シングル スマイル

目指すのはジャンガリアンな生き様

沢靴 モンベル サワタビ

 

 

沢靴買いました。モンベルのサワタビ。

webshop.montbell.jp

 

渓流釣りや沢登りなど、沢を歩く事を目的とした靴。サワタビに限らず、沢を歩くには専用の靴を履かないと非常に危ない。ウェアやザックはともかく、靴だけは必要だという事で買う事にした。

 

とはいうものの沢登りの知識は皆無に等しくて、何を買えば良いのかが分からない。沢靴なんて5,6千円位で買えるだろ。と思っていたらピンキリで、モンベルの製品でさえ上は2万円を超える。いや、何だ?2万円って。流石に2万円超の靴は無いだろ。もっと手軽なの無いんかい?っていう事で、下記記事と沢登りに誘ってくれたウッスさんの意見も聞きながら、モンベルでもエントリー向け?なサワタビ(7,480円)を選択。

scolopendra-oniisan.hatenablog.com

サワタビと良く似たサワーシューズという製品が有るけど違いはソールで、サワタビはラバーソール、サワーシューズはフェルトソールになる。サワーシューズの方が若干安いんだけど、フェルトは摩耗が激しいらしいのでラバーソールのサワタビにした。

 

f:id:single779:20210723204939j:plain

モンベルの沢靴、サワタビ。ウェットスーツみたいな素材でフィットする。サイズは1cmきざみで比較的アバウト。普段履きは26.0~26.5cmだけど、サワタビを試履きしたら26.0cmではキツくて27.0cmを購入した。

 

f:id:single779:20210723204946j:plain

サワタビのソールはモンベル・オリジナルのアクアグリッパー。他の靴やフェルトソールを履いた事が無いので、どの程度の滑り止め効果が有るのかは説明出来ない。

 

f:id:single779:20210723204955j:plain

内側も滑りにくい柔らかめのゴム素材になってる。

 

フィット感があって歩きやすく、足裏の感覚もとても分かりやすい。反面、ソールが柔らかいので角の有る岩の上を延々と歩くと少々痛くなる。長靴の様な構造なので靴内に侵入した水は抜けない為、脱いでひっくり返すまでガッポガッポと歩くはめになる。

ソールが柔らかいので、藪漕ぎなどで斜面を登ったりトラバースしたりする際にキックステップの様な事が出来ない。下りが続くと足先が前に動いてしまって親指の股に負担が掛かる。

もっと安価な物で何とかならないかと考えてみたけど、サワタビ(もしくはサワーシューズ)のコスパに勝る物は無さそうなのと、ビギナーが始める前から変な物を使わない方が良いだろう。沢は非常に危ない(1回の転倒が致命的になる可能性が有る)ので、あんまりケチらない方が良さそう。