読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

 僕は小説が書けない 中村航 中田永一










僕は小説が書けない

僕は小説が書けない

生まれながらになぜか不幸を引き寄せてしまう光太郎。引っ込み思案で心を開くことができず、親しい友人もいない。血のつながりのない父親との関係をはじめ、家族との距離感にも悩んでいる。高校に入学した光太郎は、先輩・七瀬の勧誘により廃部寸前の文芸部に入ることに。実は光太郎は中学生のとき、小説を書こうとして途中で挫折した経験があった。個性的な先輩たちや強烈な個性のOBふたりに振り回されながら、光太郎は自分自身の物語を探しはじめる。かつてない青春小説。
★★★☆☆




レビュー
予備知識無しに、中村航の作品だからという理由だけで読んでみた。実際は中村航中田永一が交互に執筆した作品。
思春期の「僕」が家庭や学校で問題を抱え、悩みながらも周りに助けられて成長していく、っていうのはもう王道的な青春モノのストーリー展開なんだけど、児童書と言っても良いくらい読みやすい。森絵都のカラフルを思い浮かべた。
良く出来ていると思うけど、良く出来過ぎている様な気もする。少し上手く行き過ぎな気もするし、もっと人の汚い部分を曝け出しても良いと思うんだけど、それは大人の邪推というものかも。
これも図書館で借りて読んだんだけど、これが読みたくて図書館に行った訳ではなく、他の著者の小説を借りに行ったら借りられていた。図書館に行く前に借りられていない事を確認して行ったのに。本棚の前で同じ本を取ろうとして手と手が触れてしまって「あっ」なんて言うシチュエーションなどあろうはずもなく、ただ空になった本棚の前でボーゼン(*´Д`)=з