読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

理想

子供

先日、新聞を読んでいたら、理想の父親ベスト10という記事が載っていました。1位は所さん。キムタクは2位でしたが、その他には関根勤とか、ぐっさんとか、お笑い系バラエティ系が入っていました。子供と一緒に遊んだりしてくれそうなイメージからなのでしょうか。
僕は仕事で遅い時以外は子供をお風呂に入れているのですが、なかなかTVCMなどの様に楽しく子供とお風呂には入れません。特に苦痛とか、嫌だとか、そういう訳ではないのですが、体を洗ったり、髪を洗ったり、それが冬なら寒いし夏なら暑いし、風呂が小さくて3人入ると窮屈だし、暴れれば風呂が汚れるし、歌えばうるさいし、早いとこ風呂から上がってやりたい事もあるし、子供と一緒にのんびりとお風呂に入るのは理想的ではあるけれど、実際に行うのはなかなか難しくて、ついつい事務的になってしまいます。せめて温泉や銭湯などの外風呂だけでも、と思っても、別々になっちゃうし(女の子だから)。そして、いつも穏やかに楽しい事とかお馬鹿な事を子供と言い合って笑い合えればいいのだけれど、気分がすぐれない時とか、しんどい時とか、物事が上手くいっていない時とか、ついつい冷たくあしらったり、ぶっきらぼうになってしまったります。分かってはいるんだけど、それをいつでもどこでも変わらず行うのは難しいです。
理想的な父親って、あくまでも「子供の目線になれる」、という事であって、「父親も子供と同じ」じゃダメなんだよね。つまり、子供の気持ちや考えが理解出来る大人、でなければいけないって事で、そんな事なかなか出来たもんじゃないよなぁ。まぁ、だから「理想」なんだし、選ばれた有名人も本当にイメージ通りの人なのかなんて分からないんだけど。そして、1位が所さんっていうのは、所得とか、住宅環境とか、そういう家庭環境全部を含めて理想なのであって、あの多趣味ぶりだけを真似たら只のロクデナシだよね。
理想である必要も無いのだけれど、いつでもどこでも子供にとって楽しいお父さんである様努力はしてみるよ。