読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 仲間

ギターも毎日同じ曲ばかり練習していると飽きてくるのですが、かといって新たに弾きたい曲もなくて、正確に言うと本当は弾きたい曲は色々有るのですが楽譜が無かったり、希望の演奏形式の楽譜じゃなかったりして、結局弾けません。例えばEXILEのti amoなんかもバックではアコースティックギターが流れてるんですけど楽譜が有りません。仮に楽譜が有っても多分コード譜なんだろうなぁ。ちょっと難しそうだけどね。あと、中島美嘉のORIONもアコースティックギターが入ってますが、これも楽譜が無いです。スローな曲でアコギが良い感じに似合ってるんですが残念です。紹介するまでも無い曲ですけど↓ 


そんな訳で、ちょっとマンネリ気味なのを払拭しようと、先日買ったアンプを使ってエレキギターを弾いてみました。ラウドネスのLIKE HELLをちょっと練習してみたのですが、なんとなく頑張って練習すれば弾けそうな感じがします(ギターソロ以外は)。この「もう少し頑張れば弾けそうな感」が良いですね。もっと練習してみよう!って気になるから。これが難し過ぎて手に負えないとやる気が無くなるし、かといって簡単過ぎてもつまらないし。
ただ、時にはこういう激しい曲も楽しいと思うのですが、客観的に見て絶対僕には似合わない曲ですよね。明らかに似合わない曲をただひたすら練習するのも辛いものがあるし、継続して練習するには何か強い動機付けが必要になると思うのですが、昔みたいに「バンドやろうぜ!」って言う仲間が居ると良いのに。アコギは自分の好きな曲を独りで弾き語りしたい気分ですが、エレキは仲間とバンドでやった方が楽しそう。まぁ、実際に今からバンドやろうと思っても、楽曲の趣味が違ったり、技術のレベルが違ったり、所帯持ちで時間が取れなかったりで、難しいと思うけど。
昔もう少し、せめて今くらいギターを練習していればもっと違っていただろうにって思いながらLIKE HELLを練習しています。