シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

ホンダ CT110ハンターカブ CDI交換

 

 

 

タダ同然で譲り受けたハンターカブだけど、エンジンが掛からない。スパークしないらしい。前オーナーは多分CDIが壊れてるんじゃないか、と言う。な訳で、CDI交換したいんだけど、前オーナーいわく純正部品は既に欠品らしい。12V化して適当な物付ければ良いんじゃない?って簡単に言うんだけどさ(ハンターカブは標準では電装が6V)。

CDIっていうのはスパークプラグに火花を飛ばす為の電気部品で、火花を飛ばす為の電気を作ったり、火花を飛ばすタイミングを取ったりしている。 サービスマニュアルが有れば良いんだけど、生憎そんな親切な物は無い。CDIのチェックの仕方も分からない。何か流用出来る物が無いかネットで調べてみても、12V化の情報は出てくるけどCDIの情報は出てこない。6Vから12Vにするに当たって、CDIの交換は必要ないみたいだ。

色々調べて、HONDAスペイシー125のCDIが使えそうな感じがする。本当なら社外品の新品に交換したいんだけど、無加工で取付出来る物が無い。加工(配線処理等)で失敗すると、CDIのトラブルなのか、加工の失敗なのか判断付かなくなってドツボにはまりそうな予感が。中古部品を使うのも信頼性に欠けるものの、ここは加工無しで使える部品を手に入れる。ちなみにスペイシー125でもJF02型でなければいけない。JF03はコネクタ形状が変わる。

f:id:single779:20170408095843j:plain

電装品は車体右側面のケースの中に有る。バッテリーを外すと、バッテリーステーの裏側にゴムクッションでCDIとウインカリレーが固定されている。

 

f:id:single779:20170408095842j:plain

取り外したバッテリー。端子ではなくてリード線引き出しだったり、6Vなのでセルが3つしかなくて変な感じ。バッテリーも新品にしたと聞いたんだけど、見るとバッテリー液が空っぽ。ん?バッテリーが悪いんじゃないの?液を補充して充電してみたけど、やっぱりスパークしない。バッテリーが完全に死んでしまった影響で回路に異常な電圧が掛かって電装品がパンクしたのかも。

 

f:id:single779:20170408095836j:plain

手に入れた中古のCDI。左の小さめなのがハンターカブのCDI、右のやや大きめなのがスペイシー125(JF02)のCDI。コネクタ形状が同じなので流用出来そう。

 

 スペイシーのCDIを取り付けてキックしてみたものの、やっぱりスパークしない。マジかよ・・・。ネットで電気回路図を探し出して調べてみたけど、ハンターカブとスペイシー125のCDIのコネクタ配線は同じなので、配線違いでダメな訳では無さそう。中古で信頼性が無いものの、他の要因っぽい。6VのCDIを12Vで使うのは良いけど、12VのCDIを6Vで使うのはダメなのかな。それともイグニッションコイルは壊れにくそうだけど、レギュレターも噛んでいるのでレギュレターも壊れちゃってるとか。一度干上がったバッテリーもかなり怪しいけど、新しい6Vバッテリーを買うのも何なので利便性も兼ねて12V可する事にした。レギュレターも12V用の変わるから、怪しい個所は一気に交換できるし。

 

今回の出費

HONDA スペイシー125 CDI(中古) 2000円

送料 520円

計 2520円

 

 

とりあえずエンジン掛かる所までは持っていきたいけど、他にも色々前途多難。

つづく。