読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 森山直太朗コンサートツアー2015「西へ」




森山直太朗コンサートツアー2015「西へ」へ行ってきました。


娘(高校生)の興味はボーカロイドからジャニーズへ移行し、まぁ2次元に比べりゃ3次元の方がマシかって思ってたんだけど、ここ最近は森山直太朗にハマっている。僕も森山直太朗の曲が弾きたくてギターを始めたという事も有り結構好きなアーティストなんだけど、どういう訳か娘とライブに行くハメになってしまった。奥さんがチケットを取ってきたんだ。

会場は、岐阜県多治見市のバロー文化ホール(旧多治見市文化会館)。直太朗さん、やけに「バロー文化ホール」というネーミングが気に入った様で連呼してましたが、地方の小さなホールなので小ぢんまりとしていて良かった。演出にプロジェクションマッピングみたいな物が使われていたり小さくても良かったけど、僕としてはピアノ伴奏だけで歌う「愛し君へ」が良かった。しみじみ良かった。開演前に娘から「泣かんといてよ」って言われて、「まさか泣く訳ないじゃんw」って言ってたけど、ちょっとヤバかった。感動した。あと、「どこもかしこも駐車場」を歌ってくれたのが良かった。初めて聞いた時は「何だ?このふざけた歌詞は?」って思ったんだけど、後からじわじわ来る。良かった。直太郎良かった。

あと、バックバンドのギタリストが弾いていたアコースティックギターがどうもBADENのD−STYLEだったみたいで、僕の席が後ろの方で良く見えなかったけどあのボディシェイプはBADENだよなぁって思ってたんだけど、良いなぁ。D−STYLE。今は販売してないんだよね。でも欲しい。中級クラスのギターだからプロは使わないのかと思ったけど、使う人も居るんだ。本当にBADENだったのか確信が持てないし、アンプ通っているから生音がどうなのかも良くわかんないけど。







で、ここからはとても個人的な話なんだけど、僕はどうもライブが苦手なのです。生の演奏も生の歌声も好きなんだけど、あのノリを強要される雰囲気が苦手なのです。観るアーティストによるのかと思ったんだけど、以前観に行った山崎まさよしでも全く同じ感じだったから、観る対象は関係無さそうだ。
例えばバイクのライディングであるとか、危険を伴う仕事であるとか、そういうシチュエーションに置かれた時に気分や感情でブレては危険に曝されてしまう訳で、感情が高ぶる時であっても、むしろ高ぶれば高ぶるほど思考はクールにクレバーに、っていうのがモットーな訳で、そうするとあの熱狂の渦巻く中で独りどんどん冷めていってしまう。ほんとに演奏も歌も良い。だから、視聴に集中したい。座ってじっくり聴かせて欲しい。スタンディングや手拍子、あまつさえ手を振り振りしたりグルグルしたりするのを強要しないで欲しい。でも周りの観客がみんなやるから、独りやらない訳にいかない。40過ぎのおっさんがグルグル手を回す。何か違う感でノリ切れない。
っていう話を娘にしたら、娘に「ウチもそうだよ」って言われた。あぁ・・ごめんね。それ僕の遺伝だよ。きっと。
ちょっと遠慮がちにグルグル手を回す女子高生とおじさん。立たなくても良い席って無いもんかね。それなら観に行きたい。森山直太朗はあんまり激しい曲が無いし、「どうぞお座り下さい」って3回ほど気を利かせてくれたからまだマシだったんだけどね。ほんと座ってじっくりしみじみ聴きたいし、まじまじ観たい。