シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

わらしべ長者 HONDA CT110 ハンターカブ

 

会社で昼ご飯を食べていると、おじさんが「ことけけさん、良い物あげるよ」と話しかけてきた。ホンダのハンターカブをくれると言う。え?タダで?良いんですか?って聞くと、故障してエンジン掛からなくなったから新しいバイクを買ったと言う。で、処分するのも面倒だからあげる、と。どうも点火系のトラブルみたいで直せない事は無いみたい。

ハンターカブって言うのは普通の人には只の「古臭い変なカブ」にしか見えない本当に変なカブなんだけど、車で言うところの古いジムニーとか軽トラみたいなバイク。ライディングを楽しむというより作業用に近い物で、排気量を上げて未舗装の荒れ地を走れる様にサスペンションやマフラー等を変更したカブ。一部のマニアにはウケたんだけど一部にしかウケなかったので国内販売された車両は少なく、逆輸入車がメイン。とうに製造中止になった今でも人気は有るみたいなんだけど、性能をダート寄りに振ったとはいえ所詮走破性はカブでしかなくてオフロードバイクやトライアルバイクには遠く及ばず、カブと同じ遠心クラッチでは微妙な操作も出来ず、だから僕は自分で購入してまで乗りたいとは思わない。

結局、タダでは申し訳ないので税金とか自賠責の残り分で3千円払って貰ってきた。今持っているスーパーカブよりはパワー的に楽だろう程度の希望で。ハンターカブは110ccのエンジンだからパワー的には多少余裕が出来る。車体は見た目普通のカブと変わらないけど、一応エンジンのパワーアップに伴い構造を変更している。はず。一般的なスーパーカブのネックは非力で速度が出ないという点で、原付2種でも幹線道路は走りたくない。80km/h位で巡行出来れば楽なんだけど。ハンターカブなら80km/hは無理としても、75ccカブよりはマシなんじゃないか。

さして期待もしていなかったハンターカブなんだけど、修理するにあたりネットで情報を探してみると、なんじゃこれ。中古車で25~30万円もするやんけ。何でこんなバイクがそんなに高いんだ?30万出すならスコルパのTYS125が欲しいなぁ。ん?ハンターカブを綺麗に直して売り払うか?でも、カブはトライアルバイクと違ってリヤフェンダーがプレス鋼板製だからタンデムとか荷物積んだりとか出来るので、足に使うには便利なんだけどね。

てな訳でどういう訳か僕の元に転がり込んできたハンターカブ。また修理するのかと思うと少しうんざりするものの、少し楽しみだったりもする。

 

f:id:single779:20170403222649j:plain

奥さんから「何?その郵便配達みたいなバイクは?」と言われた。まぁ興味が無い人から見たら変な郵便カブにしか見えないわな。

前オーナーがリヤボックスを外す為にキャリアを外した状態。サービスマニュアルもパーツリストも無く、電装は6V、CDIが壊れてるっぽいという事でしばらくは悩みそう。なるほど、「面倒くさいからあげる」という意味が分かる。ことけけにあげれば、登録も修理も整備も自分で何とかするから、後々面倒な事にはならないっていう事なんだろう。まぁタダ同然で貰えるんだから良いんだけど。

 

f:id:single779:20170404212113j:plain

走行距離は1万7千km。通勤に使っていたので汚れは有るものの、ガレージ(納屋)保管だから磨けば綺麗になりそうだし、構造がシンプルだから手入れはしやすい。メーターの文字盤には4速の守備範囲は90km/hまでと書かれている。ほんとかよ。コレで90km/hも出るんかいな?

 

 

 

子離れ

 

 

 

週末、子供がネットカフェでオンラインゲームがやりたいというので、子供二人連れてネットカフェに5時間くらい籠ってきた。2人で黙々とやってたから楽しいのかつまんないのか良く分からなかったけど、また行きたいと言うんだから楽しかったんだろう。

月曜日は急に仕事が休みになったので、家族で高山まで出かけてきた。途中で食事したり、雪が有る!寒い!雨やんけ!って言いながら散策したりしてきた。家族揃って遠くでに出掛けるのは久しぶりかもしれない。

子供ももう大きくなって、これからはバイトとか友達と遊んだりとか、家族揃って出掛ける事も少なくなっていくんだろうな、と一抹の寂しさを感じた。何だろう、この気持ちは。失恋とは違う虚無感。だけど子供が成長して自立していくのは喜ばしい事だし、そうしていかなければいけないんだ。だから、今のこの時間を楽しく過ごせたら良いと思った。家族で過ごした楽しい時間を、僕の胸に。子供の胸に。

 

 

 

アクセルとブレーキを踏み間違えました(>_<)

 

 

 

先日ネットで(Twitterまとめか何かだったけど元記事を見失った)、身内が車のアクセルとブレーキを踏み間違えたけどその理由が分かった的な事が書かれていた。それは、「ブレーキペダルに足を移したつもりだけど、実際にはまだアクセルペダルに足が載っている」という事らしい。何もない地面で躓いたり、ちょっとした段差で躓いたりする様な人は注意が必要だ、と。それはとても腑に落ちる内容だった。何でアクセルとブレーキを踏み間違えるんだ?って理解出来なかったんだけど、それは意識に身体がついてこれないからなんだ。

 で、僕も会社のフォークリフトを運転している時に、正に「それ」をやらかしてしまった。停車させる為にじわじわと前進させて、「さぁここで停止」っていう時に何故か加速する!(>_<)  おおぉ!?ブレーキ踏んでるのに何故加速!?って更に加速!(>_<) 前方に大した物が無かったから良かったものの、人とか製品とか機械とか有ったら大事になってた。あぁなるほど。大半の踏み間違いは駐車場で起きているという理由がよく分かった。

酷くショックだった。まさか自分が踏み間違えるなんて。MTの車両で繊細な運転をする際は、クラッチを使う。アクセルを僅かに踏みながら、半クラッチで微妙な操作をする。クラッチを踏み切ってしまえば停まるし、それと同時にブレーキも踏む。だから踏み間違えないし、踏み間違えても加速する事は無い。

だけど最近のフォークリフトはATが多い。更に比較的小型の物は環境問題やコストの問題等からバッテリー駆動(電動)のフォークリフトが主流になりつつある。そうなるともうMT(マニュアル・トランスミッション)にする意味が無いというか、逆にMTの方がコスト高になってしまう。「踏み間違い防止の為にMTにしろ」というのは、一般的な自動車だけでなく産業用機械に対しても非現実的だ。

ATのフォークリフトの場合、ペダルが3つ有る事が多い。右側がアクセルペダル、真ん中がブレーキ、左もブレーキ。つまり真ん中と左のペダルは同じ役目をする。それはMTで言う「クラッチを切る」動作で停止させようとしているのかもしれない、って今思った。だけど、クラッチを切る感覚でブレーキを踏んだら急ブレーキ過ぎて、荷物を落としたり車両の姿勢を崩したりしかねない。左のペダルは「駆動を切る」という役目にしてくれると良いのに。そうすると、ATでありながらMT的な動作もさせられて完璧なのに。まぁコストと需要の問題なんだろうね。

ともあれ、「踏み間違い」はお年寄りだけの問題ではないし、他人事でもないって痛感させられた。100m走で足がもつれたり、敷居で足の指ぶつけたりする人も気を付けた方が良い。

そして、車はMTにすると良いよ。

 

ハードシェルパンツ モンベル アルパインパンツ

 

 

 

雪山に登るなら必須とも言えるシェルパンツですが、今頃になってようやく手に入れた。シェルパンツというのは雪山を登るのに必要な機能を備えた高機能なパンツ(ズボン)の事で、防水性能、透湿性能、ベンチレーションの機能が備わっていて、高強度な素材で作られている。雪山を歩くために必要な要素と言うのは幾つか有って、雪や雨に曝されても濡れない防水性能と、冷たい風を通さない防風性能、雪山を歩くのはかなりの運動量になるから発汗による蒸れを防ぐ透湿性能と、それでも追いつかない場合のベンチレーション、氷や岩、ピッケルやアイゼンに触れても容易に破れないだけの丈夫さなど。要は丈夫なカッパみたいな物なんだけど、もっと雪山に特化したパンツで、でもなんて事ないナイロンの地味なパンツなのに数万円するからなかなか手が出なかった。今まではスポーツショップで買った普通のトレッキングパンツと、必要に応じてカッパをプラスして歩いていたんだけど、重登山靴やアイゼンを履いた状態ではズボンは穿いたり脱いだりする事が出来なくて調整が出来ず上着に比べるとかなり厄介。最初はジャケットの方に目が行きがちだけど、途中での重ね着が困難な分、実際に歩くにはパンツの方が重要度が高い。ハイキングレベルならともかく、ある程度のレベル以上の雪山に登るならシェルパンツは必須だと思った。

 

 

 買ったのはモンベルアルパインパンツ。

webshop.montbell.jp

webショップの画像を見るとすっきりシャープな印象に見えるけど、実物はこの上なく野暮ったい。野暮ったいくせに定価は28800円(税別)もする。3万も出してこんな野暮ったいズボン買うかって思う物の、でも海外メーカーの製品はもっと高い。そんなモンベルのパンツがネットで半額で出ていた。30分ほど着ただけのほぼ新古品。半額なら我慢出来るか。

f:id:single779:20170326150432j:plain

何だこの野暮ったい寸胴なパンツは。L-Sサイズ(ウエストはLサイズで裾がやや短い)だから余計に野暮ったく見える。海外メーカー製はもっとスリムで格好いいんだけど。近くのアウトレットで以前MILLETのシェルパンツが売っていて格好良かったんだけどいかんせん高い。モンベルのアウトレット品でも2万円くらい。普通のLサイズが欲しかったけど、冬靴は高さが有るしゲイターを併用するからL-Sでも使えなくはないと思う。僕が穿くとウエストは目一杯詰めて丁度で、裾は今まで穿いていたトレッキングパンツと変わらない長さ。通常のLサイズだと裾は長めかもしれない。保温材は無いのでパンツ(下着)の上に直にシェルパンツを穿く訳にいかないけど、余り保温効果が高い物だと暑いし、下に穿く物も考え物。

 

f:id:single779:20170326150434j:plain

お尻側。お尻部分も生地は切り分けでもない一枚布で素っ気ない。無駄にごちゃごちゃやらない方が防水性や重量の面では有利なのかもしれないけど、元々ごわごわした素材だから着心地は悪そう。ただ丈夫なので、岩や氷、ピッケルやアイゼンで引っ掛けたり、滑落して氷雪の上を転げ落ちても簡単には破れなさそうなのは安心感が有る。防水だから雪の上に座っても濡れないのは良いかも。

 

f:id:single779:20170326150433j:plain

シェルパンツ特有のベンチレーション。裾から腰まで全てファスナーで開閉出来る。カッパとの大きな相違点で、とかく運動量が多い雪山ではこのベンチレーションの有無は大きい。裾に仕込まれたインナースパッツもマジックテープで開ける。裾側は冬用ゲイターを着けるから開く事は無いだろうけど、脱がなければいけない時は便利かも。

 

メーカーも3000mを越える冬山での使用を想定しているし、機能性優先のモンベルが3万円近い値段で売っているパンツだから性能的には充分過ぎる物だと思う。3万円なら買わないけど、半額なら欲しい。わざわざ記事にする程珍しくもないし紹介する程の特別な機能も無いんだけど、雪山歩くなら便利だよと。モンベルはデザインが野暮ったくて山登りしている人達からは何かと不評なんだけど、外観気にしないなら機能は良いと思う。ユニクロとかワークマンとかノーブランドとか着て歩いている身としては、モンベルはトッププランドと言って過言ではないし、僕は別に人目も気にならないというか、そもそも周りに人が居なかったりするし。

実際に使ってみて追記するかもしれないけど、そろそろシーズンも終わりですね。

 

 

 

 

 

セラピー

 

 

 

ここ最近仕事が忙しくて、その上失敗も重なって上司から叱責されてかなり憂鬱なのです。失敗すれば叱責されて当然なのですが、感情的に言われるとこちらの意見や釈明を言う事すらできず、言えば怒られ、言わなければ怒られ、相談しろと言われても感情的な論調では相談も出来ず、負のスパイラル状態なのです。後になって冷静に考えてみると、あの失敗って本当に僕の失敗なんだろうか?とか。僕は考え込むタイプではあるけど意識的に自分を能天気だと思い込ませて一晩寝れば大抵の事はやり過ごす事が出来るんだけど、さすがに陰鬱な気分が抜けなくなってきた。今まで鬱とか休職とか僕は無縁だと思ってたけど、これはいよいよヤバい。ヤラれてしまう前に全部投げ出して休職してしまおうか。今年子供が2人進学するんだけど、完全にヤラれて立ち直れなくなってしまうのも困るし。

そんな折、こんな記事を見かけた。

www.lindalindapanda.com

自己啓発とかセラピーとかそういう手の書籍は僕は興味なかったんだけど、今の僕の現状とブログを書いた人の心情が一致するものだから、ちょっと読んでみようかと思った。

理論的な話をするのは全然構わないんだよ。例えそれが否定的な意見であったとしても。でも感情的な会話は苦手なんだ。仕事をする上ではいろんな人と関わらなきゃいけなんだから仕方が無い事なんだけど。こうやって冷静に考えられているから、多分まだ大丈夫なんだろうけど。

 

 

 

予備軍

 

 

 

先日山系のまとめサイトに、積雪期に日帰りで登れるお勧めの山とかいう内容が有って覗いていたら、やっぱりアレコレ言われるんだよね。「自分で判断して登るしかない」という肯定的な意見を言う人も居れば、「こんな所で聞く様なレベルなら遭難予備軍だ」と言う人まで。山登りする人でさえそう言うんだよ。山登らない人から見れば冬に山に登ろうなんて正気の沙汰とは思えないだろう。遭難のニュースが流れる度に「バカ」呼ばわりされる。翻って自分を省みた時、やっぱり「遭難予備軍」と言われても仕方が無いんだろうと思う。

単独で、しかも雪山に登るんだから、自分なりに色々考える。この山のこのルートは自分のレベルで行けるのか行けないのか。天候はどうなのか。装備と技術は充分なのか。アクシデントの際はどうするのか。ベテランでも遭難るす時は遭難するし、ビギナーで無茶しても遭難しないケースだって有るし、僕があれこれ考えた所で失敗する時は失敗するんだろう。じゃあ何をもってOKとしたら良いんだろう。

それはやっぱり自分で判断するしかないんだと思う。絶対安全と言い切れない行為は、誰も保証も責任も取ってはくれない。絶対安全な行為だから面白いかといえばそうでもない。他人のトレースを辿り、他人のステップを踏んで登っても満足感も達成感も得られない。危ない領域に足を突っ込んでいる事は自覚しなきゃいけないし、滑落したり遭難したりする事も他人事とは思っていない。僕は毎回家を出る前に、山岳保険の証券と会社の電話番号を机の上に出して出掛ける。誰かに助けてもらいたいからじゃなくて、なるべく迷惑を最小限に抑えたいからだ。

YouTubeで動画を見てると、世界にはバカがあふれてる。日本でやったら通報されるかバカ呼ばわりされて終わりみたいな事があふれてる。規律正しくて思慮深いというのは日本の美徳かもしれない。でも、趣味はムダでバカな事をやるから面白いんだと思う。バイク乗るのはバカ。自転車でダウンヒルするのもバカ。雪山登るなんて愚の骨頂。そうやって安全安心にどっぷり浸かって守ろうとしている物は何で、その先に何が得られるんだろう。

理解して欲しいとは思わない。独りで勝手にやるから。遭難はしたくない。でも結果が分かり切った行為もつまらない。そんな相反する事を思い悩みながら、次の目的地を考えてる。

 

 

 

御嶽山 濁河温泉から

 

 

 

※コースタイムや状況、使用道具類の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠けるものです。状況や感想も主観的です。参考にされる場合は充分に注意して下さい。

 

2017年3月19日(日)曇りのち晴れ
御嶽山濁河温泉から登る

 

 

06:10 濁河温泉登山口 無風 -5℃

07:15 湯の花峠 無風 -8℃

08:50 森林限界 -10℃

09:30 飛騨乗越 強風

11:10 湯の花峠 無風 -5℃

11:50 濁河温泉登山口 無風 0℃

 

 

 

 

駐車場発〜駐車場着 7.7km 5時間30分(休憩含む)
駐車場標高:1795m 最高点:2806m 標高差:1011m 累積標高登り:m
道中の飲料水 0.7L(お茶0.5L コーヒー0.2L)
着衣(上) 長袖シャツ ソフトシェル ウインドブレーカー(未着用) フリース(未着用) ダウン(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン(中厚) カッパ
靴 ASOLO シェルパGV アイゼン スノーシュー 
他 サングラス グローブ ストック ヘルメット ピッケル×2

 

 

急きょ山に行ける事になった。市街地ではもうスタッドレスタイヤは要らない。タイヤを交換する前に、次は御嶽に登りたいと思ってた。この時期3千m級の山にチャレンジするのは危なっかしいけど、天気予報は悪くない。行くなら今しかない。

 

 

アクセス

岐阜・名古屋方面からだと、国道41号を北上。下呂を過ぎて県道437号へ。県道437号へは左折ではなく、国道41号から左へ下って国道下を通る。濁河温泉御嶽山の大きな標識が有る。県道437号から県道441号へ入るけど道なりに直進する形になる。道中は「濁河温泉まで○○km」という標識が2kmおきに出てくるので迷う事は無いと思う。県道の舗装状態はかなり良いけど、今の時期だと鈴蘭高原を過ぎると圧雪の1.5車線のやや狭い林道を延々と走る事になる。

 

ルート

f:id:single779:20170319192148j:plain

今回のルート。山旅ロガーでログを取り、カシミールで表示させています。

濁河温泉の登山口を起点に御嶽に登る。基本夏道と同じ。森林限界を超えると凍った雪の斜面。出来れば摩利支天まで行けたら良いなと思っていたけど、強風の為飛騨山頂、継子岳すら行けなかった。

地図詳細とGPSのデータファイルはこちらを参照下さい。

カシミールから地形図を印刷する手順はこちら

 

 

f:id:single779:20170319192132j:plain

とりあえずFF+スタッドレスでも登山口までたどり着けた。登山口はまだ雪に埋もれている。AM4時過ぎに着いて仮眠する。登山者の車は僕の他に2台。1人は5時半頃出発して行った。もう1人は条件悪いから今日はやめるとの事。せっかくここまで来て、とは思うものの、それも賢明な判断。

 

f:id:single779:20170319192133j:plain

登山口すぐの橋。橋も雪で埋もれてる。天気予報晴れなんだけど、山はガスってる。時折雪がちらつく。スタート地点が既に低山の山頂並みだから、条件悪いとキツい。

 

f:id:single779:20170319192134j:plain

仙人滝。天然の氷瀑。滝方面にトレースがついていたから、アイスクライミングやる人も居るんだろう。

 

 

f:id:single779:20170319192135j:plain

仙人橋。

 

f:id:single779:20170319192136j:plain

かなりしっかりしたトレースがついてる。雪は締まって踏み抜く事も無い。序盤はルートが分かりにくいから有難い。スノーシュー要らなかったな・・・。

 

f:id:single779:20170319192137j:plain

湯の花峠。何も見えない。気温が低い。少し休憩すると身体が冷える。汗をかかない様にしないと。

 

f:id:single779:20170319192138j:plain

森林限界を超える。林を抜けた所で、先にスタートしていたソロの男性に会った。なんでも、毎週名古屋から来て、トレースを踏んでるとの事。だからこんなにしっかりしたトレースがついてるんだ。昨日(土曜日)も来てスノーシューで踏んできたそう。森林限界から先も昨日トレースを付けてきたけど、この視界の悪さでどうしようかと。滑落したら救助の電話お願いしますね、と冗談を言いつつ行けるところまで行ってみようという事に。ソロの男性が準備している間に先行させてもらう。

 

f:id:single779:20170319192139j:plain

マジかよ。トレース全くわからん。ソロの男性が登ってくるのが見えたけど、その後ガスって見えなくなった。

 

f:id:single779:20170319192140j:plain

気を遣う氷の斜面。でも大丈夫。伊吹山のバリ程じゃない。登れるけど、視界の悪さと風が問題。

 

f:id:single779:20170319192141j:plain

斜面登り切った。乗越。強風で顔が痛い。吹き溜まりに身を潜めてバラクラバを被る。バラクラバ買っといて良かった。ガスの切れ間に瞬間的に継子岳が見えた。継子岳くらいは行っておくか、と思ったけど、強風、低温、視界の悪さでとっとと下る。

 

f:id:single779:20170319192142j:plain

ガスって視界がきかない。下る方向を見定めながら慎重に下っていると、ソロの男性とすれ違った。「ソロの男性とすれ違いましたか?」って尋ねると、すれ違ったと言う。一緒に登った人は途中で引き返したみたいだ。滑落じゃなくて一安心。

 

f:id:single779:20170319192143j:plain

森林限界の際まで下ると穏やかなので、ピッケル片付けながら小休憩する。と、晴れてきたやんけ。どうしよう、もう一度登る?時刻はまだ10時半、登るのに1時間はかからないだろうから充分帰ってこれる。体力的にもまだ余裕が有る。

 

f:id:single779:20170319192144j:plain

ガスの合間に晴れ間が覗く感じなのと、強風に変わりはないだろうから続きはまた今度にして下る。途中、数人の登山者とすれ違った。積雪期でも登る人はそこそこ居るみたいだ。

 

f:id:single779:20170319192145j:plain

スタート早過ぎたな。

 

f:id:single779:20170319192146j:plain

無事に帰ってきた。

 

f:id:single779:20170319192147j:plain

濁河温泉までの林道はこんな感じ。SEGA RALLYみたいで面白いけど、ゲームじゃないからクラッシュするとシャレにならないよ。

 

 

【ルート】

御嶽山 濁河温泉から

スタート地点が既に1800近いから、標高差はそれ程高くない。森林限界を超えるまでは天候の影響も受けにくく割と穏やかに歩けるし、急登も無い。標高は高いので息切れしやすく気温も低いけど、条件さえ良ければスノーハイクレベルな印象だけど、登山口までのアクセスが悪いから登山者はそれほど多くない。森林限界を超えてからは氷の斜面。岩がごつごつと飛び出していたりするので、滑落するとかなり危険。森林限界超えは風でトレースが消えてしまうので、他人のトレースはアテに出来ない。

いずれも「条件が良ければ」で、条件が悪い中では呆気なく遭難しそうな環境だし、天候の急変も有り得る。吹雪になればトレースも簡単に見失う。積雪期に登ろうなんて思う人はそれなりの経験者だろうけど、どれ位の装備で、どれ位の体力で、どれ位の技術が有れば、どの程度の条件まで対応できるのか?なんてのは人それぞれ違うので自己判断するしかないと思う。

 

 

【感想】

森林限界を超えるまでは能郷白山よりも遥かに楽だし、森林限界を超えてからも伊吹山のバリエーションより遥かに楽だった。ただ、それは条件が良かったからに他ならない。調子に乗っていると呆気なく遭難する過酷な環境にあるのは違いないし、今日登れたから次も登れるとは限らない。

風が一番の懸念だった。気温の低さも氷の斜面もしのぐ事は出来ると思ってたけど、標高2800mでの強風は厳しい。寒くは無かったけど、散策する為に長時間滞在するのは無理そうだったのと、視界の悪さで留まる意味も無かった。摩利支天乗越くらいまで行けたら良かったんだけど、それはまた次の機会に。低温と風に対応出来るだけの装備の見直しと、どのタイミングで何を使うか的確に判断出来る様にしておきたい。

氷の斜面は登る事が出来た。これが一番の目的だったんだけど、森林限界までの樹林帯でのトレースがしっかりついていたので、森林限界超えに集中出来た。毎週赴いてトレースつけてくれた人に感謝。でも、登山者は多くなくて静かに歩けるし満足度も高いから、毎週来たくなるのも分からなくもない。

3千m級の山なのにチャレンジしやすいけど、アクセスが悪いから歩いている人は多くない。温泉客も多くない。雪道を走れるなら、今が良い時期かもしれない。