読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 女子中学生と山登り 御在所岳 中道登山道↑〜裏道登山道↓













コースタイムや状況、使用道具類等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。




2015年11月21日(土)晴れ
御在所岳に登る(登り中道登山道/下り裏道登山道) 






07:15 駐車場
07:25 中道登山口
09:10 山頂公園
09:40 御在所岳山頂
登り所要時間 2時間25分
11:25 国見峠
12:25 内藤小屋
12:50 裏道登山口
13:00 駐車場








駐車場発〜駐車場着 8.4km 5時間45分(休憩含む)
駐車場:標高498m 最高点:標高1212m 標高差:714m 累積標高:m
道中の飲料水 0.3L(お茶0.2L 紅茶0.1L)
着衣(上) 長袖シャツ ストレッチパーカ マイクロフリース(未着用) 防風防水パーカ(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン(中厚)
靴 トレッキングシューズ
他 グローブ ヘルメット(子供)



JCと山登りだよ。JC大好きって言うとちょっと危ないよ。でも僕は大好きさ。自分の娘だからな(o^-')b 本当は独りで違う山に行って道を探してウロウロしようと思ってたんだけど、何気に子供に「一緒に山行く?」って尋ねると「行く」と即答するんだよ。あれれ?キミ土曜日部活だよね?っていうと、でも今はあんまり忙しくないたら何たらかんたら〜って、はいはい、じゃあ部活サボって行きましょう。子供連れて道迷いする様な山は行けないというか、ちょっと変態な人じゃないとそんな怪しい山歩いて楽しいなどとは思えない訳で、ここは前回JK連れて行って失敗した御在所に登る。今回は事前に「岩場あるよ」って忠告している。本人は「岩場行きたい」って言うし天気も良さそうだから、ガチしょんぼり(´_`。)って事にはならないだろう。






アクセス
岐阜方面からだと国道365号を南下。途中国道306号へ右折。国道477号を右折。道路沿いに裏道登山口と中道登山口が有る。周回する為、裏道登山口と中道登山口の中間辺りの駐車場へ停めた。






今回のルート
山旅ロガーでGPSのログを取り、カシミールで表示させています。
御在所の中道登山道で登り、裏道登山道で下る、という定番中の定番の周回ルート。歩いている人は多くて、今更詳細を紹介する程のルートではないけど、アドベンチャー気分を味わいたい山ビギナーを誘いやすい。ビギナーや子供もよく見かけるけど、危険個所も有るので注意が必要。









御在所は駐車場混むんだよねぇって6時半位に着いたら車少ない。紅葉の時期も終わって登山者も少なめかな。準備して7時過ぎにスタート。






10分ほど道路を歩くと中道の登山口。少なめとはいえ朝から登山者歩いてる。






ちょ・・待って。子供に置いていかれる。ちなみに今回は80Lザック。子供に「山楽しい!(・∀・)」って思わせる為にパパはシェルパ状態なのです(*´Д`)=з






今日は晴れてるから楽しいね。ごめんね長女(-""-;) 11月だから寒いかと思ったら暑い。でも予想外に風が強い。






ほらごらん海が見えるよ。琵琶湖じゃないよ。






奇岩も見えるよ。ロッククライミング禁止って書いてあったよ。






尾根は強風。慣れていない子供はひるんでしまう。こんなに風が強かったら山頂でラーメン食えないな(-""-;)






晴れているけど強風の中岩壁を下る。無事に下れました。






岩場を登ったり






トラバースしたりして






歩いてきた岩場を振り返る






ひょっこりと登山道を抜けた。拍子抜けする舗装路や人口構造物。今日は晴れて向こうに鎌ヶ岳が綺麗に見える。






見下ろすと、歩いてきた尾根と岩場が見えるよ。






山頂はゲレンデを越えた向こうのピーク。もう少し。






2時間半で御在所山頂着。ほどほどの行程だけど、意外に早かったね。






山頂三角点のすぐ下に、風が無いベンチが有ったのでラーメン食べる。「山で食べるラーメン美味かろ?」って言う為に80Lザック満載(-""-;) 御在所日帰りでこんな荷物背負ってるヤツ居ねーよ。でも30〜40Lザックではとても2人分の荷物を運べない。でも無事食事が出来て、食後に紅茶も頂きました。ごめんね長女(-""-;)






御在所より南。鎌ヶ岳方面。あれが鎌ヶ岳でね、あれが入道ヶ岳でね、あそこからあそこまで歩いてねってウンチクを語るウザいおっさん。やべっ。






御在所より北。あれが国見岳でね、あれが釈迦ヶ岳でね、向こうが霊仙でね、全部登ったんだよって自慢するウザいおっさん。やべっ。






裏道登山道で下る。岩場は無いけど、ザレと岩ごろで歩きにくくてペースが落ちる。運動靴じゃちょっと頼りないな。






沢に下って渡渉。長女の時は水量が多くてちょっと難しかったけど、今回は簡単だった。






裏道から見る御在所は迫力あるね。






内藤小屋まで下って来た。






丸太橋を渡る。






戻ってきた。登山者でごった返しって事も無くて、楽しめました。





ルート
御在所 中道登山道
定番なルート。恐らく御在所に登る最もメジャーなルート。老若男女問わず沢山歩いている。途中岩場、鎖場が有るので注意が必要。ヘルメット着用の人は見かけないけど、個人的には推奨。


御在所 裏道登山道
岩場、鎖場の様な難所は無く、比較的歩きやすいルート。こちらもよく歩かれている。御在所の裏側の巨大な岩壁が見れて面白い。





感想
長女の失敗を踏まえて事前にリサーチ済みだったから、今回はほぼ満足出来る山行になったと思う。連れて行くんだから、僕の自己満足になっても意味が無い。アホみたいにデカいザック背負って行った甲斐が有った。
失敗したのは、子供が序盤に飛ばし過ぎてしまった事。中盤からバテてしまった。僕が先行してペース作りをするべきだった。子供の体力がどの程度なのか把握していなかったからなんだけど、ちゃんとペース配分すれば行程をこなせる体力は有るのだから、次回があれば生かしたい。
後は長女同様、やっぱり靴に難が有る。今後も行くのか微妙だけど、これ以上の山を登るならやっぱりトレッキングシューズ程度は必須になる。それと化繊のシャツとズボンかな。ザックは日帰りならパパシェルパで何とかなる。
次女は「岩場楽しい」って言っていた。でも登りは嫌だとも(笑) 西穂の独標程度なら楽しめるかも。御嶽山で森林限界越えも体験させてあげたいけど、中学生も暇が無いんだよね。






お土産。御在所自然学校で登山バッジと山の生き物ストラップを買う。前回鳥を買ったけど、モモンガが売っていて思わず買ってしまった。御在所自然学校はロープウェイ乗り場から下ったレストラン横に有るんだけど、スキー場ゲレンデをショートカットして寄らない人が多い。向かいにトイレ有るし、中で少しグッズ売ってるのでちょっと覗いてみると良いかも。









[キャラバン] caravan C1 02 0010102 241 (ボルドー/23)

[キャラバン] caravan C1 02 0010102 241 (ボルドー/23)