機会が有った。僕はいつもタイヤの空気圧は8気圧位にしているんだけど、高過ぎじゃないか?と言われた。あれ?ロードバイクって8気圧が標準じゃなかったっけ?ミシュランのタイヤのパッケージに適正空気圧が書いて有ったけど、体重70kgの場合は7.5気圧位。使用するタイヤサイズでも変わるので一概には言えない。

パンクの原因だけど、高温になる場所に置いておく時は空気を抜いていると言っていた。ネット上では毎回空気は抜かなくても良い、逆に減圧加圧を繰り返すのは良くない、という様な事が書かれていたので走行後空気は抜いていなかったんだけど、それも状況によりけりなんだろう。真夏のガレージ保管はある程度抜いておいた方が良いかもしれない。

あと、「高いタイヤを履くと変わる?」って尋ねたら、「変わらない」と言っていた。「タイヤを替えただけでアベレージ32km/hが34km/hにはならない」と言っていたけど、そもそもアベレージ32km/hなのが異常だし(僕は23~25km/h位)、競技に出ている事から使用しているタイヤが既に良いタイヤなんじゃないかと思う。なので「本当に廉価なタイヤ」と「本当に高価なタイヤ」を比べたら、それなりの違いは有るかもしれない。

昇進

 

 

9月から係長に昇進したので、備忘録として思うことを記しておく。

2022年1月に今の会社に入社して、9ヶ月で主任を飛び越えて係長に昇進するのは能力を買われているから、ではあるだろうけど、実は入社してからの給料は係長待遇だったらしい。即戦力としての人材を確保したいという意向が有っての事だけど、実際に働いてみない事には使えるヤツかどうか分からない。という事でこの9ヶ月はお試し期間だったんだろう。晴れて「相応の能力が有る」と判断された。前の会社では課長まで任され、今の会社でも昇進出来るのだから、客観的に見てそれなりの能力が有ると判断しても良いかもしれない。年功序列と、零細寄りの中小企業レベルを加味する必要はあるけど。

ただ、僕はどちらかといえばマネジメントよりも現場仕事の方が好きだし向いているので、正直あんまり昇進したいとは思わない。役職が上がれば面倒な仕事や、他部署や取引業者との煩雑なやり取りが増えるし、メンバーのフォローもしなければならず自分のペースで作業が出来ないからだ。係長というのも中途半端な立場で、権限はほとんど無いのに雑多な仕事は増える。まぁちょっと頑張っているから上げておくか、という様な立ち位置だ。

とはいえ、職場のメンバーには肩書が無い人も居れば肩書は有るけど係長以下になってしまう人も居るので、入社したてのおっさんがいきなり昇進するのはあんまり良い気がしないんじゃないかと思った。ただ聞くところによれば、僕の昇進に対してネガティブな意見は聞かないそうだ。腹の中ではどう思っているか分からないけれど。

入社以来、やれる事はやってきた。周りを納得させるのは、圧倒的なスキルと人間性だ。難易度の高い作業や面倒臭い作業をこなしつつ、周囲に対してマウントと取ったり貶めたりせずに上手く馴染む必要がある。ただ、僕は入社する際に周囲に自分のスキルを見せつけるのではなく、逆に圧倒的なスキルを見せつけられたいと思っていた。技術や知識を持っている人と一緒に仕事をすれば、自分がより早く成長出来る。今まで実際に凄い人と一緒に仕事をして、様々な気付きを得られた。その目論見は半分当たって、半分外れた。

今の職場は、凄い知識を持っている人だけど面倒くさがりで作業が進まなかったり、経験は有るけどその経験を他のメンバーと共有出来なかったり、コミュニケーション能力や他人に作業を押し付ける能力は非常に高いけど自分の作業はなかなか進まない人とか、個性的な人達ばかりだ。課長は「またアイツは・・・」といつもボヤいていて、いつも僕に愚痴をこぼしている。当初僕も「何だ?このポンコツな人材は?」と思っていたけど、一緒に仕事をするうちにその人達のいろんな一面を見て、まぁ色々難が有るけど苦手な部分はお互いに他の人が補えば割と良いんじゃないか、と思えてきた。僕も含めて完璧な人などそうそう居ないし、そもそもが技術職なんて偏屈な上に妙な拘りが有る人達ばかりなので、そういう点ではとても仕事がしやすい人達だ。

50過ぎても誰かに教えてもらおう、育ててもらおう、なんて考えは甘過ぎるんだと今更ながらに思った。だけど、そういう姿勢って逆に「高圧的な態度を取らない」「知識や技術でマウントを取らない」という見方も出来て、僕がすんなり受け入れられたのはそういう面が有ったからなのかもしれない。

既に一人で勤務したり一人で作業したりする事が多くなって、自分の采配で作業出来る事が多くなって仕事が楽しくなってきた。元々一人が好きなので、マイペースに仕事が出来るのはストレスが無くて良い。ただ、基本1人作業なので手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けてしまう。理解出来る範疇、先が見通せる作業をしていても今以上成長する事は難しい。理解出来なくて頭を抱える様な仕事が来た時こそ成長するチャンスだけど、毎度毎度そんな作業ばかりでは参ってしまうので、時々そういう仕事に当たると良いなと思ってる。