読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

僕がBBQに出掛ける理由

 

 

先日、「今度バーベキューやるけど来ませんか?」と誘われた。バイク仲間のAさんで、気の知れた仲間と定期的に集まってワイワイやってるそう。Aさんとはもう10年以上前に、バイクのミーティングと峠ツーリングで一緒になったくらいで、それ以来会っていなかったんだけど、ことけけさんも子供もう大きくなったから参加できるんじゃないの?と誘ってくれた。

僕は率先して人と絡みに行く様な性格じゃない。その昔、特別親しくなかったけど全く知らなくもない人から結婚式の二次会に呼ばれた事が有る。出席するのも微妙だなぁと思いつつも折角呼んでくれたのだからと出席して、

「おめでとう。呼んでくれて有難う。」

と言ったら、

「いや、人数合わせの為に呼ぶ人居なかったから」

的な事を言われて、それ本当の事でも本人に向かって言っちゃいかんだろ。と金払って微妙な気分で帰ってきた事を今でもよく覚えてる。乗り気じゃない時に無理して乗るもんじゃないとつくづく思った。

それでもBBQに行こうと思ったのは、Aさんはそういう人ではないと知っていた事と、今誘いに乗らなかったら僕はこの先誰とも関わらずにひっそりと独りで死んでいくんじゃないかと思った事と、僕の子供たちにも何か感じるものが有るかもしれないと思ったから。BBQに誘われたよ。一緒に行く?と、高校生になる下の娘に尋ねると「行きたい」と言う。でも部活が有って行けなかった。高校を卒業してもうすぐ19になろうかという上の娘はさすがにお父さんと一緒に知らない人とBBQなどやらないだろうと思いつつも一応聞いてみると、「行っても良いよ」と言う。

 僕は積極的に他人に絡んでいく様な性格ではないから、僕の周りには多くの人は居ない。子供たちも必然的に多くの大人を見てきていない。そんな子供たちに、こういう大人も居るんだよ、楽しむことに本気で取り組んでる大人が居るんだよ、というのを目の当たりにする事は、良い経験になるんじゃないかと思った。これが只のBBQならそれほど惹かれもしない。でも彼らは「BBQが目的」ではなく、美味い物を楽しく食べながらいかに「楽しく過ごすか」という事を目的にしているから。食に対するこだわり、楽しむ為のこだわりに関しては物凄くストイックで、河川敷でコールマンのツーバナーとか、そんなレベルじゃない。

うちの子も、来月からバイトを始める。初めてのバイトで、お酒も提供する様な飲食店で、多分今まで見た事もない様な大人を沢山見て、今まで経験した事が無い様な事を沢山経験する事になると思う。良い人ばかりじゃなく、不愉快な思いもすると思う。だけど、それを心配して排除してしまうのは違うんじゃないかと思った。今バイトで避けられたとしても、この際仕事やプライベートで様々な人と関わっていかなければいけない。そこでいちいち選り好みしていたら生活出来ない。嫌な大人の一面を見る事になるかもしれない。だけど、世の中そんな大人ばかりじゃない。こんなにも真剣に楽しもうとしている大人もまた存在するんだ、大人になるという事はもっと素敵で楽しい事なんだ、という事を知っておいて欲しかった。それを子供に実感させるには、僕一人では限界が有る。僕は僕なりに考えながら「多分ベストじゃないか」と思う選択肢を選んで生きているんだけど、それは他の人にとって正しい選択ではないかもしれないし、もっと良い選択肢が有るかもしれない。僕だけの思考や感性では偏ってしまう。だけど彼らは僕とは全く違う性格だったり感性だったりこだわりだったりを持っている。彼らと接する事で、子供にとって何かを感じるいいきっかけになったり、良い指標になってくれるんじゃないかと思った。

楽しい事はバーチャルな世界だけじゃなく、むしろリアルな世界にこそ存在するんだと。

 

f:id:single779:20170429200911j:plain

石臼のコーヒーミル。重さ14kg。こんな物が普通に有るあたり、只者じゃない。

 

ishikobo-yoshida.or.tv