読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

バックドア ダンパー交換

日産 マーチ

追記
その後、新品の汎用ダンパーを購入して修理しました。程度の良い純正の中古品はなかなか出てこないし、出てきても割高なので汎用品を用いて修理した方が得策と思われます。





マーチに関する過去の記録はこちらにもあります。
http://ameblo.jp/single779/themeentrylist-10021449487.html










僕が乗っている日産が世界に誇る超かっこかわいいスポーツカーマーチ(AK12)はいまだに超かっこかわいくて良いんだけど、ちょっぴり困った事が有るんだよね。
バックドア(リヤのハッチ)が下がってくるんだよね。
普通、バックドアを開けるとスーッって勝手に上がっていくんだけど、手で押し上げないと開かない。
そして保持力が弱いから、ちょっとした拍子に落ちてくる。
バックドアを開けて、えーっと荷物は何処かな?って探している時に、不意に頭をガツン!とやられる(-""-;)
直さなくちゃ乗れないって訳じゃないけど、いつ閉まってくるか分からないドアっていうのも非常に使い勝手が悪いから修理したい。
バックドアを支えているダンパーを交換すりゃ良いんだろ?って簡単に思ったんだけど、知り合いのおじさんが言うには結構高くて1本1万円位するらしい。
2本で2万円!???(゚Д゚)
2万円出すなら手で支えてた方がマシかも・・・
って事で、中古を探した。
中古って事はそれも抜けちゃっててやっぱり下がってくるって事になりかねないのと、あれだけ沢山売れたマーチなのにバックドアのダンパーの中古品が余りにも少ないんだけど、何とか安く済ませたいし。


バックドアのダンパー。
何の変哲も無いダンパーだけど、抜けちゃって弱るとなかなか困った事になる上に高い。
部品名は
ステイ アッセンブリー バックドア
部品番号は
90424Q(RH)
90245Q(LH)
だと思う多分。
前期型も後期型も同じみたいだから、ちょっとでも新しい後期型の中古ダンパーを手に入れた。


古くなるとこの手のトラブルは多いみたいで、ネットで探すと同様の作業をしている人の記事がヒットする。
交換するって事は取り外すって事で、ただでさえ弱っているダンパーを片方外してしまえば当然ドアは落ちてくる。
独りで支えながら作業するのは難しいので、つっかえ棒を作ってみた。
ダンパーのロッド部分に噛ませて落ちてこない様にする。
ダンパーのロッド径はφ8mm、ストロークは200mm。
半割にしたφ8〜10程度のパイプが有ればベストだけど、面倒くさいし1度しか使わないからアングルにして落っこちないようにタイラップで仮止めしておく。
この状態にしておけば、反対側のダンパーを外してもドアが落ちてこない。


ダンパーの先端(ドア側)はボールジョイントになっていて、クリップ状の金具を外すと横に抜ける構造。
小さめのマイナスドライバーでこじってクリップを外す。


ボディ側は10mmの六角ボルト2本。


ボルトの裏側には薄いワッシャが入ってるので無くさない様に。



交換作業は30分程度。
その後ドアを開け閉めしてみると、






なんとなく強くなったかな?



程度の変化が見られた。
所詮中古ダンパーじゃそんなもんか。
これでダメなら使い勝手の良いつっかえ棒でも作るかな(´_`。)